ハンドルをまっすぐ握っても車が傾く?ハンドル不良時のチェック項目まとめ

 
ハンドルをまっすぐ握っているにも関わらず自動車が片側に寄ってしまう、という経験はありませんか? 道路に原因が無い場合、ハンドルやパワーステアリングシステムの整備不良や故障の可能性も。そんなハンドルが重いなどの不良時におけるチェック項目を解説します。

ハンドルの効きがおかしい

ハンドルを真っ直ぐ握っているにもかかわらず車が片側に寄ってしまう、という経験はありませんか?
轍や風などが原因の場合もありますが、道路環境に問題が無ければ整備不良や故障の可能性が考えられます。そのようなハンドル不良時のチェック項目について解説します。

ハンドル不良時の原因

ハンドル不良時に適切な対応をできるように、原因を確認しておきましょう。

ハンドル不良時の原因1:タイヤの空気圧異常

タイヤ

画像出典:

まずハンドル不良時の原因としては、タイヤの空気圧異常が挙げられます。タイヤは消耗品であるため、走行を重ねる毎に空気圧は低下していきます。タイヤの空気圧が低下すると地面との抵抗が大きくなり、車体が傾いたりハンドルが重くなることがあります。また、タイヤの空気圧が下がってくると燃費も悪くなってきます。

特にセルフガソリンスタンドの普及によって、最近は空気圧をチェックする機会が減ってしまいました。空気圧は目視で確認できないため、メンテナンスには手間がかかります。しかし愛車のためにも、ガソリンスタンドやカーショップなどで定期的に点検しましょう。

ハンドル不良時の原因2:タイヤの偏摩耗(片べり)

次にハンドル不良時の原因として、タイヤの偏摩耗が挙げられます。偏摩耗とはタイヤの接地面の内側や外側が極端に減ることを指し、「片べり」とも呼ばれています。靴の内側が擦り減るとバランスが崩れるように、車の走行バランスも大きく崩れてしまいます。日頃から、タイヤローテーションを行うように心がけ、1万キロ走行したら実行しましょう。

ハンドル不良時の原因3:ホイールアライメントの狂い

ホイールアライメント

画像出典:

ハンドル不良時には、ホイールアライメントの狂いが原因である場合もあります。ホイールアライメントはホイールの整列具合のことを指します。ホイールアライメントは走行を重ねることにより、消耗して狂ってしまうことがあります。しかし新車の中にも、調整不足によってホイールアライメントが狂っているものもあるため注意しましょう。

ハンドル不良時の原因4:ブレーキの片効き

ブレーキ

画像出典:

ハンドル不良時には、ブレーキ関連が故障していることも考えられます。もしこれまで挙げた箇所に問題が無ければ、ブレーキが片側しか効いていない状態である「ブレーキの片効き」の可能性があります。

ブレーキの片効きの原因1:ブレーキキャリパーの固着

原因は2つあります。まず1つめはブレーキキャリパーの固着です。ディスクブレーキの場合は、ブレーキパットが金属の円盤を挟むことで制動力を得る構造になっています。そしてブレーキキャリパーは、ブレーキパットを挟むためにピストンで押し出す役割の部品です。

しかし劣化や汚れ等によって、ブレーキキャリパーが押し出された状態のまま固着してしまうことがあります。ブレーキキャリパーが固着すると常にブレーキが効いた状態になってしまうため、片効きの原因となります。

ブレーキの片効きの原因2:ブレーキオイルのエア噛み

2つめの原因として、ブレーキオイルのエア噛みが挙げられます。ブレーキは油圧で制御されているため、そこに空気が混入すると圧で気泡が発生します。この気泡が発生している状態のことを「エア噛み」と呼びます。油圧が気泡の圧縮に使われているため、エア噛みの際にブレーキペダルを踏んでも効きは悪く、両側均等に効かないこともあります。

ハンドル不良時の原因5:サスペンションの故障

サスペンション

画像出典:

ハンドル不良時にはサスペンションが故障していることもあります。サスペンションは車輪とボディーをつなぐ装置です。乗り心地やコーナリング性能にも大きく関わっており、不具合が生じた際には車がまっすぐ走らなくなることもあります。

ハンドルが重い? 重くなった時は

ハンドル操作通りに動いてはいるけど、ハンドルが重いと感じたことはありませんか?
そのような際には、まずタイヤの空気圧を確認しましょう。タイヤがパンクしていたり、空気圧が低く凹んでいたりすると、ハンドルは重くなります。

タイヤの空気圧が正常であった場合、パワーステアリングシステムに問題があることが考えられます。パワーステアリングシステムには、油圧式と電動式があるため、それぞれ確認しましょう。

油圧式パワーステアリングシステム

異音や異常な動作が確認できる場合には、オイル不足やベルト、ステアリングジョイントなどの故障が原因です。ハンドルが重い場合には、ポンプやゴムホース、シャフト、ステアリングコラムの劣化が考えられます。その他のものによる油圧の低下も考えられますが、異音や異常、ハンドルが重いと感じたら即座に業者に確認してもらいましょう。はやめに修理に出すことをおすすめします。

電動式パワーステアリングシステム

油圧式と同じく、異音や異常な動作が確認できる場合には、ベルトやステアリングジョイントなどの故障が原因です。ハンドルが重い場合には、モーターや減速機、センサー、パワステギアボックス、パワステコントローラ(ECU)などの機器の故障が考えられます。

また、ハンドルの据え切りをすることで、一時的にハンドルが重くなってしまうこともありますが、この際にはしばらく車を動かさなければ元に戻るでしょう。いずれも、ハンドルが重いなどの異変を感じた際には、速やかに点検や修理に出すことをおすすめします。

ハンドル不良についての口コミ

運転代わったはいいけどなんだろうなぁ、タイヤの空気圧が違うんかなぁ…ハンドルがやけにぶれる車だった

— れ∞ん (@renga__)

よくハンドルが左に取られるからアライメント調整した方がいいとは思ってたが左前輪が特にひどい😂
溝無いもんw

— トム@雨宮天(中野2日目) (@tomy0321_sub)

まとめ

ハンドル不良時にはタイヤやホイール、サスペンションなど様々な箇所をチェックする必要があります。どの箇所についても、日頃からメンテナンスすることでトラブルを避けることができます。特にハンドル不良は事故の原因となるため、少しでも異常を感じたらディーラーや修理業者に相談しましょう。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする