「レガシィ」は富士重工の救世主!?その登場から現行モデルまでを振り返る

 
スバル「レガシィ」の歴史を一挙にご紹介!ステーションワゴンの先駆けとしての高い人気を誇り、日本国内では稀有なグランドツーリングカーとしても支持されている「レガシィ」。そんな今回は愛され続けている「レガシィ」の歴代モデルを振り返ります。

スバル「レガシィ」って?

レガシィ

画像出典:

スバル「レガシィ(LEGACY)は、スバル独自の技術を駆使した水平対向エンジンや4WDを搭載したスバルの人気モデル。バリエーションとしては、ステーションワゴンブームのきっかけとなった5ドアステーションワゴン、4ドアセダン、そして5ドアクロスオーバーSUVを揃え、1989年の発売当初から中・長距離走行に適したグランドツーリングカーとしても注目されました。それでは、「レガシィ」の歴代モデルをご紹介しましょう。

スバル「レガシィ」の歴代モデル

初代「レガシィ」※BC/BF型(1989年〜1993年)

スバル レガシィ

画像出典:

当時、スバルでは経営面で難しい局面にあり、その状況を打開するべく開発が進められたと言われるのが初代「レガシィ」です。人気であった「レオーネ」の上級モデルとして、水平対向4気筒エンジンに4WDを加えて、1989年に発表されました。後に発表された「インプレッサ」や「フォレスター」などのベースになったとも言われ、ステーションワゴンの人気を不動のものにしました。
また、1989年当時「レガシィ・セダンRS」モデルが米国における10万km耐久走行で、走行速度平均223.345km/hという当時の国際記録をつくり、グランドツーリングカーとしても認知されるようになりました。新たなグレードとして加わった「レガシィGT」では、スポーティで端正なデザインとパワフルな走行性能から「レガシィ」人気を確立するのに一役買いました。

参考動画

画像出典:

2代目「レガシィ」※BD/BG型(1993年〜1998年)

スバル レガシィ

画像出典:

「継承・熟成」という開発テーマをもとに、初代に比べボディの曲げ及びねじり剛性をパワーアップさせ、ターボエンジンを搭載したモデルが2代目「レガシィ」。バリエーションにはクロスオーバーSUVが追加され、特に米国で人気となりました。また、「レガシィ」人気を不動にしたスポーティグレードの「レガシィGT-B」及び「レガシィRS」には、「EJ20R」エンジンをマイナーチェンジと同時に搭載。一般2.0L車としては世界初の最高出力280psを達成し、世界最速ワゴンとしてのイメージを確立しました。なお、サスペンションにはビルシュタイン社製ダンパーを採用したことも注目を集めました。

参考動画

画像出典:

3代目「レガシィ」※BE/BH型(1998年〜2003年)

スバル レガシィ

画像出典:

1998年に登場した3代目「レガシィ」では、FF車が廃止され、全グレードが4WDとなりました。開発テーマは「レガシィを極める」とされ、ボディデザインには「レガシィ」らしさを残しつつ、より重厚で武骨なものへと変わりました。インテリアの質感も向上し、ヘッドランプには上級グレードにHIDランプを採用するなど、走行性能だけではない品質向上も図られました。スポーティな走りが特徴的なワゴンとして人気を博してきた「レガシィ」は、1998-1999年のRJCニューカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。また、この3代目「レガシィ」から官公庁の公用車に採用されるようになりました。

参考動画

画像出典:

4代目「レガシィ」※BL/BP型(2003年〜2009年)

スバル レガシィ

画像出典:

4代目「レガシィ」では、今までの5ナンバーサイズから3ナンバーサイズとなりました。走行性能と衝突安全性能の向上のため、全幅を3代目よりも35mm拡大し1,730mmとしました。このサイズ変更とともに、「レガシィ」らしさを継承しながらもより一層スポーティさを追求。外観やインテリアデザインも、より上質なスタイリングにすることで高級感を感じさせるモデルとなりました。この4代目「レガシィ」によって、スバルとしては初となる2003-2004年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。また、2008年のマイナーチェンジの際には、「レガシィ」に初めて安全運転支援システム「EyeSight」を搭載しました。

参考動画

画像出典:

EyeSight(アイサイト)とは?

富士重工と日立製作所などが開発した安全運転支援システムの一つで、車前方に取り付けられたカメラにより前方を監視し、障害物を認識することができます。スバル車では「ぶつからないクルマ」として注目されています。

画像出典:

5代目「レガシィ」※BM/BR型(2009年〜2014年)

スバル レガシィ

画像出典:

2009年に発売された5代目「レガシィ」では、ボディがさらに大型化し、ゆったりとした快適な車内空間を生み出しました。一方でボディは大きくなったものの、最小回転半径については5.5mと取り回しも良く、快適なドライビングを実現。2010年のマイナーチェンジでは「EyeSight(ver.2)」が搭載され、同年、自動車アセスメントによる衝突安全性調査では、この5代目「レガシィ」によってグランプリを受賞しました。また、この5代目「レガシィ」からステーションワゴンは廃止され、後継モデルのスバル「レヴォーグ」に引き継がれることとなりました。

参考動画

画像出典:

6代目「レガシィ」※BN/BS型(2014年〜)

スバル レガシィ

画像出典:

2013年、アメリカ・ロサンゼルスオートショーにおいて、2014年のレガシィ生誕25周年を記念して、ミッドサイズセダンのコンセプトモデルを発表。これにより、2014年に発表された6代目「レガシィ」のボディサイズは以前よりもさらに大型化し、スポーティーセダンモデルから一転しました。実際に6代目「レガシィ」の外観からは塊感のあるフォルムにより、力強さと機敏さを感じられます。また、インテリアにはメーター中央部に「EyeSight」や「SI-DRIVE」の状況を常に表示する「マルチ・インフォメーション・ディスプレイ」を搭載しました。

参考動画

画像出典:

ネット上での「レガシィ」評価

「レガシィ」は、やはりスバルの人気車種。どのモデルもそれぞれ違った味が出ていますね。

A post shared by K角® (@kunirange) on

A post shared by 沖野圭記 (@keioki1219) on

https://www..com/p/BW7tqYChbfS/?hl=ja&tagged=%E3%83%AC%E3%82%AC%E3%82%B7%E3%82%A3

まとめ

このように、スバル「レガシィ」は1989年の登場以来、「レガシィ」らしさを残しつつも、その時代に求められるニーズを取り入れながら常に向上していることが分かります。また、2017年10月にはマイナーチェンジを施した新型モデルが登場されますが、内外装や機能面が大きく変化される模様です。一体どんな進化を遂げるのか、今後のレガシィにも期待が高まります。

レガシィ

画像出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする