ハイマウントストップランプの交換には注意!車検に通らない可能性も

 
車の後方部についているランプの1つ「ハイマウントストップランプ」はDIYでの交換が可能です。特殊な動きをする「ハイマウントストップランプ」も存在するので、装着すれば目立つこと間違いなし。しかし、中には車検に通らない場合もあるため注意が必要なカスタムとなります。そんな「ハイマウントストップランプ」の交換で、車検に通るように注意すべき点をご紹介していきます。

ハイマウントストップランプとは?

ハイマウントブレーキランプ

画像出典:

「ハイマウントストップランプ」とは、正式には「補助制動灯」と呼ばれる部品です。自動車の後方にライトがついていますが、その中でも車体後部中央の高い位置に独立して設置されています。今では街を走る多くの車に、このハイマウントストップランプが純正で取り付けられていますが、カスタムとしてかっこよく見せるために後付けとして購入する方も多いカスタムパーツの1つです。

そもそも何のために付いてるもの?

「補助制動灯」という正式名称の通りハイマウントストップランプは、「制動灯(ストップランプ)」と連動しています。ブレーキング中であることを後続車両に知らせ、追突を防止するパーツで、特に夕暮れ時などのテールランプが見えづらくなるシーンなどで活躍します。

ハイマウントストップランプが問題になることも

そんな安全装置として利点のあるハイマウントストップランプですが、後続車のドライバーの目の高さあたりに設置されている場合がほとんどです。それゆえに、ランプの種類によっては停車時や渋滞時などに点灯し続けてしまうと、後続車のドライバーの目を疲れさせてしまうこともあります。

また車種によっては、車の後方の収納スペースであるリアトレイの後端にハイマウントストップランプが設置されることもあります。このような場合には、ドライバーの後方視野を遮ってしまう可能性も。

出典:

ハイマウントストップランプの装着は義務なの?

では、ハイマウントストップランプは装着しないといけないのでしょうか?
かつてはカスタムなど車の見栄えを良くするために、”後付け部品として購入されていた”とお伝えしました。ハイマウントストップランプの電球が切れていても関係なく車検は通っていましたし、外していても車検に通せていました。
しかし、2006年から製造される全ての車に関しては、ハイマウントストップランプの装備が義務化されています。

2006年以降製造の車は義務

2006年以降に製造される全ての車にハイマウントストップランプの装備が義務化されたということは、故障してしまったからといってハイマウントストップランプを外して車検に通そうとしても車検には通らなくなった、ということです。

2006年以前の製造された車の場合は取り外して車検に持っていけば通すことができますが、取り付けている状態ではハイマウントストップランプの電球が1つ残らず点灯していなければなりません。

交換するときの注意事項

ハイマウントブレーキランプ

画像出典:

ハイマウントストップランプの交換は、車のカスタマイズに慣れている方なら1時間もしないうちに作業を終わらせることができます。とはいえ、そのハイマウントストップランプ交換は、一歩間違えると車検に通らなくなってしまうため注意が必要です。

色は赤色のみ!

ライトは基本的にLEDを利用します。LEDは、消費電力が少なくなり省エネに繋がる他、電球の持ちも良く交換の頻度も下がります。ライトの色も様々ありますが、「赤色」と決められています。”白”や”オレンジ”といった見た目がカッコいい色は選ぶことができません。

常時点灯はNG!

また、ハイマウントストップランプは「制動灯」と連動して点灯するように決められています。常時点灯するようにしてしまうと違法改造にあたる行為となるため、ハイマウントストップランプをいじる際には常時点灯しないように、制動灯と連動して点灯するようにしましょう。

電球は全て点灯しなければいけない

2006年以降製造の車の場合には、ハイマウントストップランプの電球が1つ残らず点灯していなければならなりません。1つでも電球がつかない場合には車検に通りません。

ハイマウントストップランプの取り付け方法

画像出典:
※車種によって取り付け方は異なります。

ハイマウントストップランプに関するクチコミ情報

それぞれのやり方でハイマウントストップランプの交換を行なっていますが、後続車に対する配慮も忘れずに、少しでも”眩しい”と感じてしまうほどの奇抜な製品は避けるようにしましょう。

さん(@naka_shio_r56)がシェアした投稿 –

さん(@rvell01)がシェアした投稿 –

さん(@ramens758)がシェアした投稿 –

まとめ

ハイマウントブレーキランプ

画像出典:

簡単に交換ができてしまうハイマウントストップランプだからといって、色を規定の「赤」以外にしたり、常時点灯するように改造すると車検に通らなくなってしまいます。ハイマウントストップランプを交換する際には、しっかり確認をしてから購入しましょう。

車検基準に関連する記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする