自動車ローンの審査に通らない理由!自動車ローンの審査ポイントを解説!

 
自動車を購入する際には自動車ローンを組む方がほとんどでしょう。自動車ローンには、いくつかの審査基準が設けられています。しかし自動車ローンの審査基準をクリアしていても、なぜか審査に落ちてしまう方もいるようです。今回は自動車ローンの審査基準や審査に落ちる理由などを解説!

自動車ローンの利用率は約60%

自動車ローン

画像出典:

自動車ローンの日本利用率は約60%を超えるそうです。過去に、同じディーラーで自動車ローンを組んでいた方は、審査に落ちる事は少ないみたいです。自動車ローンにはいくつかの審査基準が設けられていますが、中には審査基準をクリアしていてもなぜか審査に落ちてしまう方もいるようです。今回は自動車ローンの審査基準や審査に落ちる理由などを解説します。

自動車ローンを組むための条件

自動車ローン

画像出典:

自動車ローンを組むためには、いくつかの条件を満たしている必要があります。特に「借入金を問題なく返済できるか」という点が大きなポイントとなります。

条件1:年齢

自動車ローンには年齢制限が設けられています。年齢が20歳以上で返済完了時の年齢が70歳以下と設定されている所がほとんどです。毎月安定した収入があるかという点が条件としてあるため、安定して仕事に就ける年齢という設定で制限されています。ただ、最近では自営業や不動産業を経営している人も多く返済完了時の年齢が80歳以下でも審査が通るケースも増えてきています。

条件2:年収

自動車ローンの金額が年収の40%を超えている場合は、審査に通らない可能性があります。例として60万円の車を自動車ローンを利用して購入した場合、年収は150万円以上必要となります。

条件3:借入状況

自動車ローンを組む際には他所での借入状況も審査されます。借入総額が年収の50%以下であることや、返済額が年間で年収の40%以下である点などが主な条件として挙げられます。

条件4:雇用形態

雇用形態がパートやフリーターなどの場合、自動車ローンが組めないこともあります。審査基準は勤務先の規模によって異なり、上から順に公務員・大企業、中小企業、自営業・派遣と設定されています。なお職種による制限は設けられていません。

条件5:勤続年数

自動車ローンの審査には勤続年数も大きく関わります。勤続年数が1年未満の方は自動車ローンを組むことが難しい傾向にあります。また自動車ローンによっては、最低勤続年数が3年以上と設定されているところもあるようです。

条件6:居住年数

自動車ローンを組む際には居住地や居住年数もポイントとなります。貸し家よりも自分名義の持ち家の方が有利で、最低居住年数が設定されている自動車ローンもあるようです。

自動車ローンの審査に落ちる理由

自動車ローン

画像出典:

自動車ローンを組む際には上記の条件を満たしている必要があります。しかし上記の条件を満たしていても、自動車ローンの審査に落ちてしまうケースもあるようです。その場合は以下のような点が理由として挙げられます。

理由1:滞納歴

借入金などの滞納歴がある場合は自動車ローンの審査に大きく響きます。主に見落とされがちなものとして、携帯電話料金や公共料金の滞納が挙げられます。また「親族に滞納歴があったため審査に落ちた」というケースもあるようです。

理由2:金融事故歴

金融事故とは、ローンやキャッシングの返済中に問題が起きることを指します。特に返済の長期延滞や債務整理を過去に行っていた場合、審査に落ちる可能性が高いようです。

理由3:連帯保証人

親族の連帯保証人になっており借入限度額を超えてしまうため自動車ローンが組めない、という場合もあります。特に住宅ローンや高額医療ローンの保証人なども該当するため、気をつけましょう。

理由4:ローンの同時申し込み

複数の自動車ローンに同時申し込みしていることがバレてしまうと、審査に落とされてしまう可能性があります。「1社だけでは不安」という気持ちもあるかもしれませんが、1社ずつ申し込みましょう。

理由5:反社会的勢力との関わり

自動車ローンの利用者本人が反社会的勢力に該当する場合、審査に通ることはほとんどありません。また、自動車ローン利用者の親族が反社会的勢力に該当する場合も同様です。

理由6:ローンやカード利用歴が無い

これまでローンを組んだことやカードを利用したことが一切無い場合、信用情報が全く無いため審査に落ちることがあります。特に35歳を超えて信用情報が全く無い場合は、保証人を立てるよう求められることもあるようです。

不安な方は信用情報を確認

自動車ローンの審査に通るか不安という方は、事前に自分の信用情報について確認しておくことをおすすめします。信用情報機関に開示請求することで確認できます。インターネット開示や郵送にも対応しており、費用は500〜1000円ほどで済みます。

自動車ローンの審査に落ちた場合

自動車ローン

画像出典:

自動車ローンの審査に落ちたとしても諦めてはいけません。クレジットカードで購入したり、収入の多い保証人を立てて自動車ローンを組むという方法もあります。どうしても車が必要な場合には考えてみても良いかもしれません。

カードローンで購入するという方法もアリ

カードローンとは「個人向け無担保融資」を指します。カードローンは3タイプに分かれており、それぞれ金利や限度額などが異なります。審査も早く資金用途が限定されないため、自動車ローンの代替としても利用可能です。自動車ローンの審査に落ちて悩んでいる方にはおすすめです。

銀行カードローン 審査は最短で翌日と遅いが、金利が低い(りそな銀行・楽天銀行)
消費者金融カードローン 審査は最短で30分と早いが、金利が高い(プロミス・アコム)
信販カードローン 利用者は少ないが、限度額が高い(オリコ・クレディセゾン)

自動車ローンに関するクチコミ情報

ぶっちゃけ車のローンなんて最初の審査通れば今の会社辞めても通じるから、払い続けられるのなら辞めてもいいんだよな•••

— フロント (@huronntozeroex)

ローン審査で単独が通らなかったので諦めていたコルベットC6の件で、ショップの人が交渉してくれて単独OKとの連絡がきた。最後のリトラクタブルのC5か、マニュアルシフトでマフラーカスタムのC6か、で迷う。とりあえず、今週末に再度ショップに行って現車見て話してくる。んー、悩むっ!

— みずき (@Mizuki_Katsuya)

車のローンはクレジットカード持ってなくてもくめますよー😊
審査が必要なので頭金なしで審査するより、いくらか頭金入れて残額をローンなら比較的審査通りやすいかと思います👛✨
軽のいいやつでも200万なら余裕で買えると思いますが…参考までに🙏

— かなやん@クソ客は叩き潰す🖕 (@kana_69star)

現金ありましたが、自動車ローンも挑戦。340万円が保証人なしで通りました。

— クレジットカード情報あつめ (@creditcardatume)

まとめ

自動車ローンにはキチンと審査基準が設けられています。もしも自動車ローンの審査に落ちた場合は原因を探ることをおすすめします。また自動車ローンの審査に落ちたとしても、別の方法で資金調達することも可能です。どのローンを組む際にも、まずは将来のマネープランについて考えて問題が無い場合のみ利用しましょう。

車のお金に関連するまとめ記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする