免許更新時の視力検査で不合格になった時の対応とは?視力検査の合格基準もご紹介

 
運転免許更新時には視力検査に合格することが必須となりますが、もしも視力検査で不合格になった場合はどうしたら良いのでしょうか?そんな今回は、運転免許更新時の視力検査で不合格になった際の手順などをご紹介していきます。不合格でも慌てることなく、適切な対応をとりましょう。

運転免許更新時の視力検査は必須

視力検査

画像出典:

運転免許更新時には視力検査に合格する必要があります。もしも運転免許更新時の視力検査で不合格になったとしても、決してあわててはいけません。適切な対応をとりましょう。今回は、運転免許更新時の視力検査で不合格になった際の手順などについて解説します。

運転免許更新時の視力検査

視力検査

運転免許更新時に行う視力検査の流れ

運転免許更新時の視力検査は大抵の場合、警察署や運転免許センター内にある検査室で行われます。メガネやコンタクトレンズを使用している方は入室時に申告しましょう。

運転免許更新時の視力検査では片目・両目それぞれの視力を検査機で測ります。日本では、C記号(ランドルト環)型検査機が採用されています。C記号の切れ目の方向を答えることで視力を測ります。また運転免許更新時の視力検査は「一定基準を満たしているか」を判断する検査であるため、眼科等の正確な検査とは異なります。比較的一人一人あたりの検査時間は短く、「あっという間に終わった」と感じる方も多いようです。

運転免許更新時に行う視力検査の合格基準

原付、小型特殊 両目0.5以上
普通第一種/中型第一種(8トン限定)/準中型第一種(5トン限定)/二輪、大型特殊 両目0.7以上かつ片目0.3以上
大型第一種/中型第一種(限定なし)/準中型第一種(限定なし)/けん引、第二種 両眼0.8以上かつ片目0.5以上
※深視力:三桿法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2cm以内

運転免許更新時に行う視力検査の合格基準は、運転免許の種類によって異なります。また大型第一種や中型第一種(限定なし)などの免許では、深視力の検査も受ける必要があります。

深視力とは「遠近感や立体感を正しく把握する能力」のことです。なお検査には反射神経や器用さなども求められます。そのため、視力が良くても検査に慣れていない方などは不合格になることもあるようです。

深視力の検査イメージ

画像出典:

運転免許更新時の視力検査で不合格になった場合

不合格

画像出典:

運転免許更新時の視力検査で不合格になった場合は、再び検査を受ける必要があります。

しかし、焦る必要はありません。免許更新の期限内であれば何度でも検査を受けることができます。また、警察署や免許センターの受付時間内であれば、当日の再検査も可能です。検査時に目のコンディションが偶然崩れて不合格になった際などは、コンディションを整えて当日の再検査に臨んでも良いでしょう。

眼鏡等を作成・新調する必要がある方は、眼鏡屋等で矯正視力を整えた後に臨みましょう。ちなみに支払い済み更新費用などは一時返却となります。不合格になったとしても出費がかさむことはありません。

なお、更新期限がギリギリで余裕が無い場合は、窓口に申告することで受け直し期間を延長してもらうこともできます。ただ、時間に余裕が無い状況ではトラブルなども起きやすいため、ある程度期限に余裕を持った状態で臨むことをおすすめします。

視力検査は定期的に受けること

よくテレビやネットでは目のマッサージ法などが紹介されています。しかし、どれも一時的な効果のものが多いためおすすめできません。特に最近はスマホやPCを長時間使用する方も多く、目を酷使しがちです。スマホやPCの普及に比例して、ドライアイや眼精疲労などに悩まされている方も増えています。

定期的に眼科を受診することで、運転免許更新時の視力検査でつまづくことなく目のトラブルにも迅速に対応できます。常日頃から自身の視力を把握しておくことが、一番の視力検査対策と言えるでしょう。

視力回復トレーニング動画

画像出典:

【番外編】レーシック手術で”眼鏡等”の条件が解除される?

レーシック手術を受けて視力が回復した方は、運転免許センター及び運転免許試験場へ視力調査の申し込みを行いましょう。視力検査で問題がなければ、即日で”眼鏡等”の条件が解除されます。また、”眼鏡等”の条件が付いているにも関わらず、裸眼のまま運転してしまった場合は交通違反となり、3か月以下の懲役・もしくは5万円以下の罰金が課せられる可能性もあります。視力が回復したとはいえ、運転する際はメガネやコンタクトレンズの装着を忘れないように心がけましょう。

運転免許更新時の視力検査に関するユーザーの声

42.試験に不合格だった場合、最初に書いた申請書が戻ってきますので、再受験用の申請書を記入して試験手数料分の証紙を購入し、視力検査をもう一度受けて技能試験予約窓口に書類を提出します。そこで日時指定を受けて、帰宅します。

— 二輪免許を取ろう! (@kdmplc2)

痛恨の運転免許証更新 視力で落ち😱🙀

最上位免許での視力検査
あたしの場合は試験場でしか乗ったことがない⁉️バス🚌
大型二種免許のため視力 かなり見えないとダメで😂🙅‍♂️

めがね👓 新しいの作りました😭
明後日 町田警察署ないしは府中運転免許試験場でリベンジ😅

— くまはうす (@kumahousecom)

.
免許証更新に行ったら
まさかの視力適性不合格
速攻メガネ作ったから
人生初のメガネショット
.

— TK (@Hayatake1129)

まとめ

運転免許更新時の視力検査で不合格になったとしても、あわててはいけません。更新期限を確認して適切な対応をとりましょう。もし視力検査が不安な方は、事前に眼科や眼鏡屋などで自身の視力を十分把握しておくことをおすすめします。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする