ランボルギーニ社設立30周年記念、ディアブロSEの1号車がオークションに出品中!

 
1993年に、ランボルギーニ社設立30周年記念の限定車として販売されたディアブロSE、その1号車がイタリアのオークションに登場しています。希少価値が高い1台をご覧ください!

ディアブロSEの1号車がオークション出品中!

ディアブロSE

画像参照元:

ディアブロSEは当時150台の限定販売とされ、それぞれの車両には写真のようなシリアル番号が記載されたプレートが装着されました。

ディアブロSE

画像参照元:

SEではスタンダードモデルから走行性能を向上させるため、軽量化やエンジン出力アップを中心としたカスタマイズが行われています。

気になるスペックやカスタム仕様について

ディアブロSE

画像参照元:

車重はスタンダードモデルの1,576 kgから1,451 kgへとおよそ120kgも軽量化されています。
その為に、エアコンやカーオーディオなどの快適装備を省いた他、シートもカーボンファイバー製の軽いものへと変更されています。

画像参照元:

また、V型12気筒5.7リッターエンジンの出力は492馬力から530馬力へと向上しています。

画像参照元:

エクステリアについても大型化されたスポイラーやフロントブレーキダクトの装備、リアバンパーに移設されたバックフォグやマグネシウム製のホイールなどに違いを確認することが出来ます。

画像参照元:

更に今回の個体はオプションのアルカンターラのセンターパッドを持つステアリングの装着や“イオタ”スペックの400km/hスケールのメーター、ショートシフトキットの装備や、イエローにペイントされたブレーキキャリパーなど、最初のオーナーのリクエストによるカスタマイズも行われています。

画像参照元:

150台が販売されたディアブロSEですが、このうち15台は”イオタ”スペックへとコンバージョンされています。また、販売後の車両に向けたイオタキットも28セットが販売されました。

画像参照元:

このイオタスペックでは、吸気効率を向上させるためのインテークダクトを装備したエンジンリッドの採用やサーキット専用エキゾーストなどの装備などによってエンジン出力も603馬力までアップしています。
エンジンリッドのデザインについてはその後、ディアブロSVの開発に活かされました。

画像参照元:

走行距離22,000マイル(約35,400km)のこのモデル、オークションではどのような値がつけられるのか、注目が集まっています。

ディアブロSEの1号車 走行動画

動画参照元:
記事参照元:

ランボルギーニ・ディアブロに関する記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする