ランボルギーニ 「テルッツオ・ミレニオ」遂に公開!”アヴェンタドール”の後継となりうるか

 
ランボルギーニ"アヴェンタドール"の後継モデルと言われているEVコンセプト「テルッツオ・ミレニオ」が遂に公開!車高を低く構えた独特のデザインは、まさに近未来型のEVスーパーカーとなっています。そんな"テルッツオ・ミレニオ"の最新情報をお届けします。

目次

ニュース

「テルッツオ・ミレニオ」遂に公開!”アヴェンタドール”の後継となりうるか

2017年11月7日

ランボルギーニは、”アヴェンタドール”の後継モデルと言われているEVコンセプト「テルッツオ・ミレニオ」を発表しました。

このコンセプトモデル「テルッツオ・ミレニオ」は、マサチューセッツ工科大学との共同開発によって製造されたEVスーパーカー。車高を低く設定したエクステリアでは、アストンマーティン”ヴァルキリー”のような独特のボディスタイルが印象的です。具体的には、空力抵抗を考慮したサイドパネルには多くのダクトが設置される他、リヤテールライトには”チェンテナリオ”のようなデザインを採用。スーパーカー特有の大型リヤウィングは装着されていませんが、まさに近未来を彷彿とさせる一台に仕上がっています。

また、ボディの破損やダメージを検出する破損検知センサーを搭載。パワートレインでは、4つの車輪に電気モーターが1基ずつ搭載され、最高出力は1,000ps(予想)を発揮するそうです。今後は、充電性能やバッテリー劣化を軽減させる開発を進めていくと同時に、EVモデルでもV12エンジン並みのサウンドを楽しめる仕組みを構築していくとのことですが、最終的にどんな仕様となるのか気になるところです。

ランボルギーニ・テルツォ・ミレニオ

画像/記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする