車のフロアマットの清掃、簡単で正しい洗い方って?便利グッズもご紹介!

 
車のフロアマットを掃除する際に、綺麗にしてくれる便利グッズや簡単にできるお手入れの方法をご紹介! 車を足元の汚れから守ってくれるフロアマットは、土砂・ダニの死骸・細菌など見えない汚れもあります。車のフロアマットを正しい洗い方で定期的に清掃しましょう!

フロアマットの洗浄、清掃手順とは?

フロアマット

画像出典:

フロアマットにつく細かなゴミが気になってきた際の掃除で思い浮かぶのは、掃除機をかけることではないでしょうか?
しかし、フロアマットにはダニやホコリ、細菌など目に見えない汚れも沢山ついています。フロアマットを掃除する際には、以下の手順で徹底的に綺麗にして、いつでも清潔な車内を目指しましょう。

清掃手順

1.ゴミを取り除く
2.フロアマットを洗う
3.フロアマットを乾燥させる

それでは、清掃手順を具体的に説明していきます。

【ステップ1】フロアマットからゴミを取り除く

フロアマット

画像出典:

フロアマットを外す前に、まずは大きいゴミや砂利などを取り除きます。簡単に手間なく綺麗にするなら掃除機が便利!
車内の掃除をする時に限らず、何かをこぼしてしまった時にもさっと吸い取れるため、小型の掃除機を積んでおくと便利です。

大まかなゴミの除去ができたところで、フロアマットを外します。前日に雨が降ってフロアマットが濡れている場合には、まずは天日干しで乾燥させましょう。また、掃除機で取り除けなかったゴミなどは、布団たたきを使用して叩き落とします。フロアマットを外した車内にも掃除機をかけることを忘れないようにしましょう。

おすすめ商品

・ダイソン「V6 Car+Boat Extra」

抜群の吸引力に定評がある、ダイソンのコードレスハンドクリーナーです。小回りが効く軽量さに加え、延長ホースなどの多機能ノズルでハンドルの下などの狭い空間も楽に掃除できます。充電式のコードレスタイプで移動も楽々です。

・ブラック&デッカー 車用クリーナー「ピポットオート」

回転ノズルとアクセサリーで、車内の隅々までお掃除できる優れもの。サイクロン方式でパワフルかつ長時間の連続稼働が可能です。ノズルは折りたたみ式ですので、場所も取らずコンパクトに収納できる点が魅力です。

・FUKAI「充電池式ウエット&ドライハンディクリーナー」

市販の充電池でお手軽に使えるハンディタイプのクリーナーです。乾湿両用で液体も吸引できるため、さっとお掃除するのに便利です。リーズナブルでお買い求めやすいのも魅力の1つ。

その他便利グッズ

コロコロ

画像出典:

掃除機よりも簡単かつリーズナブルに綺麗にしたい、という方にはコロコロなど自宅でも使えるお掃除グッズが便利です。車内でも場所をとらないような、ミニタイプのコロコロなどの小型アイテムが比較的人気です。通常タイプのコロコロであればドラッグストアや100均でも手に入るため、あまりお金を掛けたくないという方にもおすすめです。

ファブリーズも使える!

ファブリーズ

画像出典:

また、ゴミだけでなく臭いや細菌が気になる、という方にはファブリーズなどの除菌もできる消臭スプレーがおすすめです。車内用に1本ストックしているという方も多いのではないでしょうか。

【ステップ2】フロアマットを洗う

フロアマット

画像出典:

車のフロアマットは、水で洗い流し細かいゴミを払うことからはじめます。それから洗剤とブラシを使って洗っていきます。専用の洗剤がない場合は衣料用洗剤でも代用ができますが、清掃用に車用品専門店であらかじめ準備しておくことをおすすめします。洗い終わったら水でしっかり洗剤を流します。

フロアマットの洗い方を動画で確認

出典:

【ステップ3】フロアマットを乾燥させる

フロアマット

画像出典:

最後は濯いだフロアマットを天日干しで乾燥させます。1日干して完全に乾いたらフロアマットを車内に設置します。生乾きのまま設置してしまうと折角洗ったのにニオイの原因になったり、細菌増殖の原因にもなったりするため、乾燥は念入りにしておくことがベストです。

ここまでが洗浄の手順です。
基本的には簡単に洗浄でき、1日あれば終えることができます。水で洗浄することでダニや細菌などの細かい汚れも除去できるため、定期的に清掃を行うようにしましょう。

【その他洗浄方法】洗浄機で洗う

自分で洗うのは面倒臭い、という方には自動洗浄機がおすすめです。
自動車販売店やディーラー、ガソリンスタンドに置かれているフロアマット専用の洗浄機で洗うことができます。特殊なブラシを使い汚れを掻き出し、水洗いから乾燥までを短時間で行ってくれます。使用するにはお店へ出向き料金を支払わなければなりませんが、あっという間に洗浄してくれます。時間と手間を掛けたくない方にはもってこいですね。

出典:

家庭用洗濯機で代用可能?

自宅にある家庭用洗濯機では洗浄可能なのでしょうか。物理的には、大型洗濯機であれば洗浄することは可能です。しかし、土砂やホコリなどの汚れが激しいことにより、洗濯機自体が汚れてしまう可能性があります。フロアマット専用の洗濯機があればいいですが、衣料品をその後に洗うとなると抵抗を感じてしまうのではないでしょうか。なるべく避けるようにしたいですね。

ケルヒャーの家庭用スチームクリーナーはいいかも!

ボイラー式の高温スチームが噴霧できるケルヒャー製スチームクリーナーは、キッチン周りの油汚れや浴室のカビといったあらゆる汚れに対応しています。家庭用ではあるのものの、車のフロアマットで活用しても問題なさそうです。

出典:

フロアマットに関するクチコミ情報

車内も綺麗に
フロアマットや
シート隙間やカーペットを
ダイソン(マット専用のを母が買ってくれたw)で吸いとり

筆やモップで埃を取り
スイッチや手に触れるとこは
薄めたウォッシャー液をスプレーして皮脂を除去

フロアマットは洗濯機で洗う

運転席だけでなく助手席目線で掃除

— ソカ太⊿ (@gti_prfm)

灯油がこぼれていたことに
気付き…大慌てで後部座席の
フロアマットを泡でもこもこ
状態にして洗浄中

— コロえもん@ゆうき (@cooking_Papa567)

洗濯機で車のフロアマットの汚れを洗浄させて今乾燥モード中〜♪
しかもおまけにプラズマクラスターで消臭中w
洗濯槽の中は穴なし槽なので周りの汚れの心配なし〜(乾燥中なので中がめっちゃ暑いw)♪

— イリスマキナ (@fantasy_vision)

掃除機がけだけでもキレイになりますが、たまにフロアマットをしっかり洗うのもおすすめです。洗濯用柔軟剤を適量バケツにとり、水で50倍程度に薄めて洗剤代わりに。水でよくゆすいで乾かせばゴワゴワせずに仕上がります。干す時は三角干しで!

— ソフト99コーポレーション【公式】 (@SOFT99_PR)

まとめ

車のフロアマットを清掃するグッズや洗浄の仕方をご紹介しましたが、手間を掛けて洗っても雨などですぐに汚れてしまう、と費用対効果を考えてしまうと面倒くさくなってしまうこともありますよね。そんな時には、洗車専門業者で掃除してもらうことやクリーニングサービスも便利でおすすめです。最近ではリーズナブルにできるところも増えており、また専門家がクリーニングしてくれる為、仕上がりも丁寧です。

普段は自分で清掃して年に1回は専門業者にお願いしてみる、という方法も手間を掛けずに綺麗にする1つの方法です。また、サイクロンクリーナーなどでこまめに掃除をするという方法も、フロアマットを綺麗に保つテクニックの1つと言えるでしょう。

画像出典:

洗車に関連する記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする