マセラティ新型「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」成田で発表!

 
マセラティ新型「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」にフルモデルチェンジを施され、10月12日より発売開始となりました。マセラティ新型「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」 の日本発表は成田国際空港内の飛行機格納庫で行われました。そんな気になるマセラティ新型の最新情報をお伝えします。

マセラティ新型「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」成田で発表!

マセラティ・ジャパン株式会社は、「マセラティ グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」にフルモデルチェンジを施し、2017年10月12日より全国の正規ディーラーにて発売を開始しました。
マセラティ

画像引用:

今回この新型の日本発表は、成田国際空港内の一般には開放されない飛行機格納庫(ハンガー)で行われました。マセラティロゴを機体に施したチャーター便を利用し、イタリアのミラノより28台のマセラティ新型「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」を空輸されました。空港に到着して24時間以内に発表が行われ、到着した28台のオーナーを始めとし、マセラティ愛好家や報道陣が、ニューモデルの到着と発表を祝いました。

画像引用:

伝統と技術が融合したラインアップ

2018年のマセラティ新型「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」には、スポーツとMCの2グレードがラインアップされます。MCは、マセラティの長いレースの伝統を表しており、全モデルを代表する重要な役割を担っています。先代である「MCストラダーレ」の後継モデルとして、他のマセラティモデルで実証された様々な機能をが採用されています。スポーツ・MCどちらにも同じ4.7LV8エンジンを搭載し、基本装備やインテリア素材などの選択範囲も共通となっています。

画像引用:

個性的なエンジンやデザイン

搭載された4.7LV8エンジンには、ウエットサンプ方式にマセラティ独自のクロスプレーンクランクシャフトが採用されています。圧倒的なスロットルレスポンスや軽快な吹け上がり特性により、マセラティ独自の魅力的なエンジンサウンドが生み出されます。空力効率の向上や最新の歩行者安全関連規制への適合などにより、デザインにも変更が施されましたが、従来のモデルと比較して印象に大きな変更はなく、よりエレガントなスタイルとなりました。新型「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」にスポーツ・MCと、それぞれ外観に与えられたデザインにより、それぞれの個性は協調されたものとなっています。

スペック

エンジン 4.7L自然吸気V型8気筒エンジン
最高出力 460hp / 7000rpm
最大トルク 520Nm / 4750rpm
価格(税込) グラントゥーリズモ・MC:2216万円
スポーツ:1890万円
グランカブリオ・MC:2175万円
スポーツ:2000万円

マセラティモデルについて

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする