トヨタ「エスクァイア」VS 日産「セレナ」比較|価格や燃費、安全性能からどっちを買う?

 
ノアやヴォクシーの兄弟ブランドとして君臨するトヨタ「エスクァイア」と、2016年にフルモデルチェンジが行われた日産「セレナ」。ミニバンを選ぶ際に「エスクァイア」と「セレナ」で悩む方も多いかと思います。そんな今回は、人気モデルの性能や価格などを徹底比較してみました。

人気

「エスクァイア」とは?

トヨタ エスクァイア 01

画像出典:

トヨタの「エスクァイア」は、同社の「ノア」や「ヴォクシー」をベースとした兄弟ミニバンとして2014年にデビューしました。上質で高級感があるミニバンを目的として開発されたモデルのため、メッキ装飾が多数施され、兄弟車ノアやヴォクシーとの差別化を図っています。

「エスクァイア」を動画で確認

出典:

「セレナ」とは?

日産 セレナ 01

画像出典:

1991年に初代モデル発売以来、ミニバン市場を牽引し続け、ファミリー層を中心に高い人気を誇る日産の中核モデルとなりました。累計出荷台数は150万台にもなり、クラスナンバー1の広い室内空間など利便性の高さを特徴としています。また、日産の新たな自動運転技術「プロパイロット」を初めて導入。最新技術を取り入れながらも低価格を実現したことが評価され、2016年の「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。また2016年には、自動車アセスメント(JNCAP)の予防安全性能評価で最高評価となる「ASV++」を獲得しています。

「セレナ」を動画で確認

出典:

販売台数では「セレナ」の圧勝でしたが…今後に期待!

2017年の販売台数(1~12月)で比較すると、エスクァイアが43,210台に対して、セレナは84,433台と大きく差が出ている状態です。2016年8月にフルモデルチェンジ、2017年5月にマイナーチェンジしたばかりということもあり、話題性が尽きないセレナが人気度でリードしています。

しかし、日産の無資格者検査問題により、セレナの販売台数ランキングは10月は30位以下で11月は21位、対するエスクァイアが10月、11月と20位をキープする時期も。
セレナは11月より、NISMOデザインを採用して自動運転技術「プロパイロット」を搭載した「セレナNISMO」を発売しました。その結果か、12月には順位を取り戻しました。また、2018年3月には「セレナ e-POWER」の発売も決定しており、さらに勢いを増してライバルとの差を広げていきそうです。

ボディサイズ

乗り降りしやすいのは、低床設計の「エスクァイア」

エスクァイアとセレナは、全高以外はほぼ同サイズ。セレナは床の高さがネックとなり、先代同様にサイドステップで乗り降りできます。エスクァイアは床が低く乗り降りしやすい上、低重心のため走行安定性が優れています。

「エスクァイア」

全長×全幅×全高 4,695mm×1,695mm×1,825mm(FF)/1,865mm(4WD)
最小回転半径 5.5m

「セレナ」

全長×全幅×全高 4,690mm×1,695mm×1,865mm(FF)/1,875mm(4WD)
最小回転半径 5.5m

使い勝手

どちらも過ごしやすい室内空間に

「セレナ」

日産 セレナ

画像出典:

ミニバンの中でも最も室内が広いと言われる「セレナ」は、2列目と3列目のシートアレンジ可能(ウォークスルーも)である他、ハンズフリーオートスライドドア、デュアルバックドアを搭載。これにより、荷物の積み下ろしが簡単に行えます。

「エスクァイア」

エスクァイア

画像出典:

一方、高級感漂う室内空間を演出する「エスクァイア」は、セカンドシートを後方まで移動できる810mmの超ロングスライドを装備。子どもの着替えやちょっとしたドライブ休憩のくつろぐスペースとして利用できそうです。また、大容量のラゲッジスペースだけでなく、インパネと一体化する大型コンソールにUSB端子(2個)、アクセサリーコンセント(2個)が付いてる点も魅力的であり、利便性にもこだわった内容となります。

走行性能

走りを求めるならば「セレナ」

日産 セレナ

画像出典:

エスクァイアのエンジンは2.0L直列4気筒エンジンと、1.8Lをベースにしたハイブリッドを用意。一方セレナは、エンジンは2.0L直列4気筒エンジンと「S-ハイブリッド(スマートシンプルハイブリッド)」という名称がついたモーターを導入しており、減速した際の発電やアイドリングストップの再始動、エンジン駆動の補助をすることが可能。これにより走行面だけではなく燃費においても大きな力を発揮するため、走りを求めるならばセレナといったところでしょう。

「エスクァイア」のスペック

参考グレード Xi
エンジン 1.8L直列4気筒DOHC
総排気量 1,797cc
最高出力 73kW(99ps)/ 5,200rpm
60kW(82ps)※モーター
最大トルク 142Nm(14.5kgfm) / 4,000rpm
207Nm(21.1kgfm)※モーター

「セレナ」のスペック

参考グレード X(2WD)
エンジン 2.0L直列4気筒エンジン+モーター
総排気量 1,997cc
最高出力 110kW(150ps) / 6,000rpm
1.9kW(2.6ps)※モーター
最大トルク 200Nm(20.4kgfm) / 4,400rpm
48Nm(4.9kgfm)※モーター

燃費性能

燃費はトヨタ製ハイブリッド設定の「エスクァイア」が圧勝か?

エスクァイアの燃費(JC08モード)は、ガソリン車16km/L、ハイブリッドが23.8km/Lです。対してセレナの燃費(JC08モード)は、15.0km/L、独自の「Sハイブリッド」では17.2km/L。そして、2018年3月に発売予定の「セレナ e-POWER」の燃費は約26km/Lになると予想されており、今までトヨタ製ハイブリッドには適いませんでしたが、セレナも燃費性能は引けを取らないほど両車とも燃費性能は高いです。

エスクァイア 23.8km/L(ハイブリッド)
16km/L(ガソリン)
セレナ 17.2km/L(Sハイブリッド)
15.0km/L(ガソリン)

安全性能

運転支援システムで話題性は「セレナ」か

エスクァイアには、安全運転補助「トヨタ セーフティーセンス C」が標準装備されています。これは自動ブレーキシステム、車線逸脱警告機能、夜間に対向車両を検知してライトを操作するオートマチックハイビーム機能を組み合わせたものです。

「エスクァイア」搭載「トヨタ セーフティーセンス C」

出典:

対して「セレナ」には、話題の「同一車線自動運転技術」(プロパイロット)が搭載。これは、「アダプティブ・クルーズ・コントロール」と、「レーン・キープ・アシスト(ハンドル支援)」の2つの運転支援システムがセットとなっています。運転支援システムは各メーカーとも途上の機能ではありますが、日産が生んだ最新の同一車線自動運転技術「プロパイロット」は一度試乗して試してみたいところです。

「セレナ」搭載プロパイロット

出典:

販売価格

トータル価格は「エスクァイア」の方が安い

選ぶグレードによってセレナは安く購入できますが、運転支援システム(プロパイロット)が標準装備ではありません。運転支援システムを装備することを想定するならば、セーフティセンスCが標準搭載されているエスクァイアの方が価格を抑えることができます。運転支援システムを搭載しても、グレードによっては同じくらいの価格になる可能性もあるため、購入を検討する際は実際に見積もりを出して比較すると良いでしょう。

エスクァイア 2,657,782円~3,079,963円(ガソリン)
3,255,709円(ハイブリッド)
セレナ 2,435,400円(ガソリン)
2,489,400円〜3,419,280円(ハイブリッド)
※全て税込価格となります。

クチコミ情報

「エスクァイア」

さん(@hozumi10nico)がシェアした投稿 –

さん(@juma_usa)がシェアした投稿 –

さん(@arrowhitomi)がシェアした投稿 –

「セレナ」

samさん(@sam.0360)がシェアした投稿 –

さん(@te2ya.kom)がシェアした投稿 –

Hirokoさん(@hiroko.t117)がシェアした投稿 –

まとめ

使いやすさや燃費では「エスクァイア」がオススメ

総合的には、運転のしやすさ、燃費と価格で「エスクァイア」がオススメと言ったところですが、デザインや運転支援システムの話題性では「セレナ」が優勢という形になります。
また、「セレナ Sハイブリッド」から変更して2018年3月に発売を予定している「セレナ e-POWER」は、クラス最高レベルの燃費が予想されています。ライバルを凌ぐ性能が期待される「セレナ e-POWER」ですが、期待値も高いため今後も注目されることは間違いないでしょう。ミニバンでスポーティーな走りが期待できるというのも、なかなか面白いですね。

日産 セレナ e-POWER 01

画像出典:

その他、人気ミニバン比較

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする