車のへこみはドライヤーで直る?修復方法やおすすめグッズを紹介!

 
車のボディがへこんだ際、どのように直していますか?専門業者に修理依頼する方が多いかもしれませんが、実は皆さんが普段使っているドライヤーを使って修理できる場合があります。今回は車のへこみをドライヤーで直す方法について解説します。

車のへこみを直すには

へこみ・ドライヤー

画像出典:

車のボディがへこんだ際、どのように直していますか?修理業者に依頼する方が多いかもしれませんが、実は皆さんが普段使っているドライヤーを使って修理できる場合があります。今回は車のへこみをドライヤーで直す方法について解説します。

車のへこみがドライヤーで直る理由

ポイントは「熱」です。車のへこみ箇所にドライヤーの熱風を当てることでボディが軟化します。その形状変化を利用することで車のへこみが直る、という仕組みです。またへこみ箇所の素材によって修理方法は異なるため注意しましょう。

車のへこみをドライヤーで直す方法

バンパーがへこんでいる場合

ぶつける頻度が特に高いバンパー。バンパーには樹脂製素材が使われていることがほとんどです。樹脂製素材は熱に弱いため、ドライヤーを使うことで比較的簡単にへこみを直すことができます。方法としては、まずへこみ箇所にドライヤーの熱風を当てます。その後にへこみ箇所の裏側から押すことでへこみが直ります。

画像出典:

ボディがへこんでいる場合

一般的にボディには鋼板素材が使われています。樹脂製素材とは異なり熱に強いため、ただドライヤーの熱風を当てるだけではへこみは直りません。しかし鋼板には形状を記憶する性質があります。その性質を利用することで、へこみを直すことができます。方法としては、バンパーと同様にドライヤーでへこみ箇所を温めます。その後に冷却剤などを吹き付けて一気に冷やします。これによってへこみが直ります。

画像出典:

お湯でも代用可能

ちなみに沸騰させたお湯でも代用できます。ドライヤーよりも若干効果は薄いようですが、ドライヤーの電源確保が難しい場合には一度試すことをおすすめします。

【番外編】デントリペアツールを使う

デントリペアツールを使って、一切熱を利用せずに直すという方法もあります。デントリペアツールとは金属製品や車などのへこみを直す専用工具で、吸着力を利用してへこみを直します。へこみの大きさによっては対応しきれない場合もありますが、手軽・安価に行えるという点が大きな強みです。

吸盤でも大丈夫?

中には、どこにでもある一般タイプの吸盤を使って車のへこみを直そうとする方もいるようです。しかしこれでは車体に跡が付く恐れあります。なるべく避けた方が良いでしょう。

画像出典:

車のへこみを直す際のおすすめグッズ

ドライヤー

このドライヤーはシガーソケットに差し込んで使用できるため非常に便利です。また小型サイズで取り回しが良い点も魅力的です。

冷却スプレー

この冷却スプレーは噴射口が狭いため、噴射箇所が調整しやすいという点が魅力です。なお、車内に保管する際には熱がこもらない場所に置きましょう。

ヒートガン

確実に車のへこみを直したいという方にはヒートガンもおすすめです。このヒートガンは温度調節もできるため、ボディのへこみについてもドライヤーより容易に直すことができます。

デントリペアツール

非常に安価なデントリペアツールです。車のタイプや傷のサイズなどにも幅広く対応しており、口コミなどの評価も圧倒的です。

車のへこみをドライヤーで直す際の注意点

へこみ・ドライヤー

画像出典:

車によっては、ドライヤーの熱風を当てることで型崩れが起きることもあるようです。特に鋼板が薄い軽自動車のへこみを直す際には注意しましょう。もし修理に不安がある場合は、やはり専門業者に依頼しましょう。

車のへこみについての口コミ

そういえば私が前につぶやいてた車のへこみ、
大分大きくって修理に30万だそうですきつい

[email protected]ベリアス鯖 (@Deed_echoofsoul)

車のへこみはドライヤーで熱すると柔らかくなるので後ろから押すと動かせるそうな。ただっ杯しても誰にも文句言えないので心配なら業者に任せたほうがいいでしょう

— taka (@yakudatu1)

【車のドアのへこみを直す裏技】1.車の全てのドアと窓を閉める。 2.へこんでいるドアを開け、そのドアを思い切り閉める。 1回で直らない場合は、数回行うと効果的です。

— おっさんの知恵袋 (@chie_bukuro)

まとめ

ある程度の車のへこみであれば、ドライヤーを使って直すことができます。また確実に車のへこみを直したいという方は、ヒートガンやデントリペアツールなどを使うと良いでしょう。ただし失敗した場合は自己責任です。作業が不安という方は大人しく業者に依頼しましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする