「助手席」の役目とは一体?なぜ助手席と呼ぶのか?その理由や起源を解説

 
普段から何気なく普通に呼んでいる「助手席」。運転席にある隣の席のことを助手席と呼びますが、なぜ助手席と呼ばれているのでしょうか? 助手している人が座っていなくても、人が隣にいなくても助手席と呼びますが、実は様々な理由が隠されていました。今回はそんな助手席についてご紹介しています。

助手席とは?

助手席の役目

画像出典:

車の前席には運転席と助手席があります。助手席には恋人を乗せたり、なにかと特別な感じがする場所という印象の方も少なくないはず。また助手席に座っているにも関わらず眠くなってしまったりして、隣で寝ていたら怒られた、なんて経験のある方もいるかもしれません。

隣の席に子供や犬などを乗せる方もいるかもしれません。彼らには助手はできませんが、もちろんそれでも助手席と呼びます。ちなみに助手席は英語で「Passenger seat」。訳すと「乗客・旅客・搭乗者」となり、日本語の助手席とはニュアンスが異なります。

それでは、そもそも一体なぜ助手席と呼ばれているのでしょうか?歴史を辿りつつ理由を探っていきましょう。

大正〜昭和初期のタクシーが起源という説

人力車 01

画像出典:

助手席の起源は諸説ありますが、まだ日本では和服が主流だった大正時代が始まりだと言われています。意外に思われる方も多いかもしれませんが、大正から昭和初期には結構な数の車が日本を走っており、その中にはタクシーも含まれていました。また当時のタクシーはほとんどが欧米車だったとのことです。ちなみに、タクシーが登場するまでは人力車を用いて移動していました。

日本ならではの理由があった

当時の日本人は現在の私たちよりも小柄でした。さらに和服を着ていたため、タクシーに乗り降りするだけでも一苦労だったそうです。そこで、タクシーの運転手の他にもう一人、お客さんの乗り降りを手伝う「助手さん」が乗り込み、二人体制でタクシーを運営していました。また「助手さん」は、道順の指示や誘導といった役割も兼ねていました。この名残りで今なお「助手席」という言葉が使われているそうです。

大正末期生まれの祖母の少女時代(つまり昭和初期)のお話。「(自分の)おばあちゃんのところに行くのに、電車を降りたら駅から人力車に乗ったのよ」
タクシー代わりに人力車が、普通に生活の足として存在。

— アハト*鬼滅 (@dying_chicken)

現在は…

タクシー 助手席

画像出典:

洋服を着て国産車に乗るようになった今現在は、車の乗り降りに不便を感じることは無くなりました。ちなみに「管理費や人件費がかさむ」という理由で昭和の始めごろに「助手さん」制度は廃止されています。

エンジンを二人がかりでかけていたのが起源という説

また、昔の車は「クランク」とよばれる道具を使ってエンジン始動させていました。エンジン始動の際には、この「クランク」を車の前で回しつつアクセル調整も行う必要があったため、人手が二人必要でした。アクセル調整を行う「運転手」とクランクを回す「助手」という形の名残りが、「助手席」として残ったという説もあります。

ちなみに「クランク」を回す時には必ず手袋をはめていました。そしてその手袋を収納する箱のことを「グローブボックス」と呼んでおり、今なお呼ばれ続けています。

画像出典:

ラリーレースでは助手が必要

助手席の役目

画像出典:

現在も助手席に助手を必要とするケースもあります。それは「ラリーレース」です。多くの国々で人気のあるスポーツの一つで、最近では日本でも流行り始めている様子。2018年には日本国内で10戦ほど行われる予定です。
ラリーレースはサーキットレースと異なり、一般の公道で行われます。いくつかの競技区間で一台ずつタイムアタックして、それぞれのタイムで勝敗を争います。運転手は良いタイムを出すために運転に集中するため、助手席に座っている人は路面状態や管理など運転以外のナビゲーションを行います。ちなみに、この助手のことは”コドライバー(co-driver)”と呼びます。

画像出典:

助手席に関するクチコミ情報

助手席の役目は人それぞれ。ドライバーの眠気を和らげるだけでなく、ナビの補助などやれることがあれば積極的に行うと良いでしょう。また、ドライバーに対して”イラっと”させるような行動は取らないように…。ちなみに、ナビとは関係なくスマホを操作するのも運転に支障をきたすこともあるようです。

これはあります。ドライバーの方には無理があります。我が家は高速道路によく乗りますが、ドライバーが夫です。夫に邪魔にならない程度に 高速入る時 、車線変更の時など 前後の車のドライバーさんに 会釈など できる限りします。また私が助手席の時は絶対眠りません。

— ふく (@fukukurulife)

グラブル少しでもすすめよー

親父の助手席には基本のりたくない、動きがうるさくてめっちゃ気になる。じっとしてらんないみたいで言ってもなおらん。

これが運転しないで助手席に座られるとさらにうるさくなる(じっとしてられない)からまじ邪魔。一緒に車乗るのストレス。

— めんちょろ (@menchoro)

左車線の道路状況を運転手に報告するのは助手席に座った人の役目。路駐いるとか、混んでるとか。
夫「左は?」
私「クリア」

— 通りすがりの主婦 (@asphodel0310)

【まとめ】助手席はドライバーのサポート役

助手席の役目

画像出典:

今では車の性能もアップし、道路も綺麗に塗装されています。さらにカーナビも登場し、助手としての役割はもはや必要の無い時代となりました。皆さん助手席に乗車する際には、くれぐれも運転の妨げにならないよう注意しましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする