未だに人気を誇る角目ベンツ「W124型 500E」がオークションに登場!果たして落札金額は?

 
80〜90年代ベンツ(通称角目ベンツ)が好きという方は多いのではないでしょうか?その中でも特に人気が高い「W124型500E」は今でも手に入れたいという人も多いはず。今回はその500Eが海外オークションに登場したので紹介。果てして落札価格は?

未だに高い人気を誇るメルセデス・ベンツ「500E」

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

国内では未だに人気を誇るW124型メルセデス・ベンツ「500E」がアメリカのオークションで販売されました。出品された「500E」は1993年式の走行距離33万キロ超えとそれ相応に時代を感じる1台です。日本では500E専門店も存在するほど人気が高く、程度によっては今でも500万円超えで取引されるなどその出自も含めて伝説的な車となっています。

W124メルセデス・ベンツ「500E」とはどんなモデル?

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

500Eの誕生は、同国メーカーポルシェを救うために開発されたモデルといっても過言ではありません。そのため、当時経営不振のポルシェを救済する目的も兼ねて、開発と製造の一部をポルシェが担っています。

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

その関係からか、当時メルセデス・ベンツがポルシェを買収するのではないかとの噂も当時は囁かれました。結局それは実現することはありませんでしたが、もしその当時に統合していたらと思うと、今はどんなになっていたんだろうと少しワクワクしてしまいます。

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

500Eに搭載されたエンジンはV型8気筒5リッターのM119型エンジンを搭載しており、出力は330馬力を発揮しする当時では高性能を誇るセダンでした。

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

拡幅された前後フェンダーフレアもエクステリアに迫力を加味しており、素晴らしい存在感を発揮して、そのデザイン性の高さでも人気を誇っていました。

今回オークションに登場した「500E」

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

今回のモデルは1993年モデルで、最初に西海岸で販売されました。今回の出品にあたっては520万円の費用をかけてエンジンの点火系や排気系について大規模オーバーホールを実施しています。

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

内装も全体的には美しさを保っていますね。

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

シートのサイトサポートは痛みがありますので、レザーリペアで修復不可能な場合はシート表皮の交換が必要そうです。レザーの割れが気になりますね。

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

筆者の友人もシルバーの500Eを所有しており、何回か乗せていただきましたが古典的な加速性能は電子制御された現代の車より楽しいと感じることもあります。

注目の落札価格は?

W124 メルセデス・ベンツ「500E」

アメリカでは沈静化しつつある空冷ポルシェやVW Type2など価格が高騰していますが、この車についてはそれほどでもないようで、お買い得な相場となっているようです。

なっているからか落札価格は150万円程度と安めでした。

記事参照元:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする