cosmetic-dentistsマガジン

【スバル】次期「WRX STI」と噂される”VIZIV パフォーマンス STI”が登場!

目次

ニュース

次期「WRX STI」と噂される”VIZIV パフォーマンス STI”が登場!

2018年1月16日

1月12日に開催された東京オートサロンにて、新たなコンセプトカー「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」をスバルが発表しました。この「VIZIV パフォーマンス STI」は、東京モーターショー2017に登場した”VIZIV パフォーマンス コンセプト”のSTI仕様。次期「WRX STI」と噂されているモデルです。

プラットフォームには”VIZIV パフォーマンス コンセプト”と同様にSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が採用。前後パンパーや大型リヤスポイラー、サイドシルスポイラー等について、STIらしいスポーティなスタイリングに仕上げられている点が特徴的です。またルーフの先端にはカメラが2個装着されており、次期「WRX STI」には最新”アイサイト”が搭載されるものとみられています。次期「WRX STI」のデビューは、2018年夏頃を予定しています。

「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」のスペック

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4650mm×1950mm×1430mm
ホイールベース 2730mm
タイヤサイズ 245/40R20
画像出典:
記事出典:

オートサロンで発表された「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」

画像出典:

次期「WRX STI」はPHEVへシフトチェンジ?ボクサーターボは廃止かも

2017年12月6日

非ガス規制の影響により、2018年をもってヨーロッパ向けの生産が終了する「WRX STI」。そんな中、次期モデルにPHEVを採用する可能性が浮上しています。

これは欧州・スバルのセールス&マーケティング担当である”デイヴィッド・デッロ・ストリット氏”が示唆したものであり、「WRX STI」の魅力の一つである2.5リッターボクサーターボを排除し、PHEV(プラグインハイブリッド)へ切り替える計画があるとのこと。世界的にも電動化へシフトチェンジしている傾向もありますが、これが本当であれば欧州でも話題を集めることは間違いないでしょう。

また、次期モデルには水平対向エンジンに”シンメトリカルAWD”を組み込むことが予想されており、アーキテクチャにはSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が導入されるとのこと。なお、「WRX STI」とは異なるPHEVモデルが、2020年にデビューを予定しています。

コンセプトモデル”ヴィジブ パフォーマンス コンセプト”が次期モデルになるとの噂も

画像出典:
記事出典:

【スバル】「WRX STI」のヨーロッパ向け生産終了!排ガス規制が背景

2017年11月24日

画像出典:

11月20日にスバルのドイツ法人が、2018年初夏をもって「WRX STI」のヨーロッパ向け生産を終了することを発表しました。

生産終了の背景として、特にヨーロッパでは厳しく進められている排ガス規制があるとのことです。ヨーロッパでは今後さらに規制強化されていくものとみられており、「WRX STI」は時代にマッチしないとの判断がされたようです。

スバルのドイツ法人は、「『WRX STI』の生産は終了してしまいますが、また新たに素晴らしいモデルを開発していく」との姿勢を明らかにしています。

【スバル・東京モーターショー2017】新型「S208」発表!

2017年10月25日

10月25日現在開催されている「東京モーターショー2017」にて、新型「WRX STI」の限定モデル「S208」が発表されました。

Sシリーズ最強となる329馬力を記録し、内外装についても手が加えられたハイグレードモデルとなっています。さらに今回の発表にあたって、詳細スペックも明らかになりました。

なお、この「S208」は450台のみの抽選販売となります。

▼詳細スペック

乗車定員 5名
トランスミッション 6MT
エンジン EJ20 水平対向4気筒2.oL DOHC2.0L DOHC
総排気量 1994cc
最高出力 242kW
最大トルク 432Nm

【スバル】新型「WRX STI」限定モデル「S208」発表!

2017年9月25日

画像出典:

スバルは、10月25日より開催される東京モーターショーにて、新型「WRX STI」の限定モデル「S208」を発表することを明らかにしました。なお発売台数は限定450台のみの抽選販売となり、抽選詳細についても東京モーターショーにて発表される模様です。

「Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー」を目指して作られたこの「S208」は、専用マフラーや専用VDCの採用によって、Sシリーズ最強となる329馬力を記録しているとのこと。またインテリア・エクステリアについても、レザーシートやドライカーボン製の大型ウイング等の専用設備を追加するなど、性能・設備両面において非常に充実したハイエンドモデルとなっているようです。

グレード・価格は「S208(626万4000円)」、「S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Trunk Lip(689万0000円)」、「S208 NBR CHALLENGE PACKAGE Carbon Rear Wing(710万6000円)」の3種展開となる模様。※価格は税込み表記。

サーキット仕様の新型「WRX STI タイプRA NBRスペシャル」を初披露!

2017年6月7日

スバルは、新型「WRX STI」にサーキット仕様となる「WRX STI タイプRA NBRスペシャル」を設定し、ニュルブルクリンク北コースでのタイムアタックに挑むことを発表しました。

この「WRX STI タイプRA NBRスペシャル」は、新型「WRX STI」をベースにチューンアップされた一台。今夏に挑むニュルブルクリンク北コースのタイムアタックで、同コースでの史上最速となる4ドアセダンを目指すとのことです。
「WRX STI タイプRA NBRスペシャル」は、カーボンファイバー製ルーフを採用し軽量化が計られている他、ドライカーボン製となる大型リアウイングを装着。内装でもサーキット専用となるステアリングホイールとシートを取り入れており、まさに走りにこだわったモデルと言えるでしょう。
現在、アルファロメオ「ジュリア クアドリフォリオ」が7分32秒というラップタイムを昨年に打ち出していますが、果たしてその記録を更新することができるのでしょうか。

「WRX STI タイプRA NBRスペシャル」スペシャル動画

画像出典:
記事出典:

新型「WRX STI」日本販売開始へ

2017年5月25日

スバルは、デトロイト・モーターショー17で公開した新型「WRX STI」を6月20日から日本で販売することを発表しました。

遂に日本でも販売される新型「WRX STI」は、従来モデルから大幅に改良され内外装だけではなく走行面でも大きく向上。具体的には、新電子制御マルチモードDCCDやブレンボ製の18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、19インチアルミホイール&タイヤを取り入れたことでハンドリング性能がアップし、コーナリングでも安定感のある走りを実現します。
安全性でも「ステアリング連動型ヘッドライト」や「フロントビューモニター」が搭載され、ドライバーの運転を全面的にサポート。その他、ルーフキャリアブラケットも装着しており、細かい部分でもこだわりを見せつける内容となっています。
ボディカラーは「アイスシルバー・メタリック」を始め、「クリスタルホワイト・パール」、「ダークグレー・メタリック」、「クリスタルブラック・シリカ」、「ピュアレッド」「WRブルー・パール」の全6色から選択可能。新型「WRX STI」の販売価格は3,866,400円〜となっています。

新型「WRX STI」のスペックと販売価格

エンジン 水平対向4気筒 2.0リッターターボエンジン
最高出力 227kW(308PS)
最大トルク 422Nm(43.0kgm)
燃費 9.4km/L
トランスミッション 6速AT
販売価格 386万6400円(WRX STI)
406万800円(WRX STI Type S)
画像出典:
記事出典:

「WRX STI」ベースの新型「S208」を2017年秋頃に販売へ

2017年1月26日

今年4月に創立100周年を迎えるスバルですが、「WRX STI」をベースにチューニングを施した限定コンプリートカー「S208」を2017年秋頃に販売することを明らかにしました。

創立100周年を記念して登場する「S208」は、改良が施された新型「WRX」同様のデザインを取り入れ、従来モデル「S207」に存在していたロアグリルのメッシュ加工やウィンカー、フォグランプを排除する代わりに、ターンランプを内蔵したLEDヘッドランプが採用されています。リア部分ではオプションによりドライカーボン製のGTウィングが装備可能であるとのことです。
インテリアでは、フルカラー仕様の「マルチファンクションディスプレイ」が4.2インチから6.3インチへと変更され視認性が向上。また、エンジニアによって手組みで作られたEJ20型水平対向エンジンは、通常よりも耐久性がアップされており、より安定感のある走りが実現される模様です。予想販売価格は1000万円前後になるとされています。

先日のデトロイト・モーターショーにて公開されたスバル「WRX STI」

画像出典:
記事出典:

2018年モデルの「WRX/WRX STI」をデトロイト・モーターショーにて公開へ

2017年1月10日

スバルは、フェイスリフトを施した2018年モデルの「WRX/WRX STI」をデトロイト・モーターショーにて公開することを発表しました。

今回、公開を予定している「WRX/WRX STI」はどちらもアメリカ仕様となり、フロントグリルやバンパー、LEDヘッドランプに新たなデザインを採用し、これまでよりもスタイリッシュな顔つきへと進化されています。インテリアにおいては、ドアスイッチパネル等にブラック調パーツを採用するほか、スポーティなモデル「WRX STI」にはレカロ製の電動パワーシートをオプションで装備が可能とのこと。
また、シャシーにおいてはサスペンション設定を最適化し、安定感のある運転を楽しむことが出来る新電子制御マルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ※WRX STIのみ)を取り入れ、質感と快適性にこだわった内容に仕上がっています。安全面では、ブレーキペダルを踏んでいなくても停止状態を維持できる「オートビークルホールド」と呼ばれる機能をスバルブランドとして初めて搭載し、安全性能も向上されています。

画像/記事出典:

次期「WRX」は2020年に登場予定との噂

2017年12月28日

スポーツセダン「WRX」の次期モデルが、2020年に登場されるのではないかとの噂が入ってきました。

既に2018年モデルとしてフェイスリフトを控えている「WRX」ですが、フルモデルチェンジされる次期「WRX」は2020年以降になるとのこと。また、新型「インプレッサ」に導入された新たなプラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム(SGP)」を採用するほか、新たなハイブリッドシステムを取り入れることも予想されています。

画像/記事出典:

スバル「WRX STI」の新型モデルCG画像を入手

2016年11月10日

スバルのスポーツセダン「WRX STI」の新型モデルを予想したイメージ画像が公開されました。

今回公開されたイメージ画像は非公式なもので、あくまでも完成予想として作成されたものとなります。この新型WRXは、先日販売を新型モデルの販売を開始した「インプレッサ G4」をベースとされ、現行モデルからフロントバンパーをはじめ、サイドシル、リアディフューザー、ホイールのデザインをすべて一新する予定。また、ボンネットのエアスクープが新たに追加され、ブリスターフェンダーや大型リアウイングも装着されるのではないかと噂されています。WRXファンにはより一層魅力を増すモデルとなるのではないでしょうか。

なお、この新型「WRX STI」は、BMW「Mシリーズ」やメルセデス・ベンツ「AMG」といったハイパフォーマンスなモデルに対抗するモデルを目指しているようで、デザインはもちろんのこと走りにもこだわった新たな姿を見ることができそうです。

■新型「インプレッサ」最新情報

画像・記事出典:

概要

スバル「WRX STI」ってどんな車?

スバル「WRX STI」は、2014年に誕生した「WRXシリーズ」のスポーツセダン。インプレッサのスポーツ仕様車として販売されました。高い走行性能やデザイン性などが支持され、世界中から愛されている一台です。なお、「WRX STI」をベースにしたモデルがニュルブルクリンク24時間レースに参戦しています。

画像出典:

■スバル「WRX」シリーズ最新モデル情報

スペック

スバル現行「WRX STI」のスペックとライバル車比較

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4595mm×1795mm×1475mm
車両型式 スバル・CBA-VAB
エンジン 2.0ℓ DOHC ツインスクロールターボ
総排気量 1994cc
最高出力 227kW(308ps)/6400rpm
最大トルク 422Nm(43.0kgm)/4400rpm
出典:

ライバル車:ポルシェ「911カレラ」

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,505mm×1,835mm×1,295mm
エンジン 水平対向6気筒24バルブツインターボ
総排気量 2,981cc
最高出力 272kW(370PS)/6,500rpm
最大トルク 450N・m/1,700-5,000 rpm
出典:

燃費性能

スバル現行「WRX STI」の燃費とライバル車比較

燃費性能(JC08モード) 9.4km/L
出典:

ライバル車:ポルシェ「911カレラ」

燃費性能(JC08モード) 7.2~12.8km/L
出典:

インテリア

スバル現行「WRX STI」のインテリア

インテリアについては運転の楽しさが追求されており、全体的にスポーティーかつモダンな雰囲気に仕上がっています。またシートベルトやエアコンダイヤル、ステアリングホイール等にレッドカラーの装飾が施されている点も特徴的です。

画像出典:

エクステリア

スバル現行「WRX STI」のエクステリア

エクステリアは、フロントからリアまで流れるようなボディラインが描かれている点が特徴的。大型リヤスポイラーやLEDヘッドランプ、ダークガンメタリック塗装が施された18インチアルミホイール等が装着され、よりスポーティな表情です。インテリア同様に運転の楽しさが追求された仕上がりになっています。

画像出典:

販売価格

スバル現行「WRX STI」の販売価格とライバル車比較

販売価格(税込) 3,866,400円(WRX STI)
4,060,800円(WRX STI Type S)
出典:

ライバル車:ポルシェ「911カレラ」

販売価格(税込) 12,440,000円〜
出典:

販売時期

新型モデルの登場は2020年頃と予想されています。

スバル車最新ニュース

Наша организация предлагает www.danabol-in.com недорого с доставкой.
https://progressive.com.kz

источник budmagazin.com.ua