フォルクスワーゲン限定車「comfort up!」リアビューカメラをシリーズ初搭載

 
フォルクスワーゲン最小コンパクトカー「up!(アップ)」の限定車「comfort up!」発売! up!モデル初のリアビューカメラを搭載し、スマートフォンを接続することでスマホ画面から後方が確認できるようになりました。「up!」の最新情報をお伝えします。

ニュース

フォルクスワーゲン限定車「comfort up!」リアビューカメラをシリーズ初搭載

2017年11月28日

フォルクスワーゲン・ジャパンは、コンパクトハッチバック「up!」の限定車「comfort up!(コンフォート アップ)」を11月28日に発売しました。ボディカラーは”ティールブルー”と”ホワイトシルバーメタリック”の2色展開で、それぞれ150台の計300台が販売され、税込価格は188万2000円です。
comfort up!

画像引用:

安全性を高める特別装備

この限定車「コンフォートアップ!」では、「up!」モデル初となるリアビューカメラ“Rear Assist”を搭載。通常ではオプション設定となる純正インフォテイメントシステム“Composition Phone”も特別装備となり、車両のセンターコンソールにスマートフォンを設置することで、スマートフォン画面で撮影した車両後方状況を確認できます。また、車両後方に設置されたセンサー、障害物などの位置・距離を検知し、スマートフォン画面で確認できる「オプティカルパーキングシステム」も特別装備。障害物の存在・接近を警告音で知らせてくれる「パークディスタンスコントロール」との組み合わせも可能です。後退時の周辺確認を容易にすることで、さらに安全性が高まりました。
comfort up!

画像引用:

エクステリアでは、ドアミラーに特別カラーを施し、ドアパネル下側にデコレーションフィルムを追加。インテリアには、レザーステアリングホイールやシートヒーターなどを特別装備し、快適性を高め上質な空間に仕上げられています。
comfort up!

画像引用:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする