「デフロスター」と「デフォッガー」曇った窓に効果的な使い方とは?

 
デフォッガーとデフロスターを正しく活用していますか?そもそもこの機能を知らないという方もいるかもしれませんが、 両方とも曇りを取るための機能であり、明確な違いがあります。そんな今回は、デフロスターとデフォッガーの仕組みの違いと効果的を最大限に引き出す方法をご紹介!ちゃんと理解して曇り知らずのドライブを楽しみましょう。

車の窓ガラスが曇る理由

デフロスター

画像出典:

そもそもなぜ、車の窓ガラスが曇るのでしょうか?
窓ガラスの曇りの現象は、主に車内と外気温の差や湿度などによって発生します。例えば、雨天時に車内の湿度が高まり車内の空気中の水分量が飽和状態になってしまうと、空気中に含んでおくことができなくなった水分が、窓ガラスの内側に結露という形で放出されるため窓ガラスが曇ってしまいます。またその他にも、埃やタバコのヤニなど汚れを媒介とした水分の付着が原因となっている場合もあります。

自動車の曇り止め「デフロスター」と「デフォッガー」

目的が同じため、混同されることも多い「デフロスター」と「デフォッガー」ですが、仕組みと担当範囲に明確な違いがあります。どちらも、窓ガラスの結露などによる曇りを取り除き、視界確保するための装備です。

フロントを担当するデフロスター

さて、そんな厄介な窓ガラスの曇り止めとして、自動車に設置されているデフロスター。
デフロスターという名称だけ聞いてもピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、車のエアコン操作パネル付近にある、枠の中から湯気が立ち昇っているようなマークのボタンがデフロスターのスイッチです。

直訳すると「霜を除去する」という意味を持つデフロスターは、エンジン内部の熱を利用して温風を送り出す機能。ONにすると、フロント窓ガラス下部やサイドウインドウのドアミラー付近からの送風により、結露した窓ガラス面の水分を乾燥させ、窓ガラスの曇りを除去してくれます。

マークは扇型に3本の波線

デフロスター

画像出典:

リアガラスを担当するデフォッガー

デフロスターがフロントウインドウの曇りをとるのに対し、デフォッガーはリアウインドウの曇りを取ります。
直訳すると「霧を除去する」という意味になり、ウインドウに貼り付けられた電熱線を利用して曇りを取り除きます。
消費電力が高くバッテリー上がりの原因にもなるため、ディーラーではなるべく使わない方がいいと説明されることもありますが、一定時間で自動OFFになる車も多いため、曇りがひどい場合にはあまり気にせずに使うようにしましょう。

マークは長方形に3本の波線

デフォッガー

画像出典:

車によっては、長方形の下に“REAR”と記載があるものもあります。これなら便利ですね。

デフロスター、デフォッガーの効果的な使い方

デフロスターとデフォッガーはとても便利な機能ですが、デフロスターをONにしても曇りが取れず、前方の視界が悪いまま運転していた…というケースも少なくありません。
実は、デフロスターとデフォッガー機能は、ポイントを抑えることで効果的に利用することができます。
さっそく手順をご紹介していきましょう。

(手順1)デフロスター、デフォッガースイッチをONにする

まずは、デフロスターをONにします。この時、内外気の切り替えレバーを外気導入に切り替えます。車内の湿気がこもりやすい内気循環ではなく外気を取り入れることで、早く窓ガラスの曇りを取る環境を作ります。

(手順2)温度を高く、風量を強めに設定する

温度と風量の調整ダイヤルを回し、温度は高め、風量は強めに設定します。また、送風の位置を切り替えられる場合は、フロントウインドウ側に設定します。

(手順3)エアコンスイッチ(A/Cボタン)をONにする

エアコンがOFFのままでは除湿機能が上手く働きませんので、エアコンをONにすることで湿度を下げ、短時間で効果的に窓ガラスの曇りを取り除くようにしましょう。こうすることで相乗効果がうまれ、窓ガラスの曇りが取れた後もクリアな視界を維持することができます。
ちなみにオートエアコンの場合は、デフロスタースイッチに連動して自動で除湿機能が作動するようになっています。

⚠長時間の使用は注意を

デフロスターやデフォッガーによって窓ガラスの曇りの悩みが解決しますが、長時間使用してしまうとバッテリーが上がってしまうこともあるため、必要と感じた際は一時的な対処法として使用すると良いでしょう。なお、近年はタイマー式のデフォッガーを装備した車が多いです。

デフロスター、デフォッガーに頼る前にエアコンを

車 エアコン 01

画像出典:

デフロスター、デフォッガーは曇り取りに有効ですが、そもそも曇りが発生しない状況を作ることが最善の対処です。雨の日は曇る前にエアコンをオンにすることで大部分を防ぐことができるため、もったいないと思わずに活用するようにしましょう。

事故を引き起こすことも…

凍ったフロントガラスにお湯をかけて曇りを取り運転していたところ、寒さで窓が曇り死亡事故を引き起こした…という事例が過去にもあります。デフロスターとデフォッガーを活用してきちんと対処するようにしましょう。窓ガラスが曇ってしまった場合は、前方をしっかりと確認できる様になってから動き出すことを心がけるといいです。

参考動画

出典:

クチコミ情報

最近後輩が乗ったトラックほぼほぼ、このクソ寒いのにACスイッチ入ってる。
聞いたら「曇るからエアコン入れてます」そら内気循環にしてたら曇るて。
普通 外気循環にしてデフロスターかけたらエアコン入れんでも曇らんし、それで曇ったら窓汚れてる証拠。
社長知ったら激怒やぞ!

— はっしゃん@RS-DJE (@junhassy)

寒さで曇るなら温風窓に当てるよな普通

雨の湿気で曇ったら外気にしてデフロスターは基本だぞ
テストに出るから覚えておくように

— s.e.f (@s_e_f_02_)

窓の曇りはデフロスターでなんとかなりますが…
この寒い時期にウォッシャー液が入ってない状態でウォッシャー出すと一気に凍ってしまい前が全く見えなくなる場合あるのでそちらの方もしっかりやらないと危険ですよ。
でもくれぐれも自作のウォッシャー液はやめて下さい。

— まつげ (@eyelashes_king)

デフロスターの使い方次第で窓ガラスが割れることも…

デフロスターを利用したことで窓ガラスが割れるというケースもあります。エンジンを暖めるために30分ほど暖気運転(エアコンをつけない)する方もいるかもしれませんが、この状態でデフロスターもONにしてしまうと窓ガラスが割れやすくなるとのこと。これは寒冷地などの冷え込んだ際に起こりうる状況ですが、窓ガラスに50度以上の暖気がしばらく当たると、熱湯をかけた時と同じ現象になるそうです。
滅多に起きないことですが、念のため覚えて置くといいでしょう。

フロントガラスの雪をデフロスターで融雪したら・・・新たなヒビが生まれた・・・交換するハメに・・・余裕ある時で良かったわ(´;ω;`)

— ぢぁーみん (@ja_mmin_g)

まとめ

車 結露 01

画像出典:

デフロスター、デフォッガーは厄介な窓ガラスの曇りに対処できる便利な機能です。効果的に正しく使って、安全で楽しいドライビングを心がけましょう。
また、日頃から窓ガラスを専用クリーナーなどで清潔に保っておくことで、曇りにくい環境を作ることもできます。特に梅雨の時期は雨や湿気により、窓ガラスが曇ることが多くなるため、事前に対策しておくことをオススメします。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする