クラクションの正しい使い方!「ありがとう」のクラクションは違法行為?

 
危険を察知してもらうために使用するクラクション。常日頃使用するものではありませんが、クラクションの使い方を間違えてしまうとトラブルの元になります。実は「ありがとう」のクラクション(サンキューホーン)も違法行為に当たります。今回はクラクションの正しい使い方について解説していきます。

クラクションは使い方を間違えるとトラブルの元

車内

画像出典:

クラクションの使い方を間違えてしまうと、トラブルの元になります。実は「ありがとう」のクラクション(サンキューホーン)も違法行為に当たります。今回はクラクションの正しい使い方について解説します。

クラクションは使うのはどのような場面?

皆さんは、普段どのような時にクラクションを使っていますか?「道を譲ってくれた時」「知り合いや仲間とすれ違う時」「前方車両が遅い時」などのシチュエーションで使っている方が多いかもしれません。しかしこれらの使い方は全て誤りです。どれも立派な違法行為に当たるため、当てはまった方は十分注意しましょう。

クラクションのむやみな使用は禁止

ハンドル

画像出典:

クラクションの正しい使用方法については、道路交通法第54条にて以下のように定義されています。

車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

出典:

つまり「道を譲ってくれたことへの感謝」「仲間への挨拶」などの意味でクラクションを使うことは、危険防止という目的からは外れるため禁止されています。不適切な場面でのクラクション使用は立派な違反行為に当たり、5万円以下の罰金が課せられる場合もあります。

クラクションの正しい使用方法

クラクション 標識

画像出典:

続けて、道路交通法第54条にはこのように定義されています。

車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一  左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路の曲がり角又は見通しのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二  山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

出典:

道路交通法で定められているように、クラクションは「自分の存在を知らせて危険を察知してもらう」ために使用しなければなりません。例えば、山中の狭い道路のカーブ手前などには「警笛鳴らせ」という標識があります。この標識がある場所ではクラクションを鳴らさなければいけません。また運転している自車に気付かずに車両が接近してきた場合にも、危険防止のためにクラクションを鳴らす必要があります。クラクションの正しい使い方は、教習所で誰もが学ぶ必修項目です。しかし街中走行では使用頻度も少ないため、次第に忘れてしまう方が多いようです。

クラクション音を不快に感じる方もいる

クラクションの使用については特に注意が必要です。クラクション音は大きく、周りに響きます。クラクションに反応してほしいドライバーだけでなく、周囲の歩行者や住民にもクラクション音は届きます。中には不快に感じる方もいるかもしれない、ということを心得ておきましょう。

クラクションを使用するべき場面

周囲に注意喚起する場合には、クラクションを鳴らす必要があります。クラクションを鳴らすべき場面について確認しておきましょう。

・車が路地から出て来る気配があるが、自車の存在に気が付いていない場合
・隣の車線の車が必要以上に寄ってきた場合
・路肩の駐車車両が急発進しそうな場合
・上り坂で信号待ちをしている前車のブレーキが緩み、自車に迫ってくる場合

クラクションの使用には十分な注意が必要

クラクションは危険を感じた時に使用するのが基本です。しかし、中には誤ったクラクションの使い方でトラブルが起こることもあるようです。例えば、誰かが道に車を止めており、運転手を呼ぶときにクラクションを鳴らして運転手を呼び出したりしますが、周りに住んでいる人たちに迷惑をかけ、怒った住民とトラブルになるなど、ちょっとしたことですが大問題に発展してしまうかもしれません。

画像出典:

クラクションについての口コミ

神奈川県民の勝手な偏見なんだけど…
横浜市民は何故かテング、どこ出身?と聞かれたら神奈川県と言わず横浜という…
相模原市民は輩というか車とかすぐクラクション鳴らす、うるさい。
茅ヶ崎市は譲り合いしないから車とか入れさせてくれない。
綾瀬市はナリヤンが多い。

— こざこゆちの助 (@yuua0208)

家の前でオーディオバンバン鳴らしよる輩と配送みたいな車が道の譲り方で揉めてる🙄
住宅街でオーディオ野郎まじでうるさいんやけど😒
オーディオうるさいし、クラクションずっと鳴らすし、まじ近所迷惑😒
何でお互い譲り合うって気持ちがないんかな🙄
ホント頭悪いなー😒
クラクションで目が覚めた…

— みやぽん@黄色エボ (@evo7_Yellow51)

夜の「道譲ってくれてありがとう」はペッ!(※クラクション)だな。地域によってはここでパッシングすることもあるってことかな。私はペッ!ってするわ。

— 池田多紀 (@ikedataki)

クラクションを鳴らしながら煽り運転をする危険行為も…

初心者マークをつけている車に対してクラクションを連打したり、充分な車間距離を取らずに煽りをかけるドライバーは死刑にすべきだ

— 死刑にすべきだBot (@shikei_bot)

【まとめ】「ありがとう」の気持ちは”パッシング&ハザード”で

クラクションを「ありがとう」の意味で使用している方は多いのではないでしょうか。しかしこれは違反行為です。「ありがとう」の気持ちを1人に伝えることで、その他大勢が不快な思いをすることもあります。「ありがとう」を伝えるには、パッシングやハザードを点灯させるのが一番いい方法なのではないでしょうか?クラクションは、あくまで「危険回避のために使用する」という心構えのもとで使用し、決して八つ当たりをしないように広い心をもって運転しましょう。

画像出典:

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする