冬場に車のエンジンがかからない(かかりにくい)原因と対策法を徹底解説

 
冬に車のエンジンがかからなくなったご経験はありませんか? 一刻も早くエンジンをかけて車内を温めたいのに、いくら鍵を回してもから回る音がするのみ…。そんな緊急事態を防ぐために、寒い冬にエンジンがかからなくなる原因と対策をまとめてみました。

なぜ冬に車のエンジンがかからなくなる(かかりにくい)のか?

車が動くには、エンジンとエンジンを稼働させるための電力が必要です。
冬など気温が低い時には、エンジン内で使用されているエンジンオイルが硬くなり、エンジンが回転する際の抵抗力が上がります。これによってエンジンがかかりにくくなります。

また、エンジンに電力を提供するバッテリーも、気温が低いと電力を供給する力が弱くなります。エンジン自体がかかりにくくなり、さらにエンジンをかける電力源の力が弱まることが、寒い時に車のエンジンがかからない(かかりにくい)原因です。

【冬場にエンジンがかからなくなる(かかりにくい)原因】

・エンジンオイルの硬化によってエンジンがかかりにくくなる。
・バッテリーの電力低下によってエンジンに電力を送れずエンジンがかからなくなる。

冬のエンジントラブルを防ぐ方法

エンジンオイルの点検

寒さに弱いエンジンのために、冬場は特にエンジンオイルの点検をしましょう。古くなっている場合は早めの交換をおすすめします。また夏用と冬用があるため、冬場も頻繁に車を利用する方は季節の変わり目で交換をすると良いでしょう。最近では、夏冬通して使えるタイプのオイルもありますので、1度ご自身の使っているオイルの特性を確認してみましょう。

エンジンオイル

画像出典:

バッテリーの定期点検

バッテリーは定期的にメンテナンスを行い点検・交換をしましょう。過去に1度上がってしまったバッテリーは上がりやすくなっているため、冬の寒さが厳しい地域にお住いの方は特に、寒くなる前にバッテリーの交換・点検をしておくと安心です。

バッテリー上がり 冬 エンジン

画像出典:

【豆知識】実際にエンジンがかからないときの対策は?

事前の点検をおこなっていても、実際にエンジンがかからなくなった時には修理業者やロードサービスに頼るしかなく、その間動けずに待つしかないというのは困りますよね。そんな時にできる最も簡単な対策は、「5分ほど待つ」ことです。

バッテリーは故障しているわけではなく、気温の低下によって弱くなっているだけの場合があり、温まってくると正常にエンジンがかかるようになることもあります。セルモーターを回した後5分ほど待機し、再びセルモーターを回してみましょう。

この時の注意点としては、セルモーターを回し続けないことです。ただでさえ寒さで弱まっているバッテリーをさらに消費させてしまい、バッテリーが上がる可能性が高くなります。

winter_engine_02-jpg

画像出典:

ディーゼル車は寒さに弱い?!

ディーゼル車は、エンジン始動(燃料の着火)を補助するグロープラグという装置が搭載されています。つまり、このグロープラグがエンジンを温める役目を果たすのですが、寒冷地だと上手く温まらないケースがあります。このような事態を防ぐために、ボンネットの上に毛布や断熱材を置くなど、事前に対策をしておくといいでしょう。

画像出典:

10分待ってもかからない場合は?

しばらくしてもエンジンがかからない場合は、バッテリーが上がっている可能性があります。
その場合は、他の自動車のバッテリーに繋ぎ、ジャンプスタートにより電力を供給してもらう必要があり、電力を供給するにはブースターケーブルが必須です。通りすがりの車で供給してくれる人が見つかっても、その車にブースターケーブルを積んでいないこともありますので、自分の車に1個置いておくと良いでしょう。

《ブースターケーブルのつなぎ方》

ジャンプスタートは感電の危険性もあるため、正しい知識を持った上で行うようにしてください。

1.赤色のケーブルを故障車のプラス端子に接続します。
2.赤色のケーブルの反対側を救援車のプラス端子に接続します。
3.黒色のケープルを救援車のマイナス端子に接続します。
4.黒色のケーブルの反対側を故障車のエンジンの金属部分に接続します。
5.接続したら、救援車のエンジンをかけ、5分ほどアイドリングさせ充電します。
6.故障車のエンジンのスターターを回し、エンジンを始動させます。
7.エンジンがかかったら、救援車のエンジンを止め、つないだ時と同じ順番で取り外します。
8.再充電させるため、故障車のエンジンは止めずに、アイドリングさせながら30分から1時間ほど走行してください。
出典:

バッテリー上がりでハイブリッド車の救援はNG

既にご存知の方もいるかと思いますが、バッテリーが上がったガソリン車に補機用バッテリー搭載のハイブリッド車をブースターケーブルで繋いでしまうと、大きな電流が流れて電源系統及びハイブリッドユニットが故障してしまうことがあります。そのため、ハイブリッド車がガソリン車を救援することが出来ません。

ですが、その逆にハイブリッド車の補機バッテリーが過放電などで起動しない場合、ガソリン車で救援することが出来ます。なんとも紛らわしい構造ですが、バッテリーが上がってしまった際はハイブリッド車かガソリン車かどうか確認する必要もあります。

出典:

オススメのジャンプスターター

エンジンがかかった後は最低5kmの運転を

エンジンがかかった後でも、バッテリーはまだ弱っています。バッテリーは走行することで電力を蓄えますので、エンジントラブル直後の場合は最低でも5km車を走らせ、次回エンジンをかけるための電力を蓄えるようにしましょう。最近ではエンジンの性能があがり、寒い日でもエンジントラブルは減少しているようです。

しかし、バッテリーもオイルも消耗品ですので、定期的に点検を行い、推奨されている試用期間を超えた場合は取り替えましょう。バッテリーは2~3年間は大丈夫と言われています。
車も人間の体と同じように急激に寒いところに行く場合は、トラブルが起こりやすくなります。いつもより数分余裕をもって出発するなど、万が一エンジンがかからなくなった時に対応できるように心構えをしておくとよいでしょう。

冬場のエンジンに関する声

冬なると車のエンジン誤作動でかからない時あるからまじ勘弁、

— 美亜 (@rootfive_mia)

寒すぎて
エンジン掛からぬ
冬の朝

— ゆでたまご (@yudetamago3rd)

エンジン始動後は回転が落ち着いてから出発しています。 エアコンは常時28℃の暖房で使用しています。今回は通勤や外出にしか車を使用していないので冬の時期の通常の燃費の低い値となっています。

— 路地猫 (@MauserRedNine)

まとめ

寒い冬ですが、定期的に点検や交換などメンテナンスを行い、週に最低でも1度は乗って車を動かしておきましょう。また、エンジンがかからなかった際に始動させることができたら、15分ほどはその状態を保って5kmほど車を走らせてみましょう。寒い冬ですが、バッテリーが急に上がらないような対策をして、乗り越えたいですね。

バッテリー上がりに関する記事

冬場の運転におすすめの記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする