VWを代表する名車「シロッコ」の生産終了が発表!40年以上の歴史に幕

 
40年以上も愛されてきたフォルクスワーゲンの名車「シロッコ」が遂に販売終了へ!「ゴルフ」と肩を並べる人気を誇ってきたモデルが消えてしまうのは残念ですが...もしかするとEVとして復活するかも?「シロッコ」の最新情報をお届けします。

フォルクスワーゲンを代表する名車「シロッコ」が販売終了へ

2017年10月19日

フォルクスワーゲンは、40年以上も愛されてきた3ドアハッチバック「シロッコ」を販売終了することを正式に発表しました。

この「シロッコ」は、「カルマンギア」の後継モデルとして1974年に誕生。初代モデルは、イタリアの有名工業デザイナー”ジョルジェット・ジウジアーロ”氏によってデザインされ、フォルクスワーゲンの象徴である「ゴルフ」のスポーツモデル版として多くのファンに愛されてきた一台です。1992年に生産終了したものの、2006年に3代目として復活。日本でも2014年まで販売されていましたが、今回は本国であるドイツでも新規受注を終了するとのことです。

シロッコ フォルクスワーゲン

画像出典:irishtimes

EVモデルとして復活するかも!

シロッコ フォルクスワーゲン

画像出典:spbvoditel

フォルクスワーゲンは、自動運転システムを採用した電気自動車「I.D.」シリーズの開発を優先的に行なっていますが、実はシロッコもEVモデルとして復活させる計画があると噂されています。「I.D.」シリーズの市販モデルは2020年以降にデビューするとされており、もしかすると「シロッコ」という名を与える可能性もあるかもしれません。ちなみに、EVモデルの「シロッコ」は1モーターの4WDを採用し、最高出力300psを発揮するパワフルな一台になるとのこと。「シロッコ」の販売終了は、ファンとしては非常に残念なニュースですが、EVモデルとして復活することになれば大きな話題を呼ぶことは間違いなさそうです。

参考動画

画像出典:youtube
記事出典:irishtimes

一緒によく読まれている記事

買取より高く売りたいなら個人売買

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする