【スバル】エクシーガ クロスオーバー7、来年3月末に生産終了へ!

 
使い勝手のいいSUVテイストのステーションワゴンとして支持を受けているスバル「エクシーガ クロスオーバー7」。多くの方に愛されてきた人気モデルが、遂に2018年3月末をもって生産終了へ。後継モデルの計画もないため、これが最後の3列シート車....。

ニュース

スバル「エクシーガ クロスオーバー7」来年3月末に生産終了へ!

2017年11月2日

スバルの3列シート7人乗りSUV「エクシーガ クロスオーバー7」が、2018年3月末に生産終了することが明らかになりました。

これはスバルの吉永泰之社長が東京・モーターショーにて公言したものであり、今後は「エクシーガ クロスオーバー7」の後継となる3列シートモデルの投入は予定していないとのこと。また、アメリカで販売されている3列シートSUV「アセント」の日本導入も検討していないため、結果的にスバルの3列シート車がラインナップから消滅することになります。2015年4月に”エクシーガ”をベースに新ジャンルのモデルとして誕生した「エクシーガ クロスオーバー7」ですが、来年3月以降に見れなくなるのは残念なところです。なお、2017年12月18日まで受注受付を行うそうです。

エクシーガ

画像出典:
記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする