【トヨタ】「ヴィッツ」に特別仕様車を設定、10月2日より販売開始

 
トヨタは、「ヴィッツ」に特別仕様車「F Safety Edition(Fセーフティ・エディション)」を設定し、10月2日より販売を開始しました。2020年には「ヴィッツ」のモデル名を統一し、より海外を意識した「ヤリス」へ。気になるスペックや価格など最新情報をお届けします。

トヨタ「ヴィッツ」のハイブリッドモデルがラインナップに追加予定

2017年1月11日

2017年にマイナーチェンジを施して販売を予定しているトヨタ「ヴィッツ」に、ハイブリッドモデルが新たにラインナップに追加されることが明らかになりました。

新たにハイブリッドモデルを導入する「ヴィッツ」は、1.5リッター直列4気筒DOHCガソリンエンジンに新型プリウスでも採用されているハイブリッドシステム「THS Ⅱ」を組み合わせることで、燃費性能を36.2km/L以上引き出すことが可能とされており、37.0km/Lという圧倒的な数値を誇る「アクア」と肩を並べることになりそうです。
エクステリアにおいては、バンパー、ラジエターグリル、ハッチゲート等に新たなデザインが採用されるほか、ヘッドライトのスタイルも変更されハロゲン・プロジェクター式・LEDの3つのタイプから選択可能であるとのこと。インテリアでは、ハイブリッドモデル専用のブルーカラーに装飾されたメーターが設定され、システムインジケーター、インフォメーションディスプレイは標準モデルとは違う配置になる模様です。その他、安全装備「トヨタ セーフティー センス C」を導入するなど快適性にこだわった一台になることは間違いなさそうです。なお、気になる販売価格は180万円ほどと予想されています。

トヨタ ヴィッツ

ハイブリッドモデル「ヴィッツ」の予想スペックと販売価格

エンジン 1.5L直列4気筒DOHCエンジン+モーター
システム最高出力 100ps
全長×全高×全幅 3885mm×1695mm×1530mm
燃費 36.2km/L以上
販売価格 180万円
画像/記事出典:

フェイスリフトモデル「ヴィッツ」のプロトタイプをキャッチ

2017年11月7日

トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ(海外車名:ヤリス)」のフェイスリフトモデルとされるプロトタイプの姿をキャッチしました。

カモフラージュが施されたフェイスリフトモデル「ヴィッツ」は、現行モデルよりもボディサイズを拡大し、ゆとりのある室内空間が実現されるとのこと。外観においては変更点は特に見当たりませんが、3ドア及び5ドアのスタイルが引き続きラインナップされるほか、ハイブリッドモデルも用意される模様です。その他情報は入っておりませんが、2017年に登場予定である新型「ヴィッツ」がどんなスタイルとなるのか今後も気になるところです。

トヨタ ヴィッツ

画像/記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする