引っ張りタイヤとは?引っ張りタイヤのメリット・デメリットを徹底解説

 
引っ張りタイヤについて皆さんご存知でしょうか?引っ張りタイヤとは、ホイールの太さに対して適正サイズよりも細いタイヤを履かせるカスタム方法です。引っ張りタイヤにすることでドレスアップ効果が期待できるというメリットがありますが、デメリットもあります。今回は引っ張りタイヤのメリットとデメリットを解説!

引っ張りタイヤとは?

引っ張りタイヤ

画像出典:

引っ張りタイヤについて皆さんご存知でしょうか?引っ張りタイヤとは、ホイールの太さに対して適正サイズよりも細いタイヤを履かせるカスタム方法です。引っ張りタイヤにすることでドレスアップ効果が期待できるというメリットがありますが、デメリットもあります。今回は引っ張りタイヤのメリットとデメリットを解説!

引っ張りタイヤのメリット

引っ張りタイヤ

画像出典:

見た目がシャープになる

引っ張りタイヤにするとタイヤが薄くなるため、よりスポーティな見た目にドレスアップできます。またホイールデザインが強調できるという点もメリットとして挙げられます。

フェンダーへの干渉が抑えられる

引っ張りタイヤにすることによってタイヤ高が低くなり、ショルダーが寝るためフェンダーへの干渉を抑えることができます。車高を低くカスタムしている方は、ツライチを狙うために引っ張りタイヤもセットで行っていることが多いようです。
※ツライチ=フェンダーギリギリまでタイヤホイールの面(ツラ)を外側まで出すカスタムの手法。

安価で低扁平タイヤにできる

低扁平タイヤはダイレクトなスポーツ走行を楽しむことができる点が魅力です。一般的な低扁平タイヤは高価なものがほとんどですが、引っ張りタイヤにすることで安価で低扁平タイヤにすることができます。

引っ張りタイヤのデメリット

引っ張りタイヤ

画像出典:

走行性能が低下する

引っ張りタイヤではホイールの太さに対して適正サイズ外のタイヤを履かせているため、十分な走行性能を得ることはできません。燃費性能や乗り心地なども悪化する可能性があります。

タイヤがホイールからズレることもある

引っ張りタイヤではホイールの太さに対して適正サイズ外のタイヤを履かせているため、空気圧が下がるとホイールからズレてしまうこともあります。ちなみにタイヤの空気圧は自然と低下するため、定期的にチェックする必要があります。
※ホイールからズレる=ホイールのリムからタイヤのビードが外れること

引っ張りタイヤにしても車検は通る

引っ張りタイヤにしてもほとんどの車検には通ります。意外かもしれませんが、車検規定では「タイヤとホイールの組み合わせ」について厳しく定める項目はありません。車体からタイヤがはみ出していなければ「問題無し」と判断されるようです。

ただしロードインデックスについては検査員に指摘されることもあります。ロードインデックスとは「タイヤ1本で支持することができる最大負荷能力」のことです。引っ張りタイヤは細型のタイヤを装着しているぶん、ロードインデックスは低くなります。特に車両重量が重い車に乗っている方は注意しましょう。

引っ張りタイヤ参考動画

パーツクリーナーを導火線がわりにしてビードを爆発させて上げるという手法が流行っていますが、これは大変危険なのでオススメしません。

画像出典:

引っ張りタイヤについての口コミ情報

久しぶりすぎる引っ張りタイヤ(笑)

— N-style (@N_stylegroup)

こいつにまた悩まされる😨
毎度恒例の引っ張りタイヤエア漏れ😢
この前は左リアで今回は右フロント😨
空気圧下がったらハンドルクソ重たい😢

— タクミ (@cmDpzWgMKXOjQQF)

引っ張りタイヤできた!
かっこいい!!!

— 探さない、まつの。 (@teampstrara)

まとめ

引っ張りタイヤはドレスアップ効果が期待できるうえに手軽に行うことができます。さらに車検で引っかかりにくいという点なども含めて人気度の高いカスタム方法ですが、安全性については不安な点がいくつかあります。特に空気圧のチェックはこまめに行う必要があります。車をカッコよくカスタマイズすることも大切ですが、あくまで安全運転できる範囲内におさめるよう心がけましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする