ジープ 新型「ラングラー」ピックアップトラックは2018年11月に生産へ

 
2018年に販売を予定しているジープの新型「ラングラー」。今回は「ラングラー アンリミテッド」をベースに開発されたピックアップトラックを、2018年11月から生産するとの情報が入りました!ジープとしては25年ぶりにピックアップトラックに挑むことになりますが、一体どんな一台になるのでしょうか。ジープ新型「ラングラー」最新情報をお届けします。

目次

ニュース

新型「ラングラー」ピックアップトラックは2018年11月に生産へ

2018年4月11日

以前から話題を呼んでいる新型「ラングラー アンリミテッド」のピックアップトラックですが、2018年11月に生産を開始するとの情報が入ってきました。

約25年ぶりに投入されるジープの新たなピックアップトラック「スクランブラー JT(仮)」。新型「ラングラー アンリミテッド」の内外装はそのままにホイールベースを延長し、シングルキャブとダブルキャブの2つを用意する模様です。

また、フードやドア部分にアルミニウム素材を取り入れるなど、軽量化にも配慮しているそうです。気になるパワートレインにおいては、3リッターV型6気筒ガソリン、2.2リッター直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載する他、ハイブリッドモデルの導入も予想されています。

ジープ ラングラー ピックアップトラック

画像出典:

日本導入の可能性は?

この新型「スクランブラー JT(仮)」は、2019年4月に販売すると言われていますが、日本に導入する可能性は低いと言えるでしょう。というのも、トヨタ「ハイラックス」のように日本でもピックアップトラックの人気が出始めているものの、やはり日本の公道では扱いにくい車種。

ジープ愛好家でも、恐らく新型「ラングラー アンリミテッド」を購入する比率の方が圧倒的に多いはずです。それでも、この数年で個性的かつファッション性を求めるドライバーが増えることになれば、もしかすると日本に上陸するかもしれません。

ジープ ラングラー ピックアップトラック

画像/記事出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする