スバル 新型「アイサイト・ツーリングアシスト」を発表!2020年までの自動車線変更を目指す

 
世界最高峰の安全機能として高い評価を得ているスバルの「アイサイト」が改良を施してさらなる性能を手に入れました。今回発表された新型はより広範囲な状況下での制御を可能としており、2020年までの自動車線変更実現という目標も明らかにされました。

性能を大幅に向上させたアイサイト・ツーリングアシスト

スバルが運転支援システム「アイサイト」の改良版を発表。まずは今夏発売予定の「WRX S4」と「レヴォーク」に標準装備されます。

これまでの「ver.3」といったネーミングから手法を大きく変え、「アイサイト・ツーリングアシスト」と名付けられた新型は性能を大幅にグレードアップ。アイサイトには従来から「全車速追従機能付きクルーズコントロール」が付いていましたが、新型では前走車の追従速度範囲を0〜120km/hに拡大したほか、これまでは60km/h以上の条件でしか発動しなかった車線中央維持のステアリングアシストが全車速域で発動するように改良されています。

アイサイト

画像出典:

白線がかすれていてもレーンキープ

また、従来のアイサイトはステレオカメラで白線を認識することで中央を維持していましたが、渋滞で隠れてしまっている場合や、かすれて消えかかっているような場合には精度を落としていました。新型ではそういった点も改善され、追従と白線認識で得た情報を統合して処理することにより、白線が見えない場合でも中央を維持できるようになっています。なお、カメラの性能は変えずに画像処理技術の向上のみで進化を実現しているため、価格の上昇も抑えられているとのこと。

アイサイト
▲渋滞で白線が見えない場合もレーンをキープ

画像出典:

カーブもしっかり認識

さらに先行車両の軌跡まで認識できるようになっており、前走車がくねくねとカーブを繰り返しても動きをトレースしてしっかりと追従。ほぼ自動運転と思えるほどの走行を見せてくれます。ただし、先行車や白線の情報を認識しそこねた場合には途端に制御が解除されてしまうため、ぼーっとしていると危険です。そのためドライバーが完全に運転を委ねてしまわないように、走行アシスト中もステアリングを握ることを要請され、10秒間手を離していると警告音が出るようになっています。自動運転のレベル分けでいうとレベル2に分類されますが、現状ではまだまだアシスト的な性能にとどまります。

アイサイト
▲先行車両の動きを高精度で認識し、複雑なカーブも追従

画像出典:

2020年には自動車線変更を実現

渋滞時のような低速時でもステアリング制御が行われるようになり、使い勝手を増した「アイサイト」。第一技術本部先進安全設計部主査の丸山氏によれば、2020年には4隅に配置したレーダーとGPSロケーターを組み合わせることで周囲の状況を認識し、自動で車線変更できるレベルにまで性能を高める予定とのことです。また、この技術を応用することで出会い頭の事故や歩行者との接触、交差する自動車同士の事故まで防止するとのこと。同時に自動運転における「レベル3」や「レベル4」の実現を目指し、NCAPやIIHSでトップクラスの評価を狙う方針です。

先日、北海道美深町のテストコースを30億円かけて改修することを発表したスバル。運転支援技術の高度化に向けた技術開発は今後も加速していきそうです。

画像/記事出典:

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする