車のヘッドレストは外すと違法!ヘッドレストの役割と正しい使い方を解説

 
頭部を守るための装置である"ヘッドレスト"。運転中に首や肩が痛くなり辛いからなどの理由で外したことがある方もいるかもしれませんが、実はヘッドレストを外すのは法律違反ですし、とても危険です。ヘッドレストを外した状態の危険性を含めて、正しい使い方や役割を解説します!

ヘッドレストとは?

ヘッドレスト

画像出典:

車にヘッドレストがついているのはご存知ですよね?
車によっては運転席と助手席だけで後部座席にはついていない、といった場合もあります。どうしてヘッドレストがついているのか知っている方は少ないのではないでしょうか。中には運転中に”頭に当たって鬱陶しい”、”首や肩が痛くなってしまって邪魔になる”などと言った理由でヘッドレストを外してしまう方もいます。

しかし、ヘッドレストがないと車検が通りません。そのことから、ヘッドレストがついている意味はわからなくても、ヘッドレストが非常に大事なパーツであることは分かっていただけるかと思います。

ヘッドレストの役割

ヘッドレストは、英語の「Head restraint(ヘッドレストレイント)」の略語です。”rest”であれば休みや休息の意味になりますが、”restraint”は抑制や拘束の意味となります。ヘッドレストは、頭を休めるための枕ではなくて”頭部の後傾を防止する装置”、”衝撃を抑制させるもの”であり、頭を抑え事故などの衝撃を抑制して頭を守ってくれる役割を果たします。

事故でよく起こりがちな追突事故のデータでは、車に追突された場合、ほとんど”首”の怪我を負うとも言われています。追突事故の際、追突したりブレーキを踏むことによって、進行方向に急激に慣性の力が働きます。その際に、体とは逆方向にむちうちのように頭部が前後に大きく動いてしまい、首を損傷する事態がよく発生しています。この時の、頭部が後ろへむちうちのように倒れるのを防止してくれるものがヘッドレストです。

ヘッドレストは外すと違法?

ヘッドレスト

画像出典:

前述の通り、邪魔だからとヘッドレストを外してしまうと、事故を起こしてしまった際に「むちうち症」となり、最悪の場合は後遺症が遺ってしまいます。また、ヘッドレストの付いていない車は保安基準が満たされていないとされて車検にも通りません。

法律でヘッドレストを装着して運転することが義務付けられているため、ヘッドレストを装着せずに走行する行為は「道路運送車両法の保安基準」違反に当たります。違反になってしまったら”違反切符を切られて罰金を支払ってしまえばいい”というわけにはいかなくなります。罰金刑や懲役刑が課せられる場合もありますので、くれぐれもヘッドレストは外さないように、きちんと装着して運転しましょう。

ヘッドレストの正しい使い方

ヘッドレスト2

画像出典:

衝撃を抑制してくれるためのヘッドレストですが、ヘッドレストをしっかり付けていたとしても、きちんとした使い方をしないと本来の頭部を守る性能は発揮されません。それでは、ヘッドレストの正しい使い方とはどういった使い方をするのか整理していきましょう。

高さの調整

使用NGOK

画像出典:

ヘッドレストの使用で最も重要なのは、ヘッドレストの高さの調整です。
自分の頭と合わない位置にヘッドレストがあったら、いくら保護をする性能があると言っても効果は得られません。面倒臭いかもしれませんが、いざという時のために調整はしましょう。

調整する際には、まず、頭を後ろに傾けてみましょう。頭がヘッドレストの上部に乗り上げてしまうようでしたら調整が必要です。頭が確実にヘッドレストで保護される高さに調整しましょう。

前後で調整が可能な場合も

また、前後で調整が可能なヘッドレストもあります。その場合は、普通の感覚より前の方で運転姿勢を取った時の、後頭部に近い場所に調整するのが良いとされています。前後にもしっかりと調整を行うようにしましょう。

ヘッドレストに関する動画

出典:

アクティブヘッドレスト

アクティブヘッドレスト

画像出典:

近年の車には、アクティブヘッドレストという機能が搭載された車種があります。これは普通のヘッドレストとどのような点が異なるのでしょうか?

アクティブヘッドレストは、テコの原理を利用したヘッドレストです。車に追突された時に体が一度前方へ倒れ後方へ下がるのを利用し、ヘッドレストを前方に動かします。それによって後部へ頭が移動することを防ぐことができ、一般的なヘッドレストよりも大幅に首の損傷を防げることが可能になりました。

アクティブヘッドレスト使用の注意

追突された際にヘッドレストの高さが十分でなかったり、背もたれにテレビモニターが取り付けられていたり、背もたれポケットに重い荷物を入れた状態だとこの機能がきちんと作動しません。アクティブヘッドレスト搭載の車種に乗っている方は、今一度見直してみるようにしましょう。

【番外編】ヘッドレストにスピーカーを搭載!日産が最新の音声技術を披露

日産は、ヘッドレストの可能性を広げるべく、2017年8月にマイクロソフト社の音声認識システム「コルタナ」を利用した最新音声技術を披露。「コルタナ」は、人間と会話するような感覚でカーナビの目的地を設定する他、音楽をセレクト、SNSなどのメール送信といった操作を可能としています。また、これらの情報がヘッドレストに新搭載されたスピーカー(ボーズのヘッドレストスピーカー技術”Bose Awareシグナルステアリング・テクノロジー”)から音声案内で指示されるため、これまでよりも音の方向性をリアルにキャッチすることができます。

現段階では、欧州仕様「マイクラ(日本名:マーチ)」に搭載を予定していますが、これが日本でも導入されることになればドライバーの判断力を向上する他、安全運転にも繋がることは間違いないでしょう。

ボーズ ヘッドレスト

画像出典:

ヘッドレストに関するネット上の声

“運転の邪魔”という理由でヘッドレストを装着していない方も多いようですが、どんな理由であれ必ず装着するようにしましょう。

バスの運転席のヘッドレストが邪魔だと外す人も多いですが、これ、道路運送車両法違反です。ご注意を。

— 琴の浦親方@これからも関西なNBKの会会長 (@funya228)

元から装備されてるヘッドレストを外して乗ったらそれ違反やし死傷する確率も上がるし保険おりないかもしれんし、まあ百害あって一利なしですわ・・・

— きゃび (@cabina90)

ヘッドレストの角度が本当に合わなくて首が下向いちゃって視線が下向いちゃうんだけどあれって本当どうにかならないの?外すと違反なのは分かるんだけど付いてると運転出来ないくらい首が曲がるんだけど

— ちゃんいお (@58950yen)

まとめ

ヘッドレストは、単純に枕のような疲れた時に頭を休めるための道具だと思っている方も多かったかもしれませんが、実は頭を守るために大切な機能があるものです。軽自動車や、軽トラックなどはシートとヘッドレストが一体型になっている物もあります。今後は、近年出てきているアクティブヘッドレストが普及することも見込まれています。車選びの1つに、アクティブヘッドレストを入れてみるのもいいかもしれません。
安全のため、万が一のことを考えてヘッドレストはきちんと装着し、自分に合うように調整しておきましょう。

自動車の安全装備に関するまとめ記事

出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする