ドライブレコーダーおすすめ&人気モデルを厳選してご紹介!煽り運転対策として購入しよう

 
ドライブレコーダーは事故時の物的証拠となる大切なカー用品。近年は、おあり(煽り)運転といった悪質な妨害行為による大きな事故が多発しているため、万が一のためにもドライブレコーダーを搭載しておくといいです。そんな今回は、ドライブレコーダーのオススメモデル厳選してご紹介しています。

ドライブレコーダー選びのポイント

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

まずはドライブレコーダーを選ぶにあたって重視すべきポイントをピックアップします。

1:撮影能力

撮影能力はドライブレコーダーを選ぶにあたって最も重要な要素。具体的な要素としては視野角の広さ、画素数、解像度、HDRやWDRの有無、レンズのF値、夜間撮影能力、フレームレートなどが挙げられます。

2:Gセンサー

Gセンサーとは衝撃感知システムのことで、ドライブレコーダーが衝撃を感知した際に直近の動画を自動的に保存する機能です。この機能が無いと、せっかく撮影した事故時の動画が上書きされてしまう恐れがあります。防犯や事故記録を目的に搭載する方にはマスト機能です。

3:駐車監視機能

駐車監視機能は駐車時の様子を記録する機能です。特に共同駐車場や、人目の少ない場所に駐車することが多い方にオススメの機能です。さらにバッテリーが搭載されているタイプであれば、衝撃感知と同時に録画を開始するものや人感センサーを搭載しているものもあります。用途にあったものを選びましょう。

4:LED信号対応機能

東日本と西日本とでは電力周波数が異なります。そのためLED信号対応機能が搭載されていない場合、所によってはLED信号機の点滅タイミングが重なって色が撮影できないことがあります。運悪くそのタイミングで事故を起こしてしまうと、もし信号を守っていたとしても証明できません。万が一のためにも備えておきたい機能です。

ドライブレコーダーのオススメモデル紹介

ドライブレコーダーのオススメモデルを10種類ご紹介します。コスパや解像度、操作性の良さなどそれぞれに特徴がありますが、どれも水準以上の能力を備えたモデルです。それぞれのニーズに合わせて最適な1台を選びましょう。

コムテック「ドライブレコーダー ZDR012」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

最強のコスパモデル

Amazonの売れ筋でも上位に位置しているコムテックの「ZDR012」。1万円弱で購入でき、同価格帯では最高クラスの撮影画角を備えたドライブレコーダーとして人気です。

特徴はエンジンを入れると録画を開始する高速起動システム。一般的なドライブレコーダーでは発進と録画にタイムラグが生じますが、こちらの商品はエンジン始動後約1秒で録画が開始されます。そのため発進直後の事故についてもしっかり記録できます。またHDR/WDR機能を搭載し白飛びが少なく、大型イメージセンサーを搭載し夜間の撮影に強い点も特徴的です。駐車監視機能は付いていませんが、オプションの「HDROP-5」を利用することで可能となります。

イケハヤさんも愛用している模様

以前安い機種買ったらすぐに使えなくなったので、今回はちょっと高めのものを……。/ コムテック(COMTEC) の コムテック ドライブレコーダー ZDR-012 200万画素 Full HD @さんから

— イケダハヤト@仮想通貨 (@IHayato)

ケンウッド「フルハイビジョンドライブレコーダー DRV-630」

ドライブレコーダー

画像出典:

圧倒的な高解像度

ケンウッド「DRV-630」は、フルハイビジョンを超える3Mの高解像度録画機能を搭載している点が特徴的。約300万の画素数で鮮明に記録できるため、動画撮影をメインに使いたいという方にもオススメです。HDRやWDRも搭載しているため、ナンバープレートなど事故時に重要となる情報も逃しません。

また「DRV-630」には車線逸脱警告や発進遅れ機能、前方追突警告といった運転支援機能が付いています。先進安全技術がこの価格で後付けできるという点は大きな魅力でしょう。さらに、約15分という短時間ではありますが駐車録画機能も装備。機能面が充実しているうえにコスパもよく、人気の高いドライブレコーダーです。

ユーザーの声

新しいドライブレコーダー、JVCケンウッドの DRV-630 を取り付けた。画質は申し分ないくらいよく映り、GPS付帯情報なども載るので有用かと。たまに見えにくくなるのはガラスに反射する内装のせいかもしれないな。

— 痛快ゆるり (@itarapid_yururi)

ユピテル「DRY-ST7000c」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

最高画質のハイエンドレコーダー

ユピテルのハイエンドドライブレコーダーである「DRY-ST7000c」。画素数は約350万画素と、現状で最高クラスの解像度を誇るドライブレコーダーです。そしてモーションセンサーで動体検知記録ができる高機能モデルでもあります。HDRやGPS搭載はもちろんのこと、アクティブセーフティ機能も装備。「スタートインフォメーション」や「レーンキープアシスト」「前方衝突防止アラート」なども搭載しています。また、これだけの高機能を備えながらもボディは驚くほどにコンパクト。価格はそれなりですが、ユピテルの持てる技術が惜しみなく投入された一台です。

ユーザーの声

自分はユピテルのDRY-ST7000cというドライブレコーダーを使っています。オプション(別売り)として、駐車記録用のマルチバッテリーOP-MB4000というものがあります。

— かわもん (@decimalGT)

コムテック「HDR-352GHP」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

視野角は驚きの水平136°

水平136°という圧倒的な視野角を誇るドライブレコーダーが、この「HDR-352GHP」。他社の高視野角モデルと比べてもその差は歴然です。また視野角が広くなると精細度が落ちるというデメリットがありますが、その点も上手く抑えられています。他には最大12時間の駐車監視記録機能を備えているほか、レーダー探知機との相互通信にも対応。フルスペックかつコンパクトなドライブレコーダーです。

ユーザーの声

雪ミクキャストちゃんに駐車監視機能ドラレコつけた。コムテックの「HDR-352GHP」。悪戯防止になればいいけど・・・。

— ソルティ (@Bianchi_Milano)

Toguard「デュアルドライブレコーダー」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

2つのカメラで前後を監視

ドライブレコーダーの中には、後方も撮影できるように2カメラセットで販売されているものもあります。後ろからの追突事故もしっかり記録できます。2台で1万円以下という価格ながらも、ユーザーからの口コミは好評です。

ユピテル「DRY-WiFiV3c」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

アプリでスマホと連携

ユピテルのハイグレードモデルである「DRY-WiFiV3c」は、横長のスタイリッシュなデザインが特徴的なドライブレコーダーです。コンパクトなフォルムながら標準レベルの機能を備え、GPS情報から速度情報まであらゆる情報を記録します。

大きな特徴として、無線LANが内蔵されている点が挙げられます。専用アプリ「DRY-WiFi Remote TypeB」をインストールすることで、リモート操作や動画のダウンロードが可能となります。また、駐車記録機能については「OP-VMU01」と「OP-MB4000」の2種類を用意。専用バッテリーを内蔵した後者を選択すると、車両のバッテリー上がりを気にすることなく機能が利用できます。

セルスター「CSD-670FH」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

メンテナンスフリーで楽々管理

レーダー探知機で有名な、セルスターのハイエンドモデル「CSD-670FH」。基本機能搭載は当然のこと、特筆すべきは「microSDカードのメンテナンスフリー」機能です。独自システムファイルが採用されているため、定期的なフォーマットは不要です。メンテナンスフリーで安定して作動する点は大きなメリットでしょう。さらにセンサーにはSONY製のExmor COMSセンサーを採用。新機能であるナイトビジョンと合わせて、夜間走行時やトンネルでも鮮明な映像が撮影可能です。

また連動性も抜群。ケーブル一本であらゆる情報が出力できます。他には安全運転支援機能も搭載しており、水平画角も116°と死角のないドライブレコーダーです。

ヒュートレッドパッカード「f530」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

圧倒的な映像美

広い視野角を持ち、バランスに優れたドライブレコーダーである「f530」。フルハイビジョンを超える最大「2560×1080」の解像度に逆行補正まで備え、ナンバーの視認性は抜群です。そしてF値1.8の明るいレンズが採用されており、ドライブレコーダーにありがちな日陰で画面が暗くなる現象も徹底的に抑えられています。映像美についてはトップクラスのドライブレコーダーといって良いでしょう。

また内蔵バッテリーによる駐車監視が30分可能。説明書は外国語表記ですが、日本語モードにも切り替えられるため問題ありません。なによりも画質を重視したいという方にオススメのモデルです。

パイオニア「カロッツェリア ND-DVR10」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

長時間のバッテリー駆動が可能

パイオニアが満を持して送り出したドライブレコーダーが「ND-DVR10」です。207万画素のCMOSセンサーを搭載したカメラは、フルHDでの撮影にも対応。大事なナンバー情報もくっきりと映し出します。

視野角は105°と標準レベルですが、特筆すべきはバッテリー駆動時間の長さです。内蔵バッテリーだけでなんと50分の駐車監視が可能です。この点は他社のドライブレコーダーには無い魅力です。さらにデザインはシンプルでコンパクト。インテリアにも自然に溶け込みます。また録画中にボタンを押せばいつでも写真撮影ができるため、SNSをよく利用している方などはオススメです。

パパゴ「GoSafe GS372V2-16G」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

高機能なミラー型

パパゴの「GoSafe GS372V2-16G」は、水平110°の視野角を備えて350万の画素数を誇る高機能なドライブレコーダーです。フルHDによる録画が可能で、フレームレートは60fpsまで対応しています。

GPSや駐車録画機能は非搭載ですが、オプションで追加することができます。また純粋なミラーとしての機能もハイレベル。高い局面率でギラつきを抑え、後方の確認も容易にできます。見た目も重視しながら機能にもクオリティを求める方にオススメです。

トランセンド「DrivePro 220」

ドライブレコーダー 人気モデル

画像出典:

安価ながら高機能

トランセンド「Drive Pro 220」は、高機能ながら安価なドライブレコーダーです。レンズには明るいF値1.8のものを採用し、画素数は300万と高精細な画像をフルHDで撮影できます。さらにWi-Fiを搭載しているため、スマホアプリと連動させて動画管理が簡単にできる点も大きな魅力です。そのほか安全支援機能も付いており、値段の割に機能が充実しています。特にコスパを重視したいという方にはオススメのドライブレコーダーです。

【最新情報】デザイン性を求める方必見!

ドライブレコーダーにデザイン性を求める方には、この「AutobotSドライブレコーダー」がおすすめです。マットブラックとシルバーカラーで仕上げられたコンパクトな球体デザインが特徴的。一見ドライブレコーダーには見えないスタイリッシュな作りです。

またフルHD高画質に対応しているほか、ADAS(先進運転支援システム)も搭載。このADASには車線逸脱警告や前方衝突警告などの機能も導入されており、前方100m以内まで検知可能です。まさにドライブレコーダーの枠を越えた斬新なモデルと言えるでしょう。現在CAMPFIREにて予約販売を受け付けています。

画像出典:

ドライブレコーダーが今人気!品薄状態の店舗も

最近はドライブレコーダーを買い求める方が増えているようです。中にはドライブレコーダーが品薄状態の店舗もあるとのこと。特に「欲しいドライブレコーダーが中々手に入らない」という方は、スマホのドライブレコーダーアプリで代用しても良いかもしれません。ドライブレコーダーアプリについては下の記事を参考にしてみてくださいね。短時間の運転の場合であれば、スマホの録画機能で撮り続けるという方法もありますよ。

ステッカーも効果的

「煽り運転などの迷惑運転によく遭うし、車上荒らしも心配…」という方は、車にステッカーを貼るだけでも対策になります。最近は特に下のようなステッカーが売れているようです。


ステッカーの口コミ

🚗フロントにドラレコ付けてるけど、ニュースで東名の事故を見てから、リアにもドラレコを付けようとマジで思った。それまで、リアは暫しマグネットのステッカー対応で…見栄え等は「?」ですが、何もしないよりかは。。

— はるか (@soraran_800)

2020年にはドライブレコーダーが義務化する?

東京・オリンピックが開催される2020年。今話題の自動運転車もこの時期に導入する予定ですが、これに応じてドライブレコーダーもの装備も義務付けされる可能性があります。これは政府が検討しているプロジェクトの一つであり、今後は自動運転をサポートする重要な機能としての役目を果たすかもしれません。

ちなみに、神奈川県湯河原町や奈良県五條市ではドライブレコーダー購入者に対して補助金を行なっています。”ドライブレコーダー設置促進事業”と呼ばれる補助金制度ですが、こちらも地域の交通安全と犯罪防止を目的にしたもの。自治体が指定する条件に満たした方は、購入費用の半額(上限1万円)の補助が受けられるのでこの機会に利用して見るといいでしょう。

画像出典:

まとめ

近年一般車にも普及が進むドライブレコーダー。現在のところ普及率は10%を超える程度ですが、認知され始めた2012年頃と比べると販売台数は10倍くらいに増えています。おそらく今後も勢いは増していくことでしょう。もし事故を起こしたとしても、映像証拠さえあれば理不尽な過失を免れることができます。自分を守るためにもドライブレコーダーの搭載を検討してはいかがでしょうか?

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする