チャイルドシートを嫌がる子供(赤ちゃん)を慣らすためのコツまとめ

 
6歳未満の乳幼児を乗車させる時には、チャイルドシートの着用が道路交通法で義務付けられています。そんな中で困っているのがお父さんお母さん方ではないでしょうか。そんなチャイルドシートを嫌がる赤ちゃんにぜひお試しいただきたい対処法をご紹介します。

チャイルドシートに座らせると大泣き状態、あるいは、嫌がって座ってくれないなど、赤ちゃんならではのわがままに困っているのです。しかし、仕方ないでは済まされません。万一の追突事故を想定すると少しでも安全に乗車させるのが親としての責任なのです。

慣らすためのコツ・ポイントは

チャイルドシートに座ると何か楽しいことが…

習慣が大切だということで、新生児から座らせてきたのにいつの間にか嫌がるようになったというお母さんの声が多いです。ママから離れる不安でしょう。そこで、チャイルドシートに座ると何か楽しいことがあるという思いを持たせましょう。座ったら大好きなおもちゃで遊べる、少し大きくなれば美味しいお菓子がもらえるなどです。楽しい体験が増えるとシートに慣れ、気持ちが安定します。ぜひシートに初めて座る時から実践してください。また、チャイルドシートを家でも使うという方法もあります。テレビを見るとき、おやつを食べる時「座ると楽しい」体験です。

チャイルドシートを慣らすコツ

画像出典:

鏡を有効活用して

バックミラー越しのコミュニケーションは、皆さんがやっておられるでしょう。子供さんは、お父さんやお母さんの顔が見えて安心です。では、もっと鏡を有効に活用しましょう。チャイルドシートの前に赤ちゃんが自分の顔が見えるように設置するのです。これは、乳児の時には、後ろ向き乗車ですから車内(お母さん)の様子が見えます。また、前向き乗車になっても自分の顔が映って、結構楽しいものです。さらに、シートにおもちゃを取り付ける工夫もすれば万全です。もちろんお母さんは歌や声かけを重ねることも忘れないでください。
チャイルドシートを慣らすコツ

画像出典:

チャイルドシート環境の工夫も

温度調節をする

車内の温度調節も大切です。夏の暑い時に、大人と同じように「暑いなあ」と言いながら赤ちゃんをのせていませんか。冬に「お―寒い」と赤ちゃんも同じように乗せていませんか。事前のエアコン調整は、家にいる時と同じで非常に大切なことなのです。車内の温度が適温になってからチャイルドシートに乗せるようにしましょう。

チャイルドシートを慣らすコツ

画像出典:

社内の臭いを良くする

まさか、乳幼児の前でタバコ臭はないでしょうが、車独特のニオイは赤ちゃんは絶対に嫌がります。車内は密室、ニオイがこもってしまいますね。そんな時には、暑くても寒くてもこまめな換気です。また、無香料の消臭剤も効果があります。
この車の温度や車の臭いは、チャイルドシートが嫌だという前に、車自体を嫌いになっているのです。
チャイルドシートを慣らすコツ

画像出典:

クチコミ情報

娘さんはチャイルドシートが大嫌いで車に乗るたびにギャン泣きするのだが、旦那さんが隣に乗るとあまり泣かない。コツがあるのかと聞いてみたら、

「自分があやされたいようにあやせば良いのだよ」

自分があやされたいって何…。

— じーな@○ㅅ○ (@ginaziio)

里帰り中は母の車にチャイルドシートを設置してるんだけど、チャイルドシートに乗せると娘が泣くので母が嫌がる。泣き声を聞くとイライラすると言って、運転中でも何度も後部座席の娘を覗きこんだりとにかく落ち着きがなくなる。これで事故を起こしたら本末転倒だ😠

— チョコチップマフィン (@chocomintss)


2017.05.14(日)

昨日のこーちゃん😳😳
こうちゃんチャイルドシートのせると
毎回泣くけど、ハンドルは大好きみたいで
持たせると超ごきげん💕💕
ハンドル持たせないと泣く😳😳
かわ…

— こばやし あかね (@akane415410)

まとめ

今回ご紹介いたしました内容は、ご両親だけの問題ではないことも分かっておいてください。おじいちゃん、おばあちゃんが子供を車に乗せることもこともあるでしょう。その際にも「同じようなやり方で乗せてね」という確認をしっかりとしておき、赤ちゃんが泣いたから甘やかせてチャイルドシートから降ろしてしまうなどは絶対に避けるようにしましょう。子供の命を守るためにもルールはしっかり守るようにしましょう。

チャイルドシート

画像出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする