手洗い洗車の仕方や手順は?誰でも簡単にできる”手洗い洗車のコツ”教えます

 
手洗い洗車の方法やコツをご紹介! 洗車をお店でするとお金がかかるし、やっぱり愛車は自分で洗いたいと思う方も多いのでは? しかし、手洗い洗車の仕方なんか分からない…なんて方も。そこで簡単にできる手洗い洗車の仕方や手順、注意事項をご紹介します。洗車する際の参考にしてください。

手洗いで洗車をしたいけど…

洗車 手洗い

画像出典:

愛車を綺麗にしたいけど洗車機で毎回洗うのはちょっと…という方や、お金を節約したい…という方がいるかもしれません。そういう時におすすめな洗車方法が「手洗い洗車」です。

手洗いで洗車をするなんて簡単でしょ?などと思う方もいるかもしれません。しかし、知識を持たずに手洗い洗車してしまい、車体にキズがついてしまったなんてことも少なくありません。綺麗にするために洗車をしたのに傷が付いてしまうなんて、さすがに悲しすぎますよね。今回は手洗い洗車をする方法や気をつけた方がいいこと、簡単にできるコツなどをご紹介します。

ボディはいきなりこすらない!洗いはじめはタイヤから

洗車 手洗い

画像出典:

手洗い洗車をする際に、スポンジやタオルを出していきなりボディをこすろうとする方がいるかもしれませんが、それは待ってください!
ボディには、たくさんの目に見えない砂や粒子が付着しているため、いきなりスポンジでこするとその粒子を車体に擦り付けている状態になり、傷の原因となります。

タイヤ周辺の手洗い洗車方法

洗車 手洗い

画像出典:

ボディから手洗い洗車を行いがちですが、先に最も汚いタイヤの周りから手洗い洗車をするようにしましょう!
タイヤを最初に洗う理由としては、タイヤやその周辺のボディ下が1番汚れている場所だからです。先にボディを洗ってタイヤを後回しにしてしまうと、せっかく綺麗になった場所にタイヤの汚れが付着してしまい、2度手間になることも。先にタイヤを洗うようにしておけば、汚れがまた付いてしまうことはありません。
掃除する際には上から、という意識があるかもしれませんが、洗車の始めには汚いものからの意識を持っておくと良いかもしれません。

水で洗車して、タオルで拭くように

手洗い洗車では、まずは軽く水洗いをして砂や粒子などを洗い流します。その上で、マイクロファイバーやセーム皮などの目が細い布で、拭くようにこすり洗いを行います。

洗う際のスポンジは、タイヤとボディで分けるようにしましょう。タイヤを洗ったスポンジには粒子や小石、砂などが大量についています。そのスポンジのままボディを洗うと傷ついてしまいます。勿体無いからといってケチらずに、専用のスポンジを使うようにしましょう。

【最新情報】ペット用の吸水タオルもいいとの噂も

人気俳優「窪田正孝」さんが、テレビ番組で使用していたことで話題を呼んだ”ペット用吸水タオル”。
このペット用吸水タオルは、伸縮性のあるふんわりとした柔らかさがあり、何度使用しても購入時の肌触りを維持してくれます。また、車用の吸水タオルよりも大きいため、素早く拭きたい時には便利なアイテムとなりそうです。ただ、あくまでもペット用なので悪しからず…。

窪田くんのやりすぎな洗車①。
ペットに話しかけるように車に話かけるの変人だけどもかわいい。

— みるく (@teaspoon0718)

肝心のボディの手洗い洗車方法

さて、タイヤの洗浄が終わったら次はボディの洗浄に入ります。

【工程1】まずは、水洗い

洗車 手洗い

画像出典:

丁寧に勢い良く水をかけていきましょう。ボディの汚れを取ることを目的とするため、高圧洗浄機のような勢いの出るものがあると汚れも落ちやすくなります。また、高圧洗浄機の代わりにホースにシャワーヘッドをつけても、もちろん楽に汚れを落とすことができます。

ポイントとしては、水を流しながらスポンジやマイクロファイバータオルなどでもう1度擦っていくと綺麗になります。水を流しながら掃除することによって水が円滑剤となり、ボディの負担軽減にも繋がります。また、塗装を冷やして硬くする効果もあります。

ポイント:上から下へ

ボディ洗車をする時には基本的には「上から下」へ行うようにしましょう。上で洗った汚れが下にいくため、下から洗うのは2度手間になってしまいます。上から順番に洗っていきましょう。
この水洗い洗車だけでも十分綺麗になりますが、シャンプー洗車を行う方はそのままシャンプー洗車へ移ります。

【工程2】シャンプー洗車

シャンプー洗車は、洗剤を使うことによりスポンジとのクッションになって、傷になるのを防いでくれる役割があります。また、油汚れがひどい場合にも有効的です。
しかし、界面活性剤を含んでいるため、洗い残しや長時間放置をすると塗装を劣化させたりシミになったりという恐れもあります。なるべく早く洗い流しましょう。

オススメのカーシャンプー

【工程3】自然乾燥は防ぎましょう

自然乾燥を防ごう

画像出典:

手洗い洗車が終わったら、乾かないうちに拭き取りましょう。洗車後の自然乾燥はよくありません。水が蒸発してしまうと、水の跡がボディに残ってしまったりシミがついてしまったりするため、逆に汚れて見えてしまいます。特に夏場は日が高く、すぐに水が蒸発して乾燥がはやくなるため、一面洗ったら車全体に水をかけて乾燥を防ぐくらいの勢いで進めましょう。手洗い洗車をする際には、夏場の日中は避け、朝早くか夕方などのボディがなるべく冷たい時間帯に行うとベターです。
また、この逆で冬場の日中は、どの時間帯でも問題ありませんが、日が陰った後にやると水が凍る可能性も。くれぐれも凍らないように注意する必要があります。

洗車後にはカーワックスかコーディングでツヤ長持ち?

手洗い洗車で綺麗にした後は、カーワックスやコーディング剤で艶を出すのも良いでしょう。ぴかぴかに綺麗になった車は気持ちが良いものですし、せっかく時間をかけて手洗い洗車したならば綺麗な状態を長持ちさせたいですよね。

手洗い洗車実践動画

引用:

手洗い洗車に関する口コミ情報

洗車するのが面倒という方は、お近くのガソリンスタンドでお願いするといいでしょう。

さん(@showhey02337)がシェアした投稿 –

さん(@kazu_smile)がシェアした投稿 –

さん(@number_8car)がシェアした投稿 –

まとめ

自分で洗車をするのは意外と簡単です。手洗い洗車は時間との勝負ですので、水が乾燥しない様に気をつけながら作業するようにしましょう。作業する時間には十分に気をつけて、愛車を綺麗にしてあげてください。ちなみに、4月28日(良い艶)と11月28日(いい艶)は、洗車の日に制定されていますので、意識して手洗い洗車してみるのも良いかもしれませんね。

洗車に関連した記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする