cosmetic-dentistsマガジン

スズキ新型「カプチーノ」18年ぶりに復活なるか?4WD軽スポーツ開発の真相に迫る

ニュース

スズキ4WD軽スポーツを開発中!次期「カプチーノ」となるか?

2017年6月2日

スズキが「カプチーノ」の後継と思われる軽オープンカーを開発中との情報が入ってきました。

こちらは公式の発表ではありませんが、今年の頭から噂されてきた「カプチーノ」の復活は現実を帯びてきたと各メディアで報じられています。 なお、この軽オープンカーに「カプチーノ」の名が引き続き使用されるかは現在のところ不明です。

予想レンダリング画像

新型カプチーノめっちゃかっこいいなー( ̄▽ ̄)
欲しいなー、

— 井上一浩 (いっこう) (@BxGik2s)

そういや新型のカプチーノって
どうなったのやら

— 音響㌠@よっちゃん (@onkyo22yoshiki)

ホントは今年こそ新型カプチーノの発表あると思って来たんやけどなぁ残念や
毎年毎年「来年登場か?」と釣られてるしもういい加減S660に浮気しちゃおうかな

— Fuzita64G@四捨五入で30歳 (@Fu64G)

パワートレーンは「アルトワークス」と共有

次期型「カプチーノ(仮)」はエンジンとプラットフォームを「アルトワークス」と共有し、4WD車として登場するとみられています。エンジンは0.66リッター直列3気筒ターボで最高出力64ps、最大トルクは10.2kgf。トランスミッションは5MTと5AGSの設定が有力です。軽量化され4WDとなったことで挙動がどのように変わるのか注目が集まっています。
エクステリアにおいては先代の可愛らしい印象からスポーティな顔つきに変わるとされており、ネット上では予想レンダリング画像も上がっています。価格は共有プラットフォームであることから少し抑え目の160万円〜210万円程度になるとみられています。

画像出典:

▲プラットフォームを共有する「アルトワークス」軽量ながらパワフルな走りが魅力

新スポーツ御三家形成なるか?

かつて軽スポーツ御三家と呼ばれたスズキ「カプチーノ」ホンダ「ビート」マツダ「AZ-1」のうち、ホンダはすでに後継車として「S660」を発表しています。これがカーオブザイヤーで2位を獲得するほど好評でしたから、次期型「カプチーノ」も大きな話題となることは間違いないでしょう。是非復活してダイハツの「コペン」と合わせて新軽スポーツ御三家を形成してほしいものです。

画像出典:

▲ホンダ「S660」

新型「スイフト」ロードスター版のレンダリング画像が公開!

海外では、新型「スイフト」をロードスター版に仕立てたレンダリング画像が公開されており、これが「カプチーノ」になるのではないかと言われています。現実的ではありませんが、この発想は面白いですね。

画像出典:

スズキ軽スポーツ「カプチーノ」18年ぶりに復活か

2017年2月21日

90年代後半まで販売され人気を博していたスズキの軽スポーツカー「カプチーノ」が、新型モデルとして復活するとの情報が入ってきました。

今回販売される新型「カプチーノ」は、スズキ「アルトワークス」に搭載されている「直列3気筒ターボエンジン」を採用し、駆動方式は先代とは異なる4WD車として生まれ変わることが予想されています。また、トランスミッションは「5速MT」と、自動ブレーキやアイドリングストップ機能を搭載した「5速AGS」の2種がラインナップされる模様。
気になる販売価格は、ライバル車のダイハツ「コペン」やホンダ「S660」を見据えた160万円〜210万円前後になると予想されています。販売時期に関しては2018年の秋頃と言われていますが、開発速度の早さに定評があるスズキであるため、もう少し速くなる可能性もあります。かつて一斉を風靡した名車「カプチーノ」ですが、本当に復活するのでしょうか?

スズキ新型カプチーノ予想スペック

エンジン 直列3気筒DOHCターボエンジン
総排気量 660cc
最高出力 64ps
最大トルク 10.2kg.m
トランスミッション ①5速MT
②5速AGS
駆動方式 4WD
燃費 22.0km/L
販売価格 160万円〜210万円
画像出典:
記事出典:

概要

スズキ「カプチーノ」ってどんな車?

「カプチーノ」はスズキが1998年まで販売していた軽スポーツカーです。スポーツカーのような見た目と本格派な走行性能が特徴的でバブル期には、ホンダ「ビート」マツダ「AZ-1」と並んで人気を博していました。軽自動車の規制が厳しくなったことやバブルの崩壊をきっかけに姿を消しましたが、今なお数多くのファンが存在しており、復活が望まれる車の一つです。

画像出典:

スズキ「カプチーノ 660(旧モデル)」の走行動画

画像出典:

「カプチーノ」が”スープラ”に?!摩訶不思議なカスタムモデル登場

過去には、NATS(日本自動車大学校)の学生たちが手掛けた「カプチーノ」のカスタムモデルも登場しています。「CHILD SPEED 660GT」と呼ばれるこの一台は、映画『ワイルド・スピード2』に登場するゴールドカラーの”スープラ”を意識してカスタマイズされたとのこと。”スープラ”をそのままミニサイズにした形ですが、中々味のある雰囲気であるため、オークションで出品すれば高値で落札されそうです。

画像出典:

「カプチーノ」に関するクチコミ情報〜インスタグラム編〜

さん(@kangoo.yuki)がシェアした投稿 –

さん(@w123_dannasan)がシェアした投稿 –

さん(@dorikame55)がシェアした投稿 –

スペック

スズキ新型「カプチーノ」スペックとライバル車比較

スズキ新型カプチーノ予想スペック

エンジン 直列3気筒DOHCターボエンジン
総排気量 660cc
最高出力 64ps
最大トルク 10.2kg.m
トランスミッション ①5速MT
②5速AGS
駆動方式 4WD
出典:

スズキ「カプチーノ660 ベースグレード(※旧モデル)」

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3295×1395×1185mm
車両型式 E-EA21R
エンジン 水冷直列3気筒DOHC12バルブICターボ
最高出力 64ps
最大トルク 10.5kmg
駆動方式 FR
トランスミッション 5速MT
3速AT
出典:

ライバル車:ホンダ「S660α」

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395×1475×1185mm
車両型式 ホンダ DBA-JW5
エンジン 水冷直列3気筒DOHC
最高出力 64ps
最大トルク 10.6kmg
駆動方式 MR
トランスミッション 6速MT
7速AT
出典:

燃費性能

スズキ「カプチーノ」燃費とライバル車比較

新型「カプチーノ」予想される燃費

燃費 22.0km/L
出典:

スズキ「カプチーノ660(※旧モデル)」

燃費 17〜20km/L(JC08モード)
出典:

ライバル車:ホンダ「S660」

燃費 21.2〜24.2km/L(JC08モード)
出典:

インテリア

シンプルで快適な空間

「カプチーノ」の内装は、全体的にシンプルな作りが特徴的となります。2シーター採用のスッキリとした構造となり、オープンカーならではの軽快なドライブを楽しむことができます。

画像出典:

エクステリア

可愛らしくスポーティな外観

小柄ながらスポーツカーのようなフォルムを持つ「カプチーノ」。丸型のヘッドライトが可愛らしさを演出しており、見ているだけも楽しい気分になれます。

画像出典:

新型「カプチーノ」の予想デザイン

さん(@ma_taka_)がシェアした投稿 –

販売価格

スズキ「カプチーノ(※旧モデル)」の価格とライバル車比較

新型「カプチーノ」予想販売価格

販売価格 160万円〜210万円
出典:

スズキ「カプチーノ(※旧モデル)」

販売価格(税込) 1,458,000円〜1,586,000円
出典:

ライバル車:ホンダ「S660α」

販売価格(税込) 1,980,000円〜2,180,000円
出典:

販売時期

スズキ新型「カプチーノ」は、2018年秋頃が予想されています。

関連記事

https://dekorde.com

best-cooler.reviews

militarycenter.com.ua