cosmetic-dentistsマガジン

【トヨタ】新型「センチュリー」の内外装が凄い!VIP仕様の新型モデルをおさらい

ニュース

新型「センチュリー」の内外装が凄い!VIP仕様の一台をおさらい

2017年11月7日

先日の東京・モーターショー2017に満を持して登場した新型「センチュリー」ですが、VIP仕様の内外装が凄いと話題になっています。

V8エンジンにハイブリッドシステム”THSⅡ”が組み合わせられる新型「センチュリー」は、”匠の技”と”高品質のモノづくり”という伝統のコンセプトを継承しながら、快適性能を追求した一台となっています。
日本家屋をモチーフとした”折り上げ天井様式”と呼ばれる後席空間を実現。シート部分には柔らかな100%羊毛を取り入れる他、電動オットマンやリフレッシュ機能を搭載しています。後部座席中央のアームレストには、タッチパネル式の液晶ディスプレイを設定し、エアコンの空調管理やオーディオの音量を操作することが可能です。また、読書灯や簡易机なども装備しており、利便性を更に向上しています。皇族や総理大臣といったVIPを乗せるためだけに創られた空間と言っても過言ではありません。
販売価格は公表されていませんが、先代の最上級モデルが約1350万円(税込)であるため、新型モデルはこれよりも若干高い設定になる可能性があります。

画像出典:

選ばれた者しか味わえない一台

エクステリアでは、品格のあるラジエータグリルに加え、シルバー加工のモールをボディ下部に装着することにより、品格のあるフォーマルセダンであることが表現されています。衝突回避支援システム”トヨタ セーフティー センスP”も搭載している新型「センチュリー」ですが、その特別感のある乗り心地を一度は味わってみたいのもです。

画像出典:
記事出典:

【番外編】意外といいかも!ロシアではSUV仕様がある?

日本車の盗難が多いロシアでは、新型「センチュリー」をSUV化させたイメージ画像が話題になっています。これは、同国でも人気を誇る”ランドクルーザー200″に新型「センチュリー」のデザインを施した一台。シルバー仕立てのモールを装着する他、フロントグリルも新型モデル同様に品格のあるスタイルを確立しています。もちろん、SUV仕様の「センチュリー」が実現することはありませんが、デビューすることになれば意外と人気を呼ぶかもしれません。

画像/記事出典:

新型「センチュリー」目撃情報

仮ナンバーを装着した新型「センチュリー」が、既に街中で目撃されています。

押上駅前で新型センチュリー発見した!

— Keima Kai (@keimakai1993)

新型センチュリー初めて見た

— sho👳🍛badger dogs (@porsche_c4)

【トヨタ・東京モーターショー2017】新型「センチュリー」初披露!

2017年10月25日

10月25日現在開催されている「東京モーターショー2017」にて、トヨタの新型「センチュリー」がお披露目されました。環境性能や快適性について追求された、現代仕様の一台となっている様子です。

トヨタは、今回の新型車発表にあたって、『Start Your Impossible(不可能と思えることにチャレンジしよう』というテーマを掲げています。さらにモーターショー内では、「人々をワクワクさせるようなことに取り組んでいく」という方針も掲げています。

今回の新型「センチュリー」について、『50年という長い歴史がありながら、2回目となるフルモデルチェンジを行って、今なお人々をワクワクさせ続けているモデルである』ということ、またトヨタの今後の展望について『自動車メーカーとしてだけでなく、日本という国の発展のために、どのような事にもチャレンジしていきたい』と語っています。

新型「センチュリー」が東京モーターショー2017で初披露へ!

2017年10月5日

トヨタは、新型「センチュリー」を東京モーターショー2017で初披露されます。発売は2018年を予定しています。

3代目となる新型「センチュリー」は、高い環境性能や搭乗者の快適性が追求されています。先進装備・快適装備の採用などに重点を置き、開発が進められてきました。内外装は、伝統を維持しつつ新しい魅力が盛り込まれたデザインとなっています。

パワートレインはV8エンジン・5.0Lハイブリッドシステムを新たに搭載し、優れた燃費性能を追求。ホイールベースの拡大により伸びやかで重厚感のあるスタイルに仕上がりました。
そしてシート部分ではフロアの低段差化、ドアの開口高さの拡大を実施。さらに後席スペースを広げ、座り心地を追求したリフレッシュ機能付アジャスタブルリヤシートを採用しています。心地良さと格の高さに加えて、優れた乗降性を実現しました。

外装デザインは、グリルなど随所に施した七宝文様や、横一文字に配したリヤコンビネーションランプのガーニッシュ部を黒色化することで、洗練された一体感と落ち着きを表現。そしてリヤコンビネーションランプに「和の光」をイメージした立体的なレンズを採用することで、華やかさを醸し出しています。

画像出典:
記事出典:

フルモデルチェンジされる新型「センチュリー」は2018年に登場

2017年1月12日

トヨタの最上級モデル「センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジし2018年に登場を予定しているとの情報が入ってきました。

新型モデルとして登場予定の「センチュリー」は、コンセプトカー「FSハイブリッドコンセプト」をベースに開発が進んでおり、今までよりも近未来を想像させるデザインが施される模様。また、新たに開発したプラットフォーム「TNGA」が採用されるほか、5.0リッターV型8気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドエンジンが搭載されるとのことです。
インテリアでは、従来から引き継ぎ形でウールファブリック及び本皮革をふんだんに使用した空間となり、安全装備として衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センスP」を取り入れることが濃厚となっています。現段階では2018年の3月頃に販売を予定しています。

▲「FSハイブリッドコンセプト」

画像出典:
記事出典:

概要

トヨタ「センチュリー」ってどんな車?

トヨタ「センチュリー」は、1967年に誕生したトヨタの最高級サルーンです。また、明治100年と創業者である豊田佐吉の生誕100年がデビューと同時であったため「センチュリー」というモデル名になったとされています。この一台は、官公庁や大手企業などの社長といったVIPの公用車として活用されており、内閣総理大臣の専用車としても多くの方に知られているモデルとなっています。

参考動画

画像出典:

初代「センチュリー」を改造した移動販売車が話題?

2017年12月5日

今年の東京・モーターショーに新型モデルが登場して以来、再び脚光を浴びている高級セダン「センチュリー」。そんな中、「センチュリー」を改造した石焼きイモの移動販売車がSNSで上で話題となっています。

この改造版「センチュリー」は、霊柩(れいきゅう)車やデコトラのような威圧感ある見た目が特徴的ですが、実は2015年に”岡本太郎現代芸術賞”最高賞を獲得した一台です。アートユニット”Yotta(ヨタ)”が手掛けた焼きイモ専用の移動販売車であり、アート作品として「金時」という名が与えられているようです。また、実際に毎年冬には大阪”ミナミ”を中心に各地で焼き芋を販売。”VIP御用達の高級車で庶民的な食べ物を販売する”というユニークなコンセプトのもと、一つのアートとして活動を続けているそうです。

画像出典:

シャコタン族車仕様の移動販売車

ちなみに、1994年式の初代「センチュリー」を中古で購入し、外装のカスタムパーツはネットオークションで落札したとのことです。族車には欠かせない竹ヤリマフラータイプのかまど煙突もマニアにとっては堪らないカスタムと言えるでしょう。内装ではシャンデリア仕様のルームライトを装備しています。

SNSでの反応

初代センチュリー石焼き芋販売車やっぱかっこいい
実際に芋買ってみたい

— @Y,SHOGO平成ゔぃんていじ (@vwcustomswork)

大阪のアメ村でとてつもないネオンの光を放つ一台の移動式焼き芋屋を発見!!
センチュリーのデコトラ仕様の焼き芋屋。竹槍マフラーみたいな煙突。実物の迫力ハンパないです!
アートユニット・ヨタの運営する石やきいも販売車で「金時」が徳島産「鳴門金時」を使用した本格石やきいものようです。

— りゅうのすけ改めマスオさん (@manzeynosuke)

個人タクシー仕様の「センチュリー」もある

個人タクシー トヨタ・センチュリー

— 月見里 (@SA_reiz)

個人タクシー トヨタ・センチュリー

— 月見里 (@SA_reiz)

スペック

トヨタ「センチュリー」のスペックとライバル車比較

新型「センチュリー」

ボディタイプ(全長×全幅×全高) 5,335mm×1,930mm×1,505mm
エンジン V8・5.0L 2UR-FSE+ハイブリッドシステム”THSⅡ”
総排気量 4,968cc
出典:

2代目「センチュリー」

ボディタイプ(全長×全幅×全高) 5,270mm×1,890mm×1,475mm
エンジン V型12気筒DOHC
総排気量 4.996cc
最高出力 206kW[280ps]/5,200rpm
最大トルク 460Nm[46.9kgfm]/4,000rpm
出典:

ライバル車:日産「プレジデント」※現在生産終了

エンジン DOHC・V型8気筒
総排気量 4.494L
最高出力 206kW(280ps)/6000rpm
最大トルク 451Nm(46.0kgfm)/3600rpm
出典:

燃費性能

トヨタ「センチュリー」の燃費とライバル車比較

燃費 7.6km/L
出典:

ライバル車:日産「プレジデント」※現在生産終了

燃費 7.8km/L
出典:

インテリア

新型「センチュリー」のインテリア

トヨタ「センチュリー」のインテリアは、ダッシュボードやドアパネルなどに木目調を取りいれたクラシックデザインが印象的な高級感溢れる室内が広がっています。また、品格を表す黒杢加飾がインパネ中央に設定されているのも魅力の一つです。その他、電動オットマン及びリフレッシュ機能付アジャスタブルリヤシートも搭載しており、居住性をにもこだわった内容となります。

出典:

エクステリア

新型「センチュリー」のエクステリア

“継承と進化”をコンセプトテーマにしたエクステリアでは、従来のスタイルを引き続きながらグリルやヘッドライトのデザインを一新させたことで、より力強い顔つきへと変化しています。また、”和の光”をイメージしたリヤコンビネーションランプは、線発光可能な立体型レンズを装着。威風堂々たる姿に仕上がっています。

出典:

販売価格

トヨタ「センチュリー」の販売価格

新型「センチュリー」の販売価格は、公表されていません。

2代目「センチュリー」

販売価格 12,538,286円(税込)
出典:

販売時期

新型モデルは2018年3月に販売を予定しています。

karter-kiev.net/zaschity-kartera/nissan-67.html

kls-agency.com.ua

www.profvest.com/2015/05/individualniy-invest-schet-iis.html