【ホンダ・東京モーターショー2017】「Honda Sports EV Concept」世界初披露!!

 
ホンダは、東京モーターショー2017にて、「ホンダ スポーツ EVコンセプト」を世界初披露し、現在公開中です。コンパクトなボディーで見た目にもスポーツカーらしいデザインが特徴的です。

東京モーターショーにてコンセプトモデルを世界初公開

2017年10月2日

ホンダは、10月25日から開催される「第45回 東京モーターショー2017」にて、コンセプトモデルを含む四輪車・二輪車などを出展することを発表しています。ホンダは、ブースコンセプトとして“自分を、もっともっと連れ出すんだ。”を掲げて、モビリティーで拡がる人間の可能性や豊かな生活を提案していく予定です。

また、東京モーターショー主催者テーマ展示である「TOKYO CONNECTED LAB 2017」では、コンセプトに“もっと、家族と一緒にいよう。”を掲げ、「Honda 家モビ Concept」をはじめとしたモビリティーを展示します。それらでは、家族とのつながりにフォーカスし、新しい家族生活の可能性を提案しようとしています。

メインの出展モデル

世界初公開となる「Honda Sports EV Concept(ホンダ スポーツEVコンセプト)」をはじめとして、電動化モデルや日本初公開となる新型「CR-V」などを展示します。また、10月に生産累計台数1億台を迎え、約60年の歴史を持つスーパーカブの記念車を展示し、カブの歴史を通して現在と未来を伝えるカブワールドを展開します。実際のマシンに触れて乗ることで、モータースポーツを体感できるモータースポーツゾーンの展示も行います。

「Honda Sports EV Concept (ホンダ スポーツ EVコンセプト)」

ホンダ

画像引用:

EV性能と人工知能を組み合わせ、人と車が一つになるような運転感覚を体験できるモデルを目標として開発されました。「アーバン EVコンセプト」とプラットフォームを共有しつつ、コンパクトなボディで多様なライフスタイルに溶け込みやすいデザインとし、次世代のスポーツカーを目指したもでるとなっています。

「Honda Urban EV Concept (ホンダ アーバン EVコンセプト)」

ホンダ

画像引用:

「アーバンEVコンセプト」は、フランクフルト・モーターショー2017にて発表された、将来の量産EVコンセプトモデルです。2019年に市販化を目指している一台となります。新開発のEV専用プラットフォームを採用しており、今後の量産EVモデル技術とデザインの方向性を示すモデルとなっています。

「Honda NeuV (ホンダ ニューヴィー)」

ホンダ

画像引用:

「NeuV」は、ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2017にて、自動運転技術とAIを搭載し、モビリティーの可能性を模索するEVコンセプトモデルとして発表されました。ソフトバンクグループ「cocoro SB」と共同開発した人工知能技術「感情エンジンHANA」が搭載され、ライフスタイルや嗜好性を認知学習し、ドライバーとその場でコミュニケーションを取り、状況に合わせて運転をサポートします。

「CR-V」

画像引用:

走行性能と高い機能性を兼ね備え、世界中で支持されているSUVモデルです。モデル初となる2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載し、FF車・4WD車をラインアップ。先進の安全運転支援システムである「ホンダ センシング」を標準装備としています。

「Honda Riding Assist-e (ホンダ ライディング アシストe)」

ホンダ

画像引用:

“自由で楽しい移動の喜び”や”カーボンフリー社会の実現”の具現化に向けてホンダが提案するモデルです。ヒューマノイドロボット研究で培った、独自のバランス制御技術を二輪車に応用させ、パワートレインには電動モーターを採用しています。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする