【レクサス】新型「ES」遂に登場!日本には2018年秋頃に販売へ

 
現在海外専用車として販売されているレクサス「ES」。かつては中型セダン"ウィンダム"として販売されていた一台ですが、生産終了が決定している「GS」の後継モデルとして遂に日本導入へ!北京・モーターショーにて新型モデルが世界初披露されたレクサス「ES」の最新情報をお届けしていきます。

ニュース

レクサス新型「ES」遂に登場!日本には2018年秋頃に販売へ

2018年4月25日

レクサスは、アッパーミドルクラスセダン「ES」の新型モデルを、北京・モーターショーにて初披露しました。

この「ES」は、フラッグシップセダン「LS」と共にレクサスを代表する一台であり、日本では4代目まで”ウィンダム”として販売。4代目以降は海外専売モデルとして展開されていましたが、フルモデルチェンジを施した7代目は日本でも販売されることが決定しています。新型「ES」には高い剛性と低重心化を可能とした最新プラットホーム「GA-K」を採用。安定感のある操縦性だけでなく、静粛性も向上されているため、快適なドライブを楽しむことが可能であるとのことです。

レクサス ES

内外装もレクサスならではの高級感が広がる

エクステリアでは、レクサス伝統のスピンドルグリルに波のような縦型のグリルメッシュを取り入れ、セダンならではのダイナミックさをアピール。ドライバーの乗り心地を重視したインテリアでは、センターコンソールとアームレストに連続性を持たせる他、スイッチ類をコンパクトに設定したことで運転時のストレスを軽減する効果が期待できます。スポーツグレードの”F SPORT”では、日本刀の刃文からヒントを得た専用アルミオーナメントパネルがあしらわれています。

レクサス ES

安全性でも、パーキングサポートブレーキ機能を含む運転支援”レクサス セーフティー システム プラス”を装備。まさに、レクサスの高級感と最新技術をふんだんに取り入れた新型「ES」ですが、日本でも販売されることになれば注目を集めることは間違いないでしょう。

新型「ES」のスペック

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4975mm×1865mm×1445mm
エンジン 2.5リッター直列4気筒エンジン+新ハイブリッドシステム
画像/記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする