【日産】新型「アルティマ(ティアナ)」2018年8月にアメリカで販売へ

 
日産の大型セダン「アルティマ(ティアナ)」の新型モデルが遂に世界初公開!新型「アルティマ」にはコンセプトモデル"日産Vモーション2.0"のデザインが施され、顔つきが一新されています。その他、先進運転支援システム「ADAS」も搭載する模様。2018年8月にアメリカで販売される新型「アルティマ」の最新情報をお届けします。

ニュース

新型「アルティマ」初公開!2018年8月にアメリカで販売へ

現在開催中のニューヨーク・モーターショーにて、日産の新型「アルティマ」が世界初披露されました。

日本では”ティアナ”として販売されている「アルティマ」。6代目となる新型「アルティマ」は、フロントグリルにコンセプトモデル”Vモーション 2.0″のデザインが採用され、日産らしいシャープな顔つきへと進化しています。

新型の「アルティマ」は「S」「SR」「SV」「SL」「Platinum」という5段階グレードを展開しており、「SR」「Platinum」のパワートレインには、従来の3.5リッターV6エンジンから可変圧縮ターボ”VCターボ”を導入した直列4気筒2.0リッターVCターボエンジンを搭載し、最大出力も273psから251psへ落ちてしまいましたが、最大トルクは340N・mから370N・mへ増強しました。先代モデルからダウンサイジングしたことで、よりパワフルな走りが期待できます。また、「S」「SV」「SL」のグレードに関しては、直列4気筒DOHC 2.5リッター直噴エンジンも用意されており、2WD(FF)と4WDモデルから選択することが可能です。

2018年8月にアメリカにて販売される新型「アルティマ」ですが、もともと人気の高い車種のため、今後も大きな注目を集めることは間違い無いでしょう。

新型 アルティマ 日産 

画像/記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする