【スバル】次期「WRX STI」と噂される”VIZIV パフォーマンス STI”が登場!

 
1月12日に東京オートサロンにて、次期「WRX STI」と噂される「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」が発表されました。前後パンパーや大型リヤスポイラー、サイドシルスポイラー等はスポーティな作りになっており、最新「アイサイト」も搭載されるとのこと。最新情報をお届けします。

目次

ニュース

次期「WRX STI」と噂される”VIZIV パフォーマンス STI”が登場!

2018年1月16日

1月12日に開催された東京オートサロンにて、新たなコンセプトカー「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」をスバルが発表しました。この「VIZIV パフォーマンス STI」は、東京モーターショー2017に登場した”VIZIV パフォーマンス コンセプト”のSTI仕様。次期「WRX STI」と噂されているモデルです。

プラットフォームには”VIZIV パフォーマンス コンセプト”と同様にSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)が採用。前後パンパーや大型リヤスポイラー、サイドシルスポイラー等について、STIらしいスポーティなスタイリングに仕上げられている点が特徴的です。またルーフの先端にはカメラが2個装着されており、次期「WRX STI」には最新”アイサイト”が搭載されるものとみられています。次期「WRX STI」のデビューは、2018年夏頃を予定しています。

ヴィシブ パフォーマンス STI  

「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」のスペック

ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4650mm×1950mm×1430mm
ホイールベース 2730mm
タイヤサイズ 245/40R20
画像出典:
記事出典:

オートサロンで発表された「VIZIV(ヴィシブ) パフォーマンス STI」

画像出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする