車のガラスに貼ってある「保管場所標章」にはどんな意味がある?剥がしても大丈夫?

 
自動車の保管場所届出申請をした際に交付される円形シール「自動車保管場所標章」。よく後部座席に貼り付けている方が多くいますが、「保管場所標章」とは一体何なのでしょうか?そして剥がすことは可能? 今回はそんな「保管場所標章」について徹底解説します!

車に貼る標章

自動車にはいくつかの標章を貼らなくてはならないものがあります。車検の有効期限を表す切手より少し大きめのサイズの「検査標章」などは貼らなければなりません。この「検査標章」などのように貼らなければ罰金となってしまうものもあります。

A post shared by はっぴーぱんだ (@happy_panda717) on

保管場所標章とは?

保管場所標章

画像出典:

それでは、「保管場所標章」はどうなのでしょうか?
「保管場所標章」は「車庫証明ステッカー」などと呼ばれることもあります。円形のステッカーで一般的にはリアガラス内側に貼っている人が多いですよね。「保管場所の証明書」が発行された時や、電子情報による通知を行った時に、自動車の保管場所の届け出が受理され、警察庁によりこの「保管場所標章」が交付されます。

なんのための標章?

この「保管場所標章」とは一体何のための標章なのでしょうか?
車庫証明を取得する際に必要で、車庫なしで車が購入できないようにするシステムになっています。また、路上に駐車していたりした際に車庫飛ばしや道路を車庫代わりに使用するのを防ぐために導入されました。

剥がしてもいいものなのか?

ではこの「保管場所標章」は剥がしてもいいものなのでしょうか?車にこだわりを持っている人は、デザインもいまいちだし貼りたくないと思うのではないでしょうか?

車庫法で貼り付けが義務付けられている

「保管場所標章」は自動車保管場所の確保等に関する法律によって貼り付けを義務化されています。

第六条2項 保管場所標章の交付を受けた者は、国家公安委員会規則で定めるところにより、当該自動車に保管場所標章を表示しなければならない。

出典:

このように「保管場所標章」は国家公安委員会規則で定められている通り、当該自動車に貼り付けが義務付けられていますね。

貼り付ける場所も決まっている

なお、場所に関しても以下のように定められています。

第七条 保管場所標章の表示は、当該保管場所標章を当該自動車の後面ガラスに、当該保管場所標章に表示された事項が後方から見やすいようにはり付けることにより行わなければならない。

出典:

貼り付ける場所は、リアガラスと指定されているのでリアガラスに貼るようにしましょう。なお、場所が指定されていないからといって視界の妨げになる場所に貼るのは避けましょう。
また、リアガラスがない車やリアガラスに貼っても見えづらい車に関しては左側にはるように指示されています。

実は罰則はない

保管場所標章

画像出典:

しかしこの「保管場所標章」は貼るように義務付けられていますが、貼らなかったらどうなるのでしょうか?
最近は車を購入する際にディーラーに「車検証と一緒に入れておけばいい」「貼らない人の方が多い」といわれることもあるようです。というのも、実はこの「保管場所標章」は車庫法では貼っていない場合の罰則については何も定められていません。このため別に貼っていなくても罰金が発生したりということはありません。警察官に注意される際も口頭で注意される程度だそうなので、特別罪に問われることはありません。

度が過ぎると罰則を受けることも!

ですが、車庫代わりに道路を使用したり、長時間道路に駐車していると罰則を受ける可能性もありますので覚えておくと良いでしょう。

違反対象 ①車庫代わりに道路を使用した場合
②道路上で長時間駐車
③保管場所不届/届出を虚偽
罰則 ①3ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金
②20万円以下の罰金
③10万円以下の罰金
違反点数 ①3点
②2点
③–

紛失した場合は再発行可能

「保管場所標章」は貼らずに保管をしていたら無くしたという方もいるかもしれませんが、再発行ももちろん可能です。警察署にて再交付申請用紙を記入し、再発行手数料500円を支払えばもらうことができます。また、「保管場所標章」が劣化して新しいものを貼り直す場合は以下のような手順で綺麗にステッカーを剥がしてみるといいかもしれません。

画像出典:

まとめ

自分の車にこだわっていたり、ダサいからつけたくない、という人が多いと思われます。貼らなくても罰則に問われることはありませんが、「保管場所標章」を貼ることは義務とされていることだけは忘れないようにしましょう。

画像出典:

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする