cosmetic-dentistsマガジン

車の液漏れの原因や対処法! 液漏れの色や位置からトラブルを発見

液漏れには落ち着いて対処すること

車からの液体漏れを発見すると焦ってしまいますよね。中には緊急度が高い液漏れの場合もありますし、ドライバーであれば、液漏れした際の原因を判別し落ち着いて対処できた方が良いでしょう。そんな液漏れについて、色や位置からトラブルの原因を判別し、対処する方法を解説します。

液漏れの原因は様々

車には様々な液体が使われています。燃料であるガソリンや軽油をはじめ、冷却水であるラジエーター液や潤滑油であるエンジンオイル、さらに排気ガスなどにも水分が含まれています。車を使用していると、そのような様々な液体が車体内部に溜まることがあります。定期的にメンテナンスをしていれば液漏れはあまり起こりませんが、メンテナンスをサボっていると、液漏れが発生することがあります。

液漏れの原因を色から判別する方法

どの液体が漏れているかについては、液漏れが発生している位置や液体の色などから判別できます。まずは液体の色から判別する方法をご紹介します。

漏れている液体が緑色や赤色の場合

画像出典:

異常事態かと焦ってしまう方も多いでしょうが、まずは落ち着きましょう。緊急度はそれほど高くありません。漏れている液体が緑色や赤色でサラサラとしていれば、冷却水であるラジエーター液が漏れていると考えられます。判別しやすいよう緑や赤などに色付けされていますが、ラジエーター液自体は普通の水とほとんど変わりません。

処置方法

ラジエーター液の漏れを発見した際には、リザーバータンクの側面にある「FULL」と「LOW」を示すラインを確認しましょう。冷却水がそのラインの範囲内にあれば問題ありません。もし冷却水が減っている場合には、ラジエーター液を新しく追加しましょう。もしラジエーター液が無ければ、応急処置として水道水を入れてディーラーや修理工場へ向かいましょう。

ラジエーター液はエンジンを冷却する役割を果たす液体です。もしラジエーター液が空の状態で放置しておくと、オーバーヒートを起こす可能性がありますので注意しましょう。

漏れている液体が茶色や黒色の場合

画像出典:

漏れている液体が茶色や黒色の場合は、オイル関連の液漏れであると考えられます。オイルは粘度があるため、ドロッとしているか確認しましょう。
オイル漏れの場合には、車両に何かしらのトラブルを起こす可能性があります。特にエンジンオイルは引火性があるため、漏れたオイルに引火して車両火災を引き起こすこともあります。またブレーキオイルが漏れている場合には、ブレーキが効かなくなることもあります。

処置方法

オイル類の液漏れを確認した場合には、速やかに最寄りのディーラーや修理工場に連絡しましょう。滲む程度や1日に数滴程度の漏れであれば、それほど問題はないかもしれません。しかしボタボタと垂れている場合には、すぐに修理や確認をする必要があります。

漏れている液体がピンク色で臭気がある場合

画像出典:

漏れている液体がピンク色で臭気がある際には、ガソリン燃料が漏れていると考えられます。特にガソリンは燃料タンクからエンジンルームにかけて液漏れすることが多く、燃料ホースの破損が原因であることがほとんどです。ガソリンは独特な臭気があるため、臭いで気付くことが多いでしょう。

処置方法

画像出典:

ガソリンの液漏れについては、絶対に車を動かさないようにしましょう。ガソリンは非常に引火性が高いため、エンジンは必ず切ってください。すぐに最寄りのディーラーや修理工場に連絡を取って指示を仰ぎましょう。

漏れている液体が無色の場合

画像出典:

漏れている液体が無色でサラサラしている場合は、特に処置などは必要ありません。エアコンの排水や排気ガスに含まれる水分であるため、放っておいて問題ありません。

液漏れの原因を位置から判別する方法

続いては液漏れの位置から判別する方法をご紹介します。

エンジンルーム周辺からの液漏れ

画像出典:

エンジンルーム周辺にはエンジンオイルやミッションオイル、ラジエーター液などのオイル系統が集中しています。そのため、位置のみから判別することは困難ですので、上記した液体の色などと照らし合わせて判別しましょう。

シフトレバー周辺からの液漏れ

画像出典:

シフトレバー周辺から液漏れしている場合には、MT車であればギアオイル、AT車であればオートマオイルであると考えられます。この場合には、部品に問題があるか整備不良か判別してから、部品交換の流れになります。整備不良であれば、接続部分を締め直すだけで解決することもあります。部品に問題がある場合には、速やかに対処しなければ走行不能になることもあります。異変を感じたら、整備工場に連絡して持ち込んだり指示を仰ぐようにしましょう。

燃料タンク〜エンジンルーム周辺からの液漏れ

画像出典:

この付近から液漏れしている際には、燃料ホースの一部が破損している可能性があります。特にガソリンの臭気は特徴があるため、臭いと合わせて判別しましょう。ガソリンなどが漏れていると感じた場合には、エンジンを切り整備工場に連絡して待ちましょう。

FR/4WDのデフ付近からの液漏れ

FR/4WD車のデフ付近からの液漏れであれば、デフオイルが漏れていると考えられます。デフオイルは、ギアをスムーズに動かすための潤滑油の役割を果たします。液漏れが続きオイルが足りない状態が続けば、直進しにくいやスムーズに曲がれないなどの状態になり、走行不能になることもあります。デフオイルからの液漏れを見つけた場合には、速やかに整備工場などに持ち込みましょう。

液漏れについての口コミ

けさ車検を終えて引き取ってきたばっかのマイカーが出先で冷却液漏れ起こして自走するの危険になってしまい、ロードサービスでレッカーとか代車レンタルとかどうやって自宅に戻るとか色々手配調整してわらわらやってたら1日が終わった。トラブル連発なのになぜだか分からんが前向きな充実感でいっぱい

— ヒロ作馬 (@sakuman390)

車が止まってるなーって思ってたらパトカーやら消防車がきた。液漏れしてる。ラジエータっぽい?

— おな枝 (@JEANS70)

今日は特にひどい目にあった。
ホイールがブレーキホースに干渉してて、ホースが溶けて液漏れ。
走ってる時にブレーキ踏み込んでスピード落とそうとしたら、ペダルがおかしいところまで踏み込めて、ブレーキが効かなかった。とっさにサイドブレーキでなんとか車を停車させることができた。

— ☆→きむにい→☆ (@shoo808844034)

まとめ

車から液体が漏れていると、誰でも多少は焦ってしまうでしょう。しかしまずは落ち着いて、液体の色や状態を確認することが大切です。落ち着いて観察することで、大体のトラブルの原因はわかりますし、適切な対応で液体漏れは解決できます。
日本ではラジエーター液やエンジンオイルが漏れる事例が多いようですが、ガソリン漏れによる火災事故なども少なからず発生しています。運転に支障が無いからと放っておかずに、液漏れを確認した段階で最寄りのディーラーや修理工場に1度持っていきましょう。

関連記事

еще по теме winnerlex.com.ua

В интеренете нашел классный веб сайт , он рассказывает про http://shah21.com.ua/.