駐車場が狭い方におすすめ!3ナンバーだけど立体駐車場にも駐車可能な国産車まとめ

 
新しく車を購入する際に、これだけは譲れない!というポイントは人それぞれかと思います。そんな条件に「狭い駐車場に入るサイズ」を含めざるを得ない方もいるでしょう。そこで今回、狭い駐車場や立体駐車場にも駐車できる3ナンバーの国産車を紹介していきます。

立体駐車場のサイズ制限は統一されていない⁈

さて、まずは立体駐車場や機械式駐車場のサイズ制限について見ていきましょう。多くのショッピングモールなどの立体駐車場では高さ制限が設けられていますが、じつは立体駐車場の高さ制限などに明確な統一基準はなく、法律による規定があるわけでもありません。つまり、それぞれの駐車場ごとに任意でサイズ制限が設けられているのです。とはいえ、一般的に見られるサイズ制限はほぼ同じサイズとなっています。

立体駐車場

画像出典:

立体駐車場の高さ制限

たとえば、ショッピングモールなどの駐車場に見られるスロープを運転して移動するタイプの立体駐車場では、高さ制限の平均は2,000-2,500mmのことがほとんどです。一方、タワー式やマンションに見られる機械式駐車場は、高さ制限に1,550mmを設定しているところが多いです。

機械式駐車場の車幅制限

機械式駐車場では、高さ以外にも車幅制限が設けられています。というのも、機械式駐車場では中で車がエレベーターに乗せられて移動するからです。そのため、車が車幅や高さ制限を超えて入庫された場合、駐車場の故障や他車に至るまでの破損事故が起きてしまいます。そんな機械式駐車場の車幅制限には、1,850mmと設定されていることが多いです。

3ナンバーだけど、立体駐車場にも駐車可能な国産車って?

「5ナンバー」と「3ナンバー」って?

よく言われる「5ナンバー」と「3ナンバー」ですが、まず5ナンバーと3ナンバーの違いについてまずは説明をしておきます。5ナンバーといわれる車のサイズは、全長4,700mm×全幅1,700mm×全高2,000mm以内となっています。また、エンジン排気量では2,000ccまでです。これらの一つでも規定を超えていると3ナンバーとなります。

さて、これからご紹介する3ナンバーの国産車は、車両制限が全高1,550mm以下の機械式立体駐車場に駐車できるサイズを集めました。加えて、車幅は乗り降りのスムーズさも考え、全幅1,800mm以下に設定しています。

立体駐車場

画像出典:

3ナンバーでも立体駐車場に駐車可能な国産車

スバル「インプレッサG4」

3no4

画像出典:

ダイナミック×ソリッドをデザインテーマに、「安心」をイメージさせる塊感に、「愉しさ」を感じさせるダイナミックな躍動感を加えています。機能的なインテリアと、長く愛される本質的なデザインを追求しているSUBARUらしさが味わえます。

全長×全幅×全高 4,625mm×1,775mm×1,455mm
販売価格 1,922,400円〜

スバル「インプレッサスポーツ」

インプレッサスポーツ

画像出典:

スバルの伝統と次世代プラットフォーム技術により、抜群の安定感を感じさせます。クルマ本来の愉しさを深めつつ、どんな走行条件でも思い通りにコントロールすることを目指した安全性能には高い評価を得ています。

全長×全幅×全高 4,460mm×1,775mm×1,480mm
販売価格 1,922,400円〜

スバル「BRZ」

BRZ

画像出典:

無駄のない美しさでスポーツカーとしての本質をとらえ、洗練されたインテリアとも相まって走りへの期待を高めてくれます。クルマとの新たな一体感を生み出す「超低重心パッケージング」によって、BRZだけの重力を味方につけた新次元ハンドリングを可能にしてくれます。

全長×全幅×全高 4,240mm×1,775mm×1,315-1,320mm
販売価格 2,430,000円〜

スバル「レヴォーグ」

レヴォーグ

画像出典:

低いルーフの流れるようなデザインからは、想像できないような広い車内空間とラゲッジルームを備え、走る楽しみと高い実用性を実現しています。

全長×全幅×全高 4,690mm×1,780mm×1,480-1,490mm
販売価格 2,775,600円〜

マツダ「ロードスター」

マツダ ロードスター

画像出典:

「魂動デザイン」をテーマに、美しいライトウェイトのオープンスポーツを極め、「人馬一体」の乗る楽しみを感じさせます。さらに革新したスカイアクティブ・テクノロジーを駆使し、意のままのドライビングフィールを生み出します。

全長×全幅×全高 3,915mm×1,735mm×1,235-1,245mm
販売価格 2,494,800円〜

マツダ「アクセラ」

マツダ アクセラ

画像出典:

「人間中心の開発哲学」に基づき、新技術「G-ベクタリング コントロール」による安心感と、「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」の心地よいエンジンサウンドを実現しています。また、2016年には予防安全性能に関して高い評価を得ています。

全長×全幅×全高 4,460mm×1,795mm×1,470mm
販売価格 1,760,400円〜

トヨタ「オーリス」

3no2

画像出典:

ヨーロッパで認められたダイナミックでスポーティな外観に加え、上品に仕上げられた車内空間が上質感を感じさせます。

全長×全幅×全高 4,330mm×1,760mm×1,480mm
販売価格 1,789,855円〜

まとめ

駐車場が狭くても機械式駐車場であっても、軽自動車やコンパクトカーに縛られる必要のないことがご理解頂けたでしょうか?意外に思われた方もいらっしゃるかと思いますが、3ナンバーでも大きすぎず、狭い駐車場にもフィットする車はたくさんあります。新しい車を購入する際には、ぜひ駐車場のサイズを確認しつつ、気に入った車を購入していただきたいものです。

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする