日本では2020年までに実現する?自動運転「レベル3」を徹底解説

 
2020年までに「レベル3」の自動運転を実用化していく日本の自動車メーカー。日本の自動運転技術については、日産が開発した「プロパイロット」が代表例として上がりますが、世界に遅れを取っていることは間違いありません。そんな今回は、2020年に日本で実用化が期待される自動運転「レベル3」について解説していきます。

日本の自動運転技術

日産・リーフ

画像出典:

日本の多くの自動車メーカーは、2020年までに「レベル3」の自動運転の実用化実現の為に着々と技術開発を進めてきています。日本の自動運転技術については、日産が開発した「プロパイロット」が代表例として挙げられます。今回は「レベル3」の自動運転について解説していきます。

日産の自動運転技術「プロパイロット」

画像出典:

「レベル3」の自動運転とは?

自動運転・レベル3

画像出典:

自動運転と一口に言っても、全ての操作を運転者が行うレベル0から、完全に自動で走行するレベル5まで分けられています。「レベル3」はいわゆる「条件付き自動運転」で、車線維持や車間距離維持、加速や減速などを自動で行うというものです。多くの機能が自動で制御されますが、緊急時などには運転者が対応する必要があります。

日本の自動運転技術の開発状況

自動運転 セレナ

画像出典:

ちなみに、日産「セレナ」に搭載されている「プロ・パイロット」は自動運転レベル2に相当します。2017年現在の日本については、自動運転技術が搭載された市販モデルは最高でもレベル2までとなっています。

自動運転車が事故を起こした際の責任

現在のところは、レベル2までは運転者が「監視義務及びいつでも安全運転ができる態勢」を保つ必要があり、事故等があった場合の責任は運転者が負うことになっています。しかし、「レベル3」についてはまだ曖昧な状態にあるようです。警察庁によると、「レベル3については、交通事故などの予見可能性、結果回避可能性があるかどうかによる」とのことで、必ずしも運転者の責任になるとは言い切れないようです。

出典:

テスラに続く悲惨な事故が発生!Uber(ウーバー)の自動運転車

2018年3月には、配車サービスとして有名なUber(ウーバー)の自動運転車が、死亡事故を起こすショッキングなニュースが話題となりました。この事故も運転者がどのような責任を負うのか、様々な意見が飛び交っています。

自動運転車のシステムに異常が起きた場合

もしシステム上に何らかの問題が発生した場合、スマホやパソコンであれば再起動することで解決することもあるかもしれません。しかし、高速道路を走行中の自動運転車の挙動がおかしくなった場合を考えると、恐怖を感じる方も多いのではないでしょうか。運転者が異変に気付いて簡単に介入できるのであれば良いですが、それすらも受け付けない状態になることもあるかもしれません。

悪天候でも走行可能へ

雪道や濃霧といった悪天候である場合でも、問題なく自動運転できるのか?という疑問もあります。こちらに関しては、三菱電機が準天頂衛星「みちびき」を利用した自動運転技術を開発中。車載カメラが道路の白線を検知できなくても、「みちびき」から送信される測位信号と地図情報(3D)により安全に自走できる仕組みを構築しています。
また、日立オートモティブシステムズでは、ステレオカメラと車載カメラを屈指したシステムを開発中です。これは、カメラで撮影した車両周囲の画像とGPSの情報を擦り合わせることで車線が途切れた場合でも自車位置が推定できるもの。どちらの技術も2020年の実用化を目標としています。

画像出典:

自動運転技術について今後の日本の展開

自動運転・レベル3

画像出典:

現在日本を代表する自動車メーカーは、「レベル3」での自動運転について以下のような計画を発表しています。

トヨタ

自動車専用道路での「レベル3」相当の自動運転技術「Highway Teammate」を実用化する予定です。

日産

「レベル3」相当の自動運転技術「プロパイロット3.0」を実用化する予定です。

ホンダ

高速道路での「レベル3」相当の自動運転技術を実用化予定。後に一般道での実用化も計画しています。

画像出典:

なお、3社とも2020年までの実用化を目標としており、現在開発中とのことです。海外では、テスラを始め「レベル3」の自動運転技術を搭載したモデルが既に販売されており、日本はそれを後追いしていく形となります。

【追記】自動運転”レベル3″のアウディ「A8」が2018年に販売へ

テスラ同様に自動運転技術で世界をリードするアウディは、AI(人口知能)機能付きの自動運転レベル3(”Audi AIトラフィックジャムパイロット”)搭載モデル「A8」を2018年に販売する予定です。また、法整備が整っているドイツでは、世界の技術基準をクリアするだけの段階まで差し掛かっており、販売することになれば、自動車専用道路(時速60km以下)でレベル3を体現することができるそうです。

日本では、まだ法整備が整っていないため”レベル2″のみを搭載した「A8」が導入されますが、いずれにせよ世界の遅れを取り戻すためにも技術の発展は必須となりそうです。

画像出典:

自動運転”レベル3″に関するクチコミ情報

自動運転”レベル3″については様々な意見が寄せられています。ちなみに、政府は2020年までに自動運転”レベル3″を高速道路で走行させる他、完全自動運転となる”レベル4″対応の無人バスサービスも東京・オリンピックに合わせて展開していくと公言しています。

自動運転のルール❺
・自動運転の国際ルールはこれから
・日本は国連自動運転分科会で英国と議長を務めているが、レベル3自動運転の安全基準づくりをはじめたところ。「一定条件下で運転を完全自動化するレベル4」の協議開始時期はこれから

— asia_japan_tokyo (@asia_japan_tyo)

新型A8 日本で自動運転レベル3はあかんくてレベル2で発売かよw
なにやってるんだ日本!がんばれ

— M CA (@moto12toransu)

RT
海外では自動運転レベル3。一方日本の「ハンドルから手を離して65秒たったら手動運転に戻る」とかいう意味不明な規制。手を離してて手動になったら余計危ないだろ・・・

— runo (@runochecv)

人間が一切運転しない完全自動運転(レベル4)と人間が補助的に運転するレベル3、日本ではレベル3よりレベル4の方が危ないという議論らしいがアメリカではむしろレベル3の方が中途半端で危ないというのが常識らしい。そりゃそうか。

— Hydeさん@全員置き去りツィート (@irelandway)

まとめ

自動運転

画像出典:

SFアニメなどで、21世紀の未来はタイヤのない車が走り回っていたりしましたが、徐々にその未来に近付いていることは間違いないでしょう。運転好きの方にとって「自分で操縦する喜び」が完全に無くなってしまうのは寂しいことかもしれません。しかし、自動運転技術の進化によって事故やトラブルが無くなり、ストレスの無いドライブが可能となることは人類にとって非常に大きな進歩と言えるでしょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする