ETCの再セットアップ方法とは?必要になるケースや費用・注意点を徹底解説

 
"ETC再セットアップ"が必要な状況と対応方法をご紹介!現代の車の9割近くが導入していると言われているETC。中古車を購入した際にはETCの再セットアップが必要です。そんなETCの再セットアップの費用や注意点、セットアップが必要なケースをご紹介します。

ETCセットアップ

ETCの普及率が9割となり、今では中古車を購入した時や譲与された時でも、多くの車にETC車載器が備え付けられているかと思います。ETCが元より搭載されていること自体はありがたいのですが、この際にはETCの再セットアップが必要な場合もあります。

ETCの初期設定・セットアップ

ETC 再セットアップ 方法

画像出典:

ETCの車載器を自身でセットアップしたことがある人はご存知かもしれませんが、ETCを利用する際には、車固有の情報である車両番号などを紐付けしなければETCは利用することができません。この車両番号などの紐付けをセットアップと呼び、セットアップを行うことによって初めてETCが車両を認識し、料金計算などができるようになる仕組みです。

どんな時に再セットアップが必要か?

肝心のETCを再セットアップしなければいけないケースですが、車両を譲渡されたり中古車を購入したり以外でも、希望ナンバー制度を利用や引越しなどの登録変更をしてナンバープレートを変更した場合にも、再セットアップが必要です。
また、ETC2.0対応の車載器を搭載や変更をしたい場合にも再セットアップは必要になります。なお例外として、ETC付きの中古車を買ったけどナンバープレートはそのまま変更がない場合には、再セットアップは必要ありません。そのため、ほとんどの中古車売買の場合にはETCの再セットアップが必要となり、中古車販売店などであれば多くの場合は再セットアップされた状態で引き渡しをしています。その一方、個人売買など店舗を介さずに車両を入手した際には、再セットアップの手続きを自身で行う必要があります。

再セットアップしないと危険!

ETCの再セットアップを忘れて高速道路を利用すると、料金所のバーが開かないというケースもあります。急停車することになるので後ろから来た車に追突される場合もあるので、必ず再セットアップは行うようにしましょう。また、ETCの各割引サービスが受けれないこともあります。

画像出典:

次世代型ETC「ETC2.0」の最新情報はコチラ!

再セットアップの方法

ETC 再セットアップ 方法

画像出典:

では、再セットアップを行う際、自分一人でできるのだろうか?と不安の方も多いと思います。次にETCの再セットアップ方法についてまとめていきます。

店舗での再セットアップが必要

残念ながらセットアップは個人でやることは難しく、ETCセットアップ店として登録されているカーショップ(オートバックスなど大手カーショップなど)での手続きが必要です。
セットアップ店に登録されている場所であればどこでもセットアップをすることができますので、自宅の最寄りでも職場の最寄りでも、どこでもセットアップすることが可能です。なお、セットアップを個人ですることは不可能ですが、ETC車載器を店舗に出向かないで個人で取り付けることはできます。

オフラインセットアップ

セットアップ店であればで検索することができますので、オフラインでの設定が可能です。基本的に自動車販売店やディーラー、カー用品店などほとんどのお店がセットアップ店登録をしています。

しかし、オフラインセットアップは時間が1週間程度かかってしまうこともあり、急いでいる人にはおすすめできません。また、後述のオンラインセットアップよりも料金が高くなってしまうというデメリットもあり、注意が必要です。

オンラインセットアップ

ETC 再セットアップ 方法

画像出典:

セットアップのもう1つの方法がオンラインセットアップです。これは今のセットアップの主流で、急いでいる人にもオススメの方法です。セットアップ店がITS-TEAに車両ナンバーなどの情報を送信して、その情報を元に送られた方がデータを送り返す仕組みです。

すぐに利用したい方はオンラインセットアップがオススメ!

オンラインセットアップを利用する際には、セットアップ申込書に必要事項を記入して申し込みをします。利用者の情報を元に、オンラインセットアップ店が申し込み情報の入力をして、ITS-TEAに送信します。ITS-TEAは暗号化されたセットアップ情報を作成し、オンラインセットアップ店に送り返して設定が完了となります。店舗が利用者に引き渡しをしてから、利用者はETCが使えるようになります。
このやりとりは1時間かからない程度で、ものによっては10分もかからずに終わるため、その日のうちにETCを利用したい人にはうってつけの方法です。

しかし、こちらの方法は完全にオンライン上でのやりとりだけで完結するとは限らず、車を買い替えた場合や車載機を新車に取り付けた場合、車両情報の変更が必要です。その場合は車載機本体・電気コード・車検証のコピーなどを持っていかなくてはならない場合もあります。
郵送で対応してくれる店舗もあり、またセットアップが完了した車載機などを送り返してくれる店舗サービスを提供している所もあります。

再セットアップに必要な書類

ETC 再セットアップ 方法

画像出典:

再セットアップには、以下が必要です。

・セットアップ申込書
・車検証のコピー
・車載器管理番号
・本人確認書類(運転免許証など)

車載器の中には車載器本体にしか管理番号が書かれていないものもあり、車載器を車に取り付けてしまうと番号がわからなくなってしまうこともあります。車載器本体にしか番号がない場合には、車載器を取り付ける前にセットアップを行ってしまう方が、効率が良いでしょう。また、本人確認ができる運転免許証などの本人確認書類は必要ない場合もありますが、念のために持っていきましょう。

再セットアップにかかる費用

再セットアップにはどのくらいの料金がかかるのでしょうか?
お店によってセットアップにかかる料金は変わっていきますが、相場は3000円前後(取り付けが必要な場合は4000〜5000円程の工費が発生します)です。また、書類のやり取りなどが発生するオフラインセットアップでは、オンラインセットアップよりも手数料などがかかってしまう場合も。料金・時間を考慮するとオンラインセットアップで対応をしたほうがベターな選択でしょう。

ETC再セットアップに関するクチコミ情報

車の乗り換え時やナンバープレートの変更時に、ETCの再セットアップを行うことを知らない方が多くいるようです。ETCの再セットアップが必要な状況をNEXCOが詳しく公式HPで公開していますので、1度確認してみるといいでしょう。

ETC車載器が壊れかけてるのでETCについて色々と調べてる時に気づいたけど、住所変更で車のナンバーが変わると再セットアップというものをしないといけないという。そんなの知らなかったよ。今はナンバーを変える時に再セットアップのメモがついてくるんかな。この仕組みイマイチだね。

— じじさんま (@tacodesu)

オリンピック仕様ナンバーに交換したけどETCの再セットアップも必要だったのか💦

— Hiro (@hiro39gt)

【こんな時は再セットアップが必要です】
①ナンバープレートを変更した場合
②ETC車載器を他の車両へ付替えた場合
③車両をけん引できる構造に変更した場合
詳しくは

— NEXCO東日本(東北) (@e_nexco_tohoku)

まとめ

ETC 再セットアップ 方法

画像出典:

多くの方が中古車販売店で購入を行なっているため、ETC再セットアップをしなければならないということ自体を知らなかった方も多いのではないでしょうか。近い将来、消費税が10%に増税されることは明白であり、これまでの中古車購入の手段とは異なる個人売買などが活性化することが予想されています。その際には、多くの方がETCの再セットアップをしなければならない可能性がありますので、事前知識として是非覚えておきましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする