スズキ「ワゴンR」VSホンダ「N-WGN」どちらを買うべき?人気軽自動車を徹底比較!

 
日本の軽自動車市場で安定した人気を誇るスズキ「ワゴンR」とホンダ「N-WGN」。両モデル共に異なる性能で、どちらを買うべきか悩んでしまう「ワゴンR」と「N-WGN」を、スペックや価格などから徹底比較します!広瀬すずのCMで話題の新型「ワゴンR」がやっぱり人気...?

販売台数から見る人気度ではスズキ「ワゴンR」が上位!でもほぼ互角?

2017年度(1月~12月)の軽自動車種別売上ランキングでは、スズキ「ワゴンR」の販売台数は114,711台。一方のホンダ「N-WGN」は75,591台でした。「ワゴンR」は2017年2月にフルモデルチェンジを行い、8月にMTモデルを設定するなどして話題を集めた点が背景として考えられます。今後の動き次第では、「ワゴンR」と「N-WGN」はほぼ互角の勝負となるのではないでしょうか。

スズキ「ワゴンR」を動画で確認

出典:

参考グレード

参考グレード 660 ハイブリッド FX
車両型式 DAA-MH55S
出典:

ホンダ「N-WGN」を動画で確認

出典:

参考グレード

参考グレード 660 G
車両型式 DBA-JH1
出典:

ボディサイズはほぼ互角

Nワゴン

画像出典:

ボディサイズについては、両モデルほとんど同じです。なお、新型「ワゴンR」には「HYBRID FZ」「HYBRID FX」「FA」の3タイプありますが、ボディサイズは全て同じです。ともに運転しやすいサイズで、日本の道路環境でも十分に力を発揮します。

スズキ「ワゴンR」のボディサイズ

全長×全幅×全高 3,400mm×1,480mm×1,650mm

ホンダ「N-WGN」のボディサイズ

全長×全幅×全高 3,400mm×1,480mm×1,660mm

走行性能は「N-WGN」に軍配

ホンダ・N-WGN

画像出典:

特に夜間などに走行する際に気になるのが騒音です。「ワゴンR」に搭載されているエンジンは高い静粛性が実現されているうえに、坂道発進時にも後退しないパワフルさも兼ね備えています。一方の「N-WGN」にはターボエンジンが搭載されており、高速道路でのインターチェンジからの合流もスムーズです。また、電動パワーステアリング制御システムも採用されているため「ハンドルが軽すぎて運転がしにくい」という悩みも解決されています。静粛性の高い「ワゴンR」も優秀ですが、総合的に比較すると「N-WGN」に軍配が上がります。

スズキ「ワゴンR」の走行性能

エンジン 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 52ps
最大トルク/回転数/rpm 60Nm(6.1kgm) / 4,000rpm

ホンダ「N-WGN」の走行性能

エンジン 直列3気筒DOHC
総排気量 658cc
最高出力 58ps
最大トルク/回転数/rpm 65Nm(6.6kgm) / 4,700rpm

燃費性能は「ワゴンR」が優位

「ワゴンR」は、ISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを搭載している点が特徴的です。これにより、アクセルペダルから足を離した際に車が動く「クリープ現象」を利用して発電が行われており、低燃費が実現しています。一方の「N-WGN」も29.4km/Lと高い燃費性能を誇りますが、「ワゴンR」が大きくリードしています。

スズキ「ワゴンR」の燃費性能

燃費性能 33.4km/L

ホンダ「N-WGN」の燃費性能

燃費性能 29.4km/L

快適性の高い「N-WGN」に軍配

「ワゴンR」に標準装備されている全方位付きナビは画面も大きく、視認性の高さは魅力的です。室内空間についても、軽自動車の中ではハイクラスの仕上がりです。一方の「N-WGN」はホンダ独自技術「センタータンクレイアウト」を採用し、大人4人でもくつろげるスペースが実現されています。また後部座席を一番後ろに下げてもストレス無く使用できる、十分な荷室スペースも確保されています。日常使いとしては「N-WGN」がおすすめでしょう。

スズキ「ワゴンR」のデザイン

スズキ・ワゴンR

画像出典:

ホンダ「N-WGN」のデザイン

ホンダ・N-WGN

画像出典:

安全性能では「ワゴンR」が圧倒的にリード

安全性能では、”デュアルセンサーブレーキサポート(オプション設定)”を初採用した新型「ワゴンR」が圧倒的に優れていると言えるでしょう。新型「ワゴンR」は、フロント部分に設置された単眼カメラとレーダーにより、車だけでなく歩行者や車線もしっかり検知することが可能。「ワゴンRスティングレー」に関しては、ハイビームとロービームを自動で切り替える”ハイビームアシスト機能”も搭載されており、軽自動車とは思えないほど充実した内容です。

もちろん、「N-WGN」にも自動ブレーキが採用されていますが、新型「ワゴンR」と違い歩行者を認識することができません。安全性にこだわりたい方は、新型「ワゴンR」がオススメです。

「ワゴンR」の安全性

出典:

「N-WGN」の安全性

出典:

安さで選ぶなら「ワゴンR」

販売価格については「ワゴンR」が大きくリードしています。「N-WGN」も同クラスとしては求めやすい価格設定ですが、「ワゴンR」には劣ります。さらに「ワゴンR」は2017年2月にフルモデルチェンジしたことにより、先代モデルの中古価格も値下がり傾向にあります。費用をなるべく抑えたい、という方には「ワゴンR」がおすすめです。

スズキ「ワゴンR」の販売価格

車両販売価格(税込み) 1,170,000円〜

ホンダ「N-WGN」の販売価格

車両販売価格(税込み) 1,380,000円〜

口コミ情報

スズキ「ワゴンR」の口コミ

新型ワゴンR,
結構良いすよ

— 江藤 大雅 (@TaigaonsokuNo1)

今年は買ってばっかだなw
スズキのワゴンR、今はテスト週間中だから乗らないけど、乗って練習して、ペーパードライバーを卒業するぞ!

— nekozukiponta(情報工中西) (@nekozukipontax)

ワゴンRの燃料計がめちゃリニアなのでご紹介!
まず、現行型HYBRID FXですが、満タンから251.8km走って4メモリ減ってます。
で、平均燃費が23.2km/L。タンク容量27Lなので、1メモリ2.7Lと仮定。
2.7L×4=10.8L ×23.2km/L=250.6km!!
ほぼ一致!
燃料計の減り方の常識を覆すワゴンR!

— S寺男 (@suzukiterao)

ホンダ「N-WGN」の口コミ

ホンダ・N-WGN Nシリーズ第四段。こちらがライフの後継で、N-ONEはゼストの後継になるらしい(逆だと思ってた 全体的にシャープで卒無く纏まって、SAエンジンの気持ちのいい走りで、安定した売り上げ。こういう車って案外作るの難しいはず。

— 偏見で車を語るbot (@henken_car)

N-WGN 快適〜♪

親父のエルグランドと2台まとめてタイヤ交換へ!!

— あややん△カワウソ (@TANiYAN0525)

ちょっと暗くなってきてもう一度、港に行って「N-WGN」の写真撮りました。(写真撮ってたら雪降ってきて寒かった。-3℃だった)

— 雅稀 (@masakijza80)

まとめ

スズキ「ワゴンR」とホンダ「N-WGN」を比較しましたが、いかがでしたでしょうか。燃費性能や販売価格で選ぶのであれば「ワゴンR」、走行性能や快適性で選ぶのであれば「N-WGN」がおすすめです。もしも選ぶ基準で悩んでいる方は、実際に試乗して確かめると良いでしょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする