レクサスのLSやRXってどんな意味?各モデルの命名方法まとめ【レクサス編】

 
レクサスは外国車なのか国産車なのか? あまり車に詳しくない方には、位置付けが分かりにくい高級車ブランド『レクサス』。そのレクサスブランドの「LX」や「RX」などモデルの命名が気になりますよね。今回は、レクサスに関する素朴な疑問やラインナップされるモデル名の意味(由来)についてまとめてみました。番外編としてレクサスオーナーの特典についてもご紹介!

レクサスとは?

レクサス

画像出典:

レクサスはトヨタ自動車が世界65ヶ国で展開している高級車ブランドです。ブランドのスローガンは「AMAZING IN MOTION」、日本語では「いくつもの、想像を超える感動を」と掲げています。

レクサスの社名の由来

そもそもレクサスというブランド名自体にはどのような意味が込められているのでしょうか?
レクサスの名前の由来には諸説あり、公式で断言している訳ではありませんが、「豪勢・奢侈(ラグジュアリー)」と「最先端テクノロジー」を表す造語であると言われています。他にも「Luxus(贅沢)」というドイツ語の造語から、「Luxury Exports to the US」(アメリカ合衆国への高級輸出品)の頭字を採ったという説もあります。欧米ではLやXは高級なイメージや響きがあるためにつけただけで特に意味がない、なんて説もあるそうです。

レクサスの歴史

レクサスの始まりは1989年のアメリカ合衆国からで、同年には同じく高級車ブランドのホンダ「アキュラ」や日産「インフィニティ」などが北米展開しています。当時は「重厚で威厳を放つ高級車」がどんなに燃費も悪く故障が多くとも一流の車、とされていました。レクサスはそんな当時のアメリカで「機能的で高品質なプレミアム」のコンセプトのもと1989年に初代LSを発売し、登場まもなく高い人気を誇り今日まで成功を果たしたのです。

現在のレクサスは、BMWやメルセデス・ベンツを相手に高級車のシェアトップを巡って争うほど、国内外ともに名を馳せています。国内にいるとあまり実感が沸かないかもしれませんが、海外で日本の自動車メーカーが売れているというのはちょっぴり嬉しい感じがしますよね。

レクサスは外車!?

レクサスはアメリカにて展開をはじめましたが、トヨタの高級ブランドとなるため、大元は「トヨタ自動車」です。そのため、トヨタの1ブランド名であり、外国車ではなく国産車です。

車種の名前の由来

さて、そんなレクサスのラインナップは「LS」をはじめとし、「IS」「GS」「HS」「CT」「RX」「NX」「RC」「LX」などのモデルが揃っています。これらの車種名にはどのような意味が込められているのでしょうか?

【命名共通の基準】
レクサスの車種名は、英語表記の頭文字であるアルファベット二文字をとってつけられています。アルファベットの後についている数字は排気量をさしています。
また、レクサスの命名基準にはハイブリッドユニット搭載モデルは車種名の最後に「h」、ターボチャージャーならば「t」、ディーゼルエンジンならば「d」、ロングホイールベースならば「L」、コンバーチブルならば「C」が追記されるルールです。

「LS」:Luxuary Sedan(ラグジュアリーセダン)

ls

画像出典:

「LS」はLuxuary Sedan、日本語では「豪華で贅沢なセダン」です。セダンは乗用車を示していますが、こちらは文字通り豪華で”ワンランク上のセダン”という意味です。

「ES」:Executive Sedan(エグゼクティブセダン)

レクサス ES

画像出典:

フラグシップセダン「ES」は、レクサスが展開するモデルの中で最も売れている一台であり、30年間で販売台数218万台(累計)を記録。日本では4代目まで”ウィンダム”として販売されていました。2018年には7代目の新型モデルが、日本上陸することが決定しています。

「IS」:Intelligent Sport Sedan(インテリジェントスポーツセダン)

is

画像出典:

「IS」はIntelligent Sport Sedan、「知的なスポーツタイプのセダン」です。知性を感じさせながらもスポーティーさも兼ね備え得たセダンスタイルで、高性能モデルに「ISF」が存在します。

「GS」:Grand Touring Sedan(グランドツーリングセダン)

gs

画像出典:

「GS」はGrand Touring Sedanで「走行性と居住性に優れ、高速で長距離を走行できるセダン」という意味です。日本語に訳すとなかなか長くなりますが、要するに快適に走れる車ということです。初代は日本でトヨタ自動車から販売された「アリスト」のレクサス版として開発されました。

「HS」:Harmonious Sedan(ハーモニアスセダン)

hs

画像出典:

「HS」はHarmonious Sedanで「調和のとれたセダン」です。名前の通り、地球・人・上質との調和を目指したセダンです。Dセグメント車としては初のハイブリッド専用車種でもあります。

「CT」:Creative Touring(クリエイティブツーリング)

ct

画像出典:

「CT」はCreative Touringで「創造性溢れる走りをあなたに」という意味が込められている、小型のハッチバックでハイブリッドカーです。「プリウス」三代目モデルとほぼ同じハイブリッドシステムを搭載しています。

「RX」:Radiant Crossover(ラディアントクロスオーバー)

rx

画像出典:

「RX」はRadiant Crossover、「輝かしいクロスオーバー」という意味です。日本モデルでトヨタ「ハリアー」として流通している車種で、「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね揃えたSUV」として開発されました。Crossoverなのに表記が「X」とされるのは、交差を意味するXからとられているようです。

「NX」:Nimble Crossover(ニンブルクロスオーバー)

nx

画像出典:

「NX」はNimble Crossoverで「俊敏なクロスオーバー」で、RXの弟的存在の車種です。見た目からおしゃれな雰囲気があり、SUVを保有したいけれど一回り小さくておしゃれなのが欲しい、という層にも人気があります。

「RC」:Radical Coupe(ラディカルクーペ)

rc

画像出典:

「RC」はRadical Coupe、「革命的なクーペ」です。革命というよりは”革新的や先鋭、面白いクーペ”の方があっているかもしれません。

「LX」:Luxury Crossover(ラグジュアリークロスオーバー)

LX

画像出典:

「LX」はLuxury Crossover、「豪華で贅沢なクロスオーバー」という意味で、トヨタの「ランドクルーザー」の姉妹にあたる車種です。強靭なラダーフレームを持っており、高度なオフロード走行性能があります。

「UX」:Under Crossover(アンダークロスオーバー)

レクサス UX

画像出典:

「UX」はUnder Crossover、「都会派のコンパクトクロスオーバー」という意味が込められており、レクサスの新たなSUVとしてラインナップに追加されるモデルです。「CT」ベースで開発された新型「UX」は、コンパクトながらクロスオーバーらしいダイナミックな顔つきが特徴的です。2018年3月に開幕するジュネーヴ・モーターショーにて初披露されることが決定しています。

「LX」を越える新たなSUVが誕生?その名も”LQ”

レクサス LF1 リミットレス

画像出典:

最近では、「LX」を越えるSUVモデル「LQ」が水面下で開発されているようです。”Cross Country”を意味する”Q”をモデル名に初めて採用する「LQ」は、コンセプトカー「LF-1 Limitless(リミットレス)」をベースにするとのことですが、最終的にどんな内容となるのか気になるところです。

【番外編】レクサスオーナーになればVIP気分を味わえる

レクサスのオーナーになると様々なVIP仕様の待遇が受けられるのをご存知でしたか?実は、新車購入時の特典としてレクサスオーナーズカードをもらうことができ、全国のレクサス店にある専用ラウンジでVIPの気分を味わえます。このラウンジでは、ドリンクやお菓子を無料で提供。点検やメンテナンス時だけでなく用事がない場合でも利用可能なため、もしオーナーになった際は一度訪れてみるといいでしょう。

その他に、レクサストータルケア(レクサスオーナーズデスク/G-Link)といった通信機能を屈指したコンシェルジュサービスもありますが、特別なクレジットカード”レクサスカード(年会費21,000円※税込)”を所有すれば国内外の主要空港ラウンジも利用できるそうです。

画像出典:

レクサス専用ラウンジの空間

さん(@amamizu0512)がシェアした投稿 –

まさに最高のおもてなし

さん(@pupury3)がシェアした投稿 –

まとめ

車が好きな人でないとあまり知られていない、レクサスの車種名の由来についてお伝えしてきました。街で見かけた際にはその豪華な姿を楽しみながら、車種名を当ててみるのも楽しいかもしれませんね。

出典:

他ブランドの命名ルールを確認してみよう

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする