消費税10%増税がすぐそこに!自動車市場は”消費税増税”でどう変化する?

 
消費税10%増税の前に知っておくべき車事情をご紹介!消費税が8%に引き上げられ、次は10%に近々引き上げられると言われています。そんな今回は、いつか来るであろう消費税10%に備え、事前に知っておきたい車の対策についてお伝えしていきたいと思います。新車の購入は増税前がいい?それとも増税後...?

消費税増税はいつ?

2014年4月には消費税率が8%に引き上げされたことも記憶に新しいと思いますが、消費税が10%に増税されることも既にご存知かと思います。2015年10月時点での10%へ増税は、国内外の経済の先行きの不安感、地震などの災害による景気の影響、その後に控えている選挙への影響などもあり先送りになりました。

2015年10月には1年半延期して2017年4月に、2016年6月にはさらに2年半増税を延期することが決まり、2019年10月に消費税10%が導入される予定となりました。
消費税が増えると消費者にとってはマイホームや自動車などの大きな買い物から家電用品、教育、日用品などの日常の買い物までその影響を受けざるを得ません。

画像出典:

増税前にできることは?

では、増税前にやっておきたい車に関する事はどのようなものがあるのでしょうか?

新車の購入

車ラッピング

画像出典:

まず例として、200万円の車があったとします。その車を購入する場合現在の消費税8%だったら216万円ですが、消費税が10%になってしまうと220万円になり、4万円の差が出てきてしまいます。消費税だけで結構な金額が取られてしまうことはお分かりいただけると思います。4万円も支払額が増えてしまったら、他に買おうと思っていたものも買えなくなるかもしれませんよね。増税前に車の買い替えなどは済ませておきましょう。

自動車の購入前には注意を!

消費税増税前に車を買い替えたい!という方に注意点があります。車の適用税率が決まるのは登録時のため、2019年9月中に登録を完了する必要があります。陸運局で登録が認可された日が登録の日となるため、契約や納車を済ませたからと安心せずに、2019年9月中に陸運局で登録を完了しましょう。

納車するのに3ヶ月もかかる人気車種を2019年の9月に買いに行ったら手遅れ、ということもあり得ます。2018年末から年明けくらいを一つの目安として、車の購入を検討するとベストタイミングかもしれません。くれぐれも購入時期は見誤ることのないようにしましょう。

中古車市場の停滞

消費税10% 自動車税

画像出典:

前回の増税のタイミングで、増税後の新車の販売が落ち込む現象が確認されました。新車を購入する前に、今ある車を乗り潰したり、状態の良い中古車の購入を考えたりと新車が売れなくなります。また、中古車が市場に流通しにくくなるため、中古車市場も停滞してしまいます。中古車市場の流通が停滞してしまうと、増税後に少しでも出費を抑えるため中古車購入を検討する際に、欲しい車や狙っている性能の車に巡り会う確率は低くなります。

狙っている車がある場合は、消費税が10%に増税される前に新車購入するほうがお得かもしれません。

エコカー減税の延長

消費税10% 自動車税

画像出典:

エコカー減税の恩恵を受けている方も多いのではないでしょうか?
環境性能に優れた車に対しての税金優遇制度であるエコカー減税は、2018年度以降も延長して続くことが決定していますが、エコカー減税の延長の背景には“自動車取得税”の廃止が関係しています。自動車取得税は、消費税が10%に増税されるタイミングで廃止になることが国会で可決されています。しかし、増税が延期になり自動車取得税の廃止が出来なくなてしまったため、エコカー減税が延長になったというわけです。価格に変動がない車を買い換えるのであれば、エコカー減税率が高いうちに買い替えた方がお得かもしれません。

■エコカー減税に関連する記事

自動車取得税廃止の代わりに…

自動車取得税の廃止も2019年10月に実施することになっていますが、実はその代わりに”環境性能課税(環境性能割)”という新たな課税が検討されているのはご存知でしょうか。自動車取得税の廃止は、消費税が2%増税すると同時に自動車取得税をゼロにするという目的で実施されるもの。一見、喜ばしい話にも見えますが、代わりとなる”環境性能課税”では、燃費の悪い車に課税(車両取得価格の3%ほど)を行うことになっています。
つまり、年式が古く環境に良くない車には無条件で課せられる税となるため、自動車取得税が廃止してもあまり大きなメリットがないと言われています。ただ、燃費の良いハイブリッドや電気自動車は非課税となりますので、”環境性能課税(環境性能割)”を避けたい方は早めに車の買い替えを行うと良いでしょう。

消費税増税 自動車税

画像出典:

車本体以外の影響

消費税増税で影響を受けるのは、車本体だけではありません。

ガソリンの増税

ガソスタ

画像出典:

車を動かす上で欠かせないものの1つにガソリンがあります。ガソリンには様々な税金がかけられており、ガソリン税、正規湯石炭税、原油関税、消費税、地球温暖化対策税などがあります。

通常の税金は二重課税してはいけないことになっていますが、ガソリンにかかる税は生産コストにかかっている税で質が違うため、二重課税されています。前回の8%への増税の際にはこの地球温暖化税も増税され、もしかしたら今回も増税されるかもしれないと懸念されています。
その一方で、2019年10月の消費税10%増税のタイミングで二重課税を廃止する予定もあり、全体的な金額に関してはまだどうなるかわかっていません。

■ガソリン税に関連する記事

自動車保険費用の値上げ

書類書いてる人

画像出典:

さらに自動車保険の値上がりにも関係があります。
通常、家賃や医療費、生命保険などの料金は非課税枠に該当しますが、自動車保険は事故で破損した車の修理費などをカバーしてくれる保険で、車の修理には消費税がかかります。
自動車保険側の負担が多くかかってしまうために、消費税が上がると自動車保険料金も値上がりしてしまうことが予想されます。消費税増税を前に、少しでも維持費を抑えられるよう保険の見直しを行うことも対策の1つです。

車検費用の値上がり

車検

画像出典:

車検費用の値上がりも予想できます。車検基本料の車検代行料や追加整備費、部品代、工賃などには全部消費税がかかっているため、車検を受けるのであれば増税前に行く方がお得に受けられます。
車検は車検証に記入されている日の一ヶ月前から受けられるため、2019年9月までに受けられる方は早々に受けてしまった方が懸命といえるでしょう。

■車検に関連する記事

消費税10%増税後でもお得に?

増税前は駆け込み購入が多くなるため、売り手としてもあまり金額を下げずに販売します。しかし消費税増税後では、消費行動が一時的に収まるため、一時的な大幅値引きをすることも考えられます。その増税後の一時的な値引きにかけるのも方法としてはありかもしれません。

クチコミ情報

消費税の増税も懸念されていますが、13年経過したガソリン車(ディーゼル車は11年)も自動車税が割り増しに。ネット上では、やはり納得いかない意見が多数寄せられています。

フランスは旧車の登録費用が安くなる。
スイスは状態の良い旧車は税が優遇される。
ドイツも30年以上前の車は税が優遇、
イギリスは旧車の税金が免除。

日本ではたった13年前の車に、グリーン化などと称して増税する。
俺の車は11年落ち。大事に乗ることはグリーンではないのか?

— miyaBee(雅ee) (@romiyabi_145)

一生乗りたい車を見つけても
13年以上たった車を
増税する日本国
物を長く使うことは
エコだと思います

— フラッグシップ (@rx7_yusuke)

公共交通機関がしっかりしてる都市部なら車の増税も仕方ないかな、、、と思うけど、北海道をはじめ地方は汽車もなくバスは2~3時間に1本なんてざら、朝と夕方しかないところも多い。そんな地域に車は必要不可欠な「足」になる。どうしても働く人と同じ台数の車を持たなきゃ生活が出来ない。

— ゆきんこ (@kaikunn001)

まとめ

2019年10月の10%増税に延期されましたが、今の日本の財政を省みると今後増税が延期される可能性は低いと考えられます。
自動車保険の加入や車検、新車の購入などを検討している人は、なるべく増税前に済ませておいた方が賢い判断となるのではないでしょうか? この他にも、自動車整備の道具や洗車の道具なども余裕がある場合には先に購入しておきましょう!

消費税 自動車税

画像出典:

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする