駐車違反時に点数を引かれない方法!駐禁違反の点数や罰金について

 
2006年の道路交通法の改正から駐車禁止違反に対して厳しくなりました。そんな駐車禁止違反ですが、実は点数が引かれない方法があるのをご存知でしょうか? 駐車禁止違反をしてしまった時の対応(裏ワザ)についてご紹介していきます。

駐禁(駐車禁止)に引っかかる放置駐車違反とは?

2006年以前は、警察が違法車両を確認したら多少の猶予を与えてから再び確認し、まだ停車していたらステッカーを取り付けていました。しかし、2006年の道路交通法の改正以降は、5分であれ1分であれ運転手が車から離れていると、ただちに取締がなされる「放置駐車違反」が制定されました。

取締は警察だけではなく、「駐車監視員」とよばれるみどりの制服の監視員によって黄色いステッカーの確認標章を貼付けられていきます。この後の行動によっては違反点数が加点されてしまったり、逆に違反点数の減点を免れたり、最悪の場合車検の更新や財産が差し押さえられ逮捕なんてこともあり得ます。

駐車禁止 駐車違反

画像出典:

ここまで取締が厳しくなった今日に、冒頭でのご紹介の通り駐車違反をしたのに違反点数にならない場合があるの?と思う方もいるかもしれません。実は、現行の制度では点数を加算させない方法があります。

駐禁時に違反点数が加算されない方法

出頭は任意です!

まず、標章が貼られた場合、”すぐに警察に出頭しないといけない”と思われるかもしれませんが、実は警察への出頭は強制ではありません。標章にも出頭に関する文言は一文もありません。あくまで任意とされています。つまり、違反点数にならない方法は単純に出頭をしない、ということです。

出頭した場合

警察署
画像出典:

もし警察へ出頭した場合、出頭した人に対して反則金の納付とともに違反点数が加算されてしまい、もちろん違反歴にもなってしまいます。しかし、そもそも駐車違反は運転者への罰則となっていますが、標章を貼った時点では運転者が誰なのかわからない状態です。駐車違反の標章は誰だか分からないけど、違反を知らせる為に車両に貼り付けられている状態、と考えられます。出頭しなければ、駐車違反した運転者が誰かわからないため、違反点数を引くことはできません。

では運転者が出頭しなかった場合はどうなるのかというと、今度は車の所有者に駐車違反の責任が移ります。

注意すべき例外

レンタカーショップ
画像出典:

ここで1つ注意しておきたいのは、レンタカーなどを借りていた場合のことです。
レンタカーを借りていた場合、レンタカー会社から出頭してくれと言われると思いますが、くれぐれも無視しないようにしましょう。また、友人など他人から借りた車の場合も迷惑がかからないようになるべく出頭しましょう。

出頭をしないとどうなる?

出頭をしないでいると、駐車違反の責任が車の所有者に移り、所有者宛に「放置違反金」の仮納付書と「弁明通知書」が届きます。「弁明通知書」により弁明することも可能で、認められれば違反金の納付命令は取り消しにされることがあります。
もちろん、違反点数が加点されることもありませんし、違反歴もつきません!

弁明しなかったら?

では、弁明せずに違反金を支払うとしましょう。違反金を支払えば、弁明が認められたときと同様に違反点数には加算されません。しかし、違反金を納付したという事実があるため、「納付命令」を受けた回数としては保管されてしまいます。違反金の納付命令を何回か重ねると車両の使用制限がかかってしまう場合もあるため注意しましょう。

放置違反金及び反則金

駐停車禁止場所など 普通自動車:18,000円
中型・大型自動車:25,000円
二輪車:10,000円
駐車禁止場所など 普通自動車:15,000円
中型・大型自動車:21,000円
二輪車:9,000円
時間制限駐車区間での時間超過 普通自動車:10,000円
中型・大型自動車:12,000円
二輪車:6,000円

そもそも駐車禁止違反を貼られないようにする

また、駐車違反を取り締まっているのは駐車監視員ですので、人の目です。駐車監視員を誤摩化して駐禁にならない方法もあります。

ボディカバー 01

画像出典:

それは、対象となる「運転手が車両からは離れている」状態なのかわからなくするのです。駐車監視員の方々は明らかに黒なものを取り締り、グレーなものはトラブルを避ける為に取り締らないことがあります。

窓ガラスにスモークフィルム(フルスモーク)を貼る他、私有地に停車する方法もあります。また、ナンバープレートを撮影されないように、停車中にナンバープレートを隠してしまうという手もあります。但し、私有地に停車する場合は土地の権利者に了解を取らないとトラブルになることがありますのでご注意ください。以外にも短時間の駐車で一番簡単なのは、車のバックドアを開けっぱなしにして置くことです。実際に、警察の駐禁取り締まりでも何回も回避できたみたいです。試してみる価値はありそうですね。

クチコミ情報

ネット上では、駐車違反に関する意見は多く寄せられています。

駐車違反て面白いぜ。違反ステッカー放置で放っておけば自動車所有者宛に罰金支払伝票届いて来て払えば終わりだけど真面目に警察署出頭すると支払伝票(金額同)渡された上に違反減点2点もついてくるんだぜ。これぞ真面目な奴がバカを見るの典型だよな(原則出頭な為らしいけど)

— XL отец (@craftcuvik)

仕事中に駐禁きられて反則金払えっていうのは分かる。その時乗ってた車は会社ので、前に使ってた社員(飛んだ)から名義変更されてなくて色々あって重複して反則金払った分までこっちが払えってのはおかしいだろ。そもそも違反しなければって、そもそもなら名義変更だろが。ふざけてるわ

— 鋼鉄ゆー@2.7歳&34w (@yukallica)

歌舞伎町では、『歩行困難者使用中カード』(駐車禁止除外指定車標章)をダッシュボードに置いてる路駐車をよく見かける。これはモザイク案件だとか、いろいろ考えてしまいますね

— 仙頭正教 (@sento1025)

危うく駐禁取られそうだった
ケド見ず知らずの周りのお客さんのおかげさまで回避なうw

あぶねー(ฅฅ*)💦
都心のバイク駐車事情はほんと優しくない

— 苺野しずく (@studio15heart)

まとめ

駐車禁止で確認標章を貼られたからと言って、慌てて警察に出頭しない方が違法点数は加算されないということはご理解頂けたかと思います。場合によっては出頭しないとならない場合もありますが、出頭すると青切符を渡されてしまうので確実に違反点数が引かれてしまいます。

駐車禁止違反で確認標章を貼られてしまっても、警察に出頭せずに後から送付される違反金の支払いの対応で点数は引かれずに済みます。1番良いのは駐車禁止違反をしないことなのですが、少しでも参考になるように対処法を覚えておいてくださいね。

駐車禁止

画像出典:

駐車違反に関するまとめ記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする