逆輸入車って国産車?それとも外車?海外で販売される日本メーカー車を徹底解説

 
意外と知らない逆輸入車について徹底解説!国内メーカーが国内で海外向けに作った車を輸出し、再び国内に輸入することを「逆輸出車」や「逆車」と言いますが、 国内で生産しているから「逆輸出車」は国産?海外から輸入しているから「外車」?そんな疑問に迫って解説します。

逆輸入車って?

そもそも「逆輸入車」とはどんな車なのか、輸入車と併せて確認しましょう。

輸入車とは?

VWポーラ

画像出典:

海外で製造・販売され、日本へ輸入された車のことを「外車」「外国車」「輸入車」と呼びます。輸入車については「高額」「日本車とは違うデザインでカッコいい」というイメージを抱いている方も多いかもしれません。

逆輸入車とは?

アキュラ

画像出典:

日本国内で生産した車を外国へ輸出し、現地で車両販売された車を再び日本へ輸入することを「逆輸入車」と呼びます。逆輸入車については、日本で生産されたにも関わらず、日本では販売されていないモデル等も多くあります。また日本で販売されている車種でも、エンジンやトランスミッションが異なっていたり、車体の大きさが日本よりも大きい、またはコンパクトだったりと、海外の土地や道幅に合わせて変更されていることも多々あります。

世界的に有名な逆輸入車メーカーとしては、トヨタ「レクサス」や日産「インフィニティ」、ホンダ「アキュラ」等々。「日本国内メーカーの車が欲しいけど、人とは違う車を運転したい」という方に、逆輸入車はおすすめです。

日本の主な逆輸入車

トヨタ 「サイオン」/「シエナ」/「ヴァーソ」/「タンドラ」/「タコマ」
日産 「マキシマ」/「アルティマ」/「インフィニティ」/「タイタン」/「ムラーノ」
ホンダ 「リッジライン」/「オデッセイ」/「パイロット」/「アキュラ」
三菱 「L200」/「エクリプス」
いすゞ 「D-MAX」

現地生産車

現地生産車

画像出典:

以前は「逆輸入車」と一緒にされていた「現地生産車」は、日本国内で生産した車ではなく、日本の自動車企業が日本国外の生産拠点で製造し、日本へ輸入した車両をさします。生産が海外で行われているので、日本のメーカー製造でも「輸入車」として扱われています。

しかし、自動車メーカーやディーラーが通常日本国内で販売している車両と同じように、現地生産車も自動車等届出制度が適応されていることから、ほぼ国内で製造された車両と見分けがつかないのが実情です。また、最近ではトヨタのピックアップトラック「ハイラックス」が、現地生産車として復活を遂げています(タイの工場で生産)が、日本国外で生産すると自動車1台分のコストが削減されるそうです。

現地生産車は厳密には逆輸入車ではありませんが、今回は一緒に紹介していきます。

逆輸入車は国産なの?外車なの?

では「逆輸入車」は「国産車」という扱いを受けるのでしょうか? それとも「外車」なのでしょうか?

費用について

「逆輸入車」の購入の際には「並行輸入車」と同様に、車検の通過基準を満たすように改造しなくてはなりません。これらは、並行輸入の企業の方でやってくれる場合がほとんどですが、日本の法律や規制に適合するように改造すると結構な費用が必要で、車体以外に100万から200万円の費用がかかってしまう場合もあります。この場合には、通常の外車と同じ扱いを受けることになります。

修理

画像出典:

また、部品交換が必要な場合も国内メーカーのような豊富な在庫もなければ、価格が外車のように高くなる場合もあります。この場合も外車のような扱いを受けます。

国内ディーラーで購入できるの?

本田

画像出典:

では、購入するときに日本国内のメーカーだったら国内ディーラーでも購入できるのでしょうか?

これに関しては購入できません。
前述の「インフィニティー」や「アキュラ」を例に挙げても、日本国内向けではなくアメリカ向けに生産しているモデルのため、日本メーカーが製造した車であっても国内のディーラーで購入することはできません。購入する場合は、外車と同様に並行輸入という形で日本国内に持ち込むしか手がありません。

ただし外車とは異なる点として、日本国内で購入はできなくても点検や修理といったケアは国内ディーラーで受け付けてくれることもあります。

「レクサス」は国内ディーラーにあるけど・・・

レクサス

画像出典:

ちなみにレクサスは国内に多数ディーラーが存在していますが、アメリカと同じ仕様の車が置いているわけではありません。アメリカと同じ仕様のレクサスがほしい!という場合には、やはり並行輸入をするしかありません。どちらかといえば逆輸入車は、国産車より外車に近いのが現状です。

逆輸入車はやっぱりカッコいい!〜クチコミ情報〜

日本では中々手入れが難しい逆輸入車ですが、個性的かつ珍しい1台が欲しい方にはオススメかもしれません。ただし、ボディは規格外のビッグサイズですので運転には注意が必要です。駐車場にすらすんなり入らない場合も…。

まとめ

国内メーカーの逆輸入車でも、海外向けに作られている車体は国内ディーラーでは購入できないため、並行輸入によって購入することになります。また、外車のように車体以外に諸経費がかかったり、部品交換の際に手間がかかったりするため、逆輸入車は国産車とは言い難く、どちらかといえば外車に近い存在と考えられます。

様々な手間やデメリットがあるものの、国産車では見かけないような珍しいスタイリッシュなモデルなどが多々ある逆輸入車。日本メーカーの信頼感を持ちながらも、海外メーカーの高級感を楽しめる点は非常に魅力的ではないでしょうか?

中古外車購入に関する関連記事

【外車に関してよくある疑問に関するアンサー記事】

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする