トヨタは、中国市場に「IZOA」を2018年に投入! 「C-HR」の姉妹車

 
一汽トヨタは、新型SUV「イゾア(IZOA)」の中国市場投入を広州モーターショーにて発表。「C-HR」の市場投入と同じく2018年を予定しています。SUV人気の中国市場にて、C-HRとイゾア投入により顧客獲得の方針。さらにEV開発・市場投入が活発化する見込みです。

ニュース

トヨタは、中国市場に「IZOA」を2018年に投入! 「C-HR」の姉妹車

2017年11月28日

トヨタ自動車と、中国自動車メーカー“第一汽車”の合弁会社である“一汽トヨタ”は、新型SUV「イゾア(IZOA)」を中国市場に投入することを、広州モーターショーにて発表しました。イゾアの発売は、2018年を予定しています。
IZOA

画像引用:

イゾアはトヨタ「C-HR」の姉妹車となり、TNGA第1弾の「カムリ」に続き、新開発2.0L TNGAエンジンを搭載したTNGA第2弾「C-HR」と同時期に導入されます。「C-HR」は、トヨタ自動車と中国自動車メーカー“広汽集団”の合弁会社である“広汽トヨタ”より、2018年発売予定。
トヨタは、SUV人気の高い中国市場において、「イゾア」と「C-HR」の投入によりさらに顧客を獲得する方針です。
IZOA

画像引用:

EV化は今後も加速

中国では、国策にもなっている『新エネルギー車への移行』や『排気ガス規制』により、各自動車メーカーのEV開発・市場投入が活発化する見込みです。今回の広州モーターショーにおいて、トヨタも2020年のEV投入を発表すると同時に、投入済みの燃料電池車をバスなどの商用車にまで導入拡大すると発表しています。中国では今後さらに、EV化の流れが加速していくことでしょう。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする