赤信号でスマホを触るのは違反!?違反にならない条件や基準を検証

 
赤信号でスマホを触るのは違反なのか徹底解説!ドライブ中に電話が鳴ったので、その場で取ってしまい運悪く警察に捕まってしまった...なんて経験があるはず。確かに走行中のスマホの利用は道路交通法で禁止されていますが、信号待ちは大丈夫なのでしょうか?今回はそんな疑問にスポットライトを当てました。

罰則・違反金

「走行中」に携帯電話で通話をした場合は、下記のように原点や罰金が課されてしまいます。

携帯電話使用等(交通の危険)違反 反則金9,000円
減点2点
携帯電話使用等(保持)違反 反則金6,000円
減点1点
画像出典:

道路交通法ではこう定められている

道路交通法には、携帯電話におけるながら運転について以下の通り法律が定められています。

運転者の遵守事項
第71条第5号の5
自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものを除く。)に表示された画像を注視しないこと。

この法律ですが、気になる点があることにお気づきの方もいるのではないでしょうか?
[1]当該自動車等が停止しているときを除き、
エンジンがついていても完全に停止している場合であればOKということです。赤信号も完全に停車をしている状態だけどOKなの?
[2]全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。
手に保持するのがNGならば、スマホフォルダを利用すればNGにはならないのか?
[3]表示された画像を注視しないこと
注視って何秒?注視しなければOK?

実は、こんな疑問が出るほど現在の法律には一部曖昧なところがあるのです。その曖昧な点について説明をしていきます。

赤信号でのスマホの利用はOKか!?

法律上では、完全に停車をしている状態であれば携帯電話を使用することは禁じていません。確かに路肩に停車をして、エンジンをかけたままスマホを操作している姿はよく見かけますよね。
気になる赤信号についてですが、「動かない限りは使用しても違反ではない」ということになります。

スマホながら運転

画像出典:

このことはあまり浸透しておらず、警察官ですら誤解をしているのではないでしょうか。

赤信号の停止中でスマホいじるのは道交法違反にならなげだけど警察全員がそれを把握してないからさじ加減で切符切られることがあると。ダメでしょそれ。

— 朔耶 (@mahhablue)


動いていないことを立証できれば罰せられることはありません。もしこのケースで捕まってしまったという時には抗議をすることをお勧めします。
※一瞬でも動かしてしまうと違反になります。そのため、信号待ちでも実質操作ができるのは数秒程度です。

スマホフォルダであればOKなのか!?

走行中に手に持ち操作をすることは禁止されています。しかし、最近では、スマートフォンを固定できる車載ホルダーはカーショップで気軽に手に入りますよね。それであれば手に持つこともないので問題ないかというと、「手に持っていなければ走行中に操作可能」となります。
しかし、この後紹介する「注視」に該当する可能性があるので、使用方法は十分に注意する必要があります。

スマホながら運転

画像出典:

注視しなければ問題ない!でもその基準は?

注視とは「注意深くじっと見ること」の意味で、法律ではじっくり見ることが違反とっています。裏を返せば注視しなければ違反ではありません。では、注視の基準って何だろう?と調べるのですが、、、
現在の道路交通法には注視について厳密な時間などの指定はされていないのが現状のようです。その為、現場の警察官個々の基準(さじ加減)が設定されてしまう可能性も高いです。

スマホながら運転

画像出典:

そもそも走行中に長時間見るのは危険ですが、この注視については常に気を配り、例えスマホフォルダを使っているからといって、長いこと画面を見続けないように注意しましょう。仮にスマホの地図アプリで目的地までのルート案内をしていたとしても、画面を見続けて運転するのは完全にアウトですね。ルート案内でも、一瞬どこで曲がるのか、この交差点は直進でいいのかなど、一瞬の確認は注視にはならないと思いますので良いと思います。ただ、そもそも目的地までのルートはあらかじめ頭に入れておくのが大前提ですが。教習所で自主経路設計というものをやったはずです。

画像出典:

AppleWatch(アップルウォッチ)も違反対象になるかも?

アップルウォッチ 赤信号

画像出典:

AppleWatch(アップルウォッチ)は、時計としての機能だけではなく、通話、音楽再生、メールやLINEなどの通知の他、ナビ表示することも可能であり、まさに利便性の高い時計型スマートフォンとも言えるアイテム。ですが、運転時に利用すると場合によっては罰則を受ける可能性があるようです。

最近では、カナダ・オンタリオ州にて赤信号の停車中にAppleWatch(アップルウォッチ)を操作したとして、運転手である女性が取り締まりを受けています(罰金400ドル)。日本では、スマートウォッチの利用による罰則は設けていませんが(オンタリオ州では禁止)、こちらもスマートフォン同様に運転中の操作は控えた方がいいでしょう。

ユーザーの声

ネット上では、赤信号でスマホを操作して違反切符を切られた方もいるようです。違反かどうかの判断は警察の”さじ加減”ではありますが、大きな事故に繋がる可能性もあるので、スマホは極力操作しないほうがいいかもしれません。

とある交差点。。赤信号変わる寸前に進入した車。。道塞がれて前に進めず。。
運転中にスマホ触っちゃダメだけど、交通ルールは守ってほしい。。

— YUKI ( 幸 恵 ) (@yuchi405)

赤信号で停車中にスマホ確認してたら、前からパトカー来て慌ててスマホを見えない位置に下げたが、警官が徐行してじっと見続けるのでスマホ消してそっとしまった。一応確認して見たのだが、停車中のスマホはまだ違反じゃない。

— 復活の0range (@00bata)

通常の走行中に携帯を見ている人も少なくないのですが、それとは別に赤信号で停車した時にスマホをみて青信号になって動き出してもしばらく見てしまっているケースが割と多いですね。停車中にスマホ(携帯電話)をみるのは違反でないためそうなってしまうのでしょうが、追突のリスクが大きいですね…。

— ごうぎ しげる🔬 (@sgougi)

ところで今朝赤信号待ちで停車中にスマホ確認してたらパトカーに違反切符切られたんだけど、停車中もスマホアカンの?赤信号中はニュートラル+サイドブレーキかけてるからブレーキランプは点いてなかったと思うけど酷くない?

— Jey (@jwf27jey)

元SMAPの香取慎吾さんからはこんな意見も

その逆に運転手からすると、赤信号にも関わらず「歩きスマホ」をする歩行者に恐怖を覚えたことはないでしょうか?元SMAPの香取慎吾さんもこの恐怖を体験しており、ネット上で大きな話題を呼んでいます。運転手しかり歩行者もスマホを操作する際は、しっかり止まってから行うようにしましょう。

横断歩道
スマホに夢中で
赤信号を堂々と
のんびり渡る人を見た
彼は渡り切っても
赤信号に気付いていない様子で
去って行った

こわかった

僕も気をつけよう
みんなも気をつけましょう

— 香取慎吾 (@ktrsngofficial)

まとめ

スマートフォンの利用は、法律的には「完全に止まっている状態」もしくは「手に触れず、注視をしない」条件であれば、捕まることはありません。
しかし、今回紹介した点については、どれも完全な状態であることが条件です。一つでも欠ける場合には違反行為となり罰の対象となるので、利用には十分注意するようにしてください。仮にも、助手席やダッシュボードの上にスマホを置いておくと、警察に車を止められたときにイチャモンを付けられる可能性もあるので、スマホは後部座席に置くか、カバンの中にしまっておくと無実の証明が出来ますね。

赤信号 スマホ

画像出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする