ABSってなに?ABSの仕組みやABS警告灯点灯時の原因などを解説!

 
ABSは普段あまり注目されることがない機能ですが、ドライバーの安全を守る重要な役割を果たしています。もしABS警告灯が点灯した場合は、無視せず早いうちに原因を探りましょう。今回はABSの仕組みや、ABS警告灯が点灯した場合の原因・対処法などについて解説します。

ABSとは?

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)は、車が安全に走行するうえで重要な役割を果たすシステムです。まずはABSが果たす役割と、ABSの仕組みについてご紹介します。

ABS

画像出典:

ABSの役割

急ブレーキをかけるとタイヤの回転が「ロック」されて踏ん張りが効かなくなり、路面上をスリップします。「ロック」されると制御不能状態になり重大な事故に繋がる恐れもあるため、非常に危険です。ABSはこの「ロック状態」を防ぐ役割を果たすシステムです。

ABSの仕組み

まずブレーキは、ブレーキフルードと呼ばれる液体に圧力がかかることで動きます。かかる圧力が強ければ強いほど制御力も強くなります。ABSは、急ブレーキ時のような過度に圧力がかかる場面で自動的に作動し、ロック状態にならないよう圧力調整を行います。

ABSの仕組み

画像出典:

ABSの解説動画

出典:

ABS警告灯が点灯する原因

ABS警告灯は通常時消灯しており、異常時に点灯します。もし点灯している場合には異常箇所を突き止める必要があります。

ABS点灯

画像出典:

信号系統の故障

最も多い原因の一つが、信号系統の故障です。車速センサーの信号系統がショートを起こしたり断線すると、異常信号が送られてABS警告灯が点灯します。また中には、ブレーキランプの球が切れたことでABS警告灯が点灯するケースもあるようです。

電気系統の異常

電気系統の異常も原因の一つとして考えられます。特に、電装品を取り付けたり加工する際には要注意。手順を誤ると電圧が低下して充電不足になり、電気制御そのものが効かなくなることもあります。

その他

その他には、センサーの異常やタイヤ・バッテリーの劣化、コンピューターの不具合等々が挙げられます。全体的に電源系統・信号系統の異常のような間接的なものが多く、点灯原因をすぐに突き止めることは困難です。特に車に詳しくない方は、整備工場やディーラー等で点検してもらうことをオススメします。

ABS警告灯が走行中に点灯した場合

ABS

画像出典:

ABS警告灯が点灯しても慌てない

ABSはあくまでブレーキアシスト機能であるため、もしABS警告灯が点灯してもそれほど慌てることはありません。ただし急ブレーキをかける必要が無いよう高速走行は避け、低速走行を意識しましょう。

リコール情報も定期的にチェックすること

2018年1月には、スズキが「ワゴンR」を含む全7車種・全12万台において「ABSが作動しない恐れがある」として、リコールを届け出ました。皆さんそれぞれの愛車について、各メーカーHPなどを定期的にチェックしておくことをオススメします。

ABS警告灯を消灯させるためには

ABS

画像出典:

専門業者に診せることが最善

ABS警告灯が点灯する原因は様々考えられるため、すぐに原因を突き止めることは困難です。またABSセンサーの交換はディスクプレートの内側を触る必要があり、車に慣れている方でも手間がかかる作業です。販売店やディーラー等で修理してもらうことが最善でしょう。また中には、ABS警告灯が点灯→消灯を繰り返す等の誤作動を起こすようなケースもあるようです。その場合も専門業者へ診せることをオススメします。

ただ一つ注意として、ABS警告灯が点灯しても通常走行に大きな影響はありませんが、放置することは絶対に避けましょう。

ABSに関する口コミ

久しぶりのABS君点灯

— あめ (@ame_7007)

今からおうち帰るぞ〜〜車で長旅。
行きに車のABSマークとかCVTとか点灯しだしてめっちゃ怖かったけど、帰り大丈夫かな…?

— 宮部真由 (@mayu_m625)

車の点検だるー
それにしても朝はびっくりしたな〜、急ブレーキしてないのにABSのランプ点灯すんだもん焦るわ!笑

— るーちゃん (@Roo_Chan5)

まとめ

ABSについて普段は中々意識することがありませんが、ドライバーの安全を守る重大な役割を担っている大切な機能の一つです。もしABS警告灯が点灯した場合には、早いうちに原因を突き止めて対処しましょう。

関連記事

画像出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする