シフトレバーが突然動かなくなった!トラブルの原因と対処法は?

 
シフトレバーが動かない...!そんな突然のトラブルを経験したことがある方もいるのではないでしょうか?そんな時は慌ててしまうところですが、シフトレバーが動かない原因は些細なことだったりします。どんな状況でも冷静に対応できるようシフトレバーの故障原因や対処方法を覚えておきましょう。

シフトレバーのアルファベットの意味は?

シフトレバー

画像出典:

まず、AT車のシフトレバーに書かれているアルファベットからおさらいしましょう。

AT車の場合

このアルファベットにはそれぞれ意味があります。
「P」:パーキングで駐車中に使用
「R」:リバースでギアの逆回転を意味し、後退する時に使用
「N」:ニュートラルで、エンジンとギアを完全に切り離した状態にする時に使用
「D」:ドライブで前進
「2」:マニュアル車でいうセカンド(2速)
「L」:マニュアル車でいうロー(1速)

CVTの場合

また、最近ではCVTという変速ギアを使用しない、無段階変速を可能にしたトランスミッションの自動車が出てきました。これにはAT車とは異なるアルファベットのものがあります。「S」はスポーツドライブを意味し、日本語では坂道走行等と呼ばれています。上りでは回転数の変化が少なく滑らかな走行ができ、下りでは軽いエンジンブレーキが得られるなど、坂の走行シーンで力が発揮されます。「B」はエンジンブレーキ用となっています。

シフトレバーが動かない原因と対処法

言うまでもありませんが、当然ながらAT車はシフトレバーが動かないと走行できない状態になります。そんなシーンが急に訪れてしまう可能性もあります。
それでは早速、シフトレバーが動かない原因と対処法について見ていきましょう。

ブレーキランプが原因の場合

ブレーキランプ

画像出典:

シフトレバーは安全上、ブレーキ信号を受け取ってから可動するようにできています。つまり、シフトレバーを「P」から「D」や「N」に動かすためには、ブレーキを踏まないと動かすことができません。
ブレーキ信号は、もちろんブレーキペダルを踏むことによって信号が送られる仕組みになっています。その際にブレーキランプを経由していくため、ブレーキランプが点灯しない不具合などがあるとブレーキ信号が送れなくなります。
このようにブレーキ信号が送れないことで、シフトレバーが「P」から動かなくなってしまう現象が起きることもあります。他に乗車している人がいれば、ブレーキを踏んだ際にブレーキランプが光っているかどうか確認してもらいましょう。

ヒューズ切れ

ヒューズ切れ

画像出典:

ブレーキランプがつかない主な原因は、ブレーキランプのヒューズ切れが挙げられます。「P」の状態でブレーキを踏むと小さな音で「カチッ」といった音がなりますが、それが聞こえない場合にはヒューズが切れている可能性が高いと考えられます。

ヒューズが切れた場合、自分で交換することが可能です。ヒューズ自体は100円〜300円程度で購入することができます。
以下の動画で分かりやすく解説されています。

ヒューズの交換動画

出典:

電気系の接触不良

もしもブレーキランプは点灯しているのに動かない場合、電気系の接触不良が考えられます。ブレーキランプ回路のカプラーやコネクタ、ハーネスの不良、アースが不安定な場合に起こる不具合です。

電気系の接触不良の対処法

この際には、不具合を起こしている部分を見つけて直さなければならないため、最寄りのディーラーや自動車整備場に連絡するようにしましょう。
車種や故障した箇所によって修理費用は変わってきますが、修理コストの相場は5000円〜10000円程です。

シフトロックソレノイドの故障

シフトロックソレノイド

画像出典:

シフトロックソレノイドという部品が故障している可能性もあります。
このシフトロックソレノイドというのは、シフトレバーが誤作動を起こさないよう、動かないようにしている重要な部品です。このシフトロックソレノイドは、故障してしまうとどのポジションにギアが入っているのか正しい信号が送れないため、ロックがかかるようになっています。
ブレーキを踏んでからシフトレバーを動かすと「カシャ」という小さな音が聞こえますが、これが聞こえても動かない場合にはシフトロックソレノイドの故障が考えられます。

対処法

この場合には、シフトロックソレノイドの故障を直すことによって、シフトレバーは正常に動くようになります。自分での修理は難しい為、ディーラーなどへの依頼が必要になります。修理代はおおよそ1万円〜2万円程度の相場です。

ハンドルロックを解除

ハンドルロック

画像出典:

また、ハンドルロックがかかっている場合もシフトレバーが動きません。盗難防止用の機能ですが、タイヤの向きを直そうと思った時にうっかりとかかってしまうこともあります。この場合はハンドルを左右に動かしながらキーを回す(スタートボタンを押す)ことで解除できます。

ハンドルロック解除の手順

画像出典:

シフトロックを解除

シフトロック解除

画像出典:

とはいえ、シフトレバーが動かなくなってすぐに修理ができるわけではありません。そんな時にはシフトロック解除ボタンを使いましょう。シフトロック解除とは、緊急時にシフトレバーが動かなくなってしまい、走行できない状態に陥った時に強制解除することができます。車種によって解除の仕方が異なるため、きちんと自分の車の説明書に目を通しておきましょう。

シフトロック解除の手順

出典:

シフトレバーが”動かない”といったトラブルに関する声

シフトレバーが作動しなくなるとパニック状態になりますが、まずは何が原因なのか落ち着いて探ってみましょう。

久しぶりに運転したらシフトレバーが動かなくてパニックなった 車なんて説明書読まないじゃん?ブレーキ踏まないとシフトレバー動かないなんてならってないよわしマニュアルだたから

— ぞつねん (@F8xx8CnFace)

さっきかかってきた電話のやり取り

彼女「車のエンジンがかからない!!!」

篁「シフトレバー、パーキングに入ってる?」

彼女「はいってませんでしたーーーー!」

AT車はシフトレバーをパーキングにしてあるか確認してエンジンかけましょう(*'ω'*)

— 篁 朱里 (@Cl0udyHeart)

シフトレバー異音の原因が判明して、まあそれは布カバーの留め具が外れかかってただけで、何なら無くても問題なかったんですけど

組み立ての際にどうやって取り付けていたのかが分からない 元の状態を再現しようとすると、これ分解しないと人間業で取り付けられないぞ…

— 万葉(改) (@AncientCapital)

久しぶりにAT車運転することに…(´・ω・`)

ホンマにエンジンのかけ方わからん( ´Д`)
クラッチどこやねん
シフトレバーどこやねん

MT乗ってたら分かるやろって…( ´Д`川)
かけ方ちゃうやろがー‼(゚Д゚#)

— ツチノコ提督@響@柴犬ペコポコ白猫雪 (@tsutinoko07)

【まとめ】シフトロックの解除は緊急時のみ

シフトレバー

画像出典:

AT車で多いシフトレバーの不具合でしたが、最悪シフトロックを解除すれば走ることができます。
しかし、シフトロックを解除してしまうと走行中に誤作動を起こす可能性もあるため、シフトロックの解除は本当に緊急時だけの利用にとどめておきましょう。また、不具合を発見したら早めに車を修理しておきましょう。

また、バックしている(Rレンジ)間に、Dレンジへシフトするとロック機構が壊れてしまう可能性があります。基本には、バック中のシフトチェンジ(Dレンジへ)が出来ない仕組みですが、何かしらの原因により不具合が発生することもあるので、その際はフットブレーキを利用して車を完全に停止させてからシフトチェンジするようにしましょう。

シフトレバーに関する記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする