エンジンブレーキの正しい使い方まとめ|その仕組みや燃費節約の効果とは?

 
エンジンブレーキの使い方や仕組みをご紹介!車を減速させる際に、エンジンブレーキを使用していますか?フットブレーキを多用する方もいると思いますが、実はその運転は危険であり、燃費効率も期待できません。正しい使い方でエンジンブレーキをかければ燃費を向上させることも可能ですので、ぜひ確認して使用しましょう。

エンジンブレーキって何?

エンジンブレーキ 使い方

画像出典:

エンジンの抵抗で働く制動力のこと

エンジンブレーキは、エンジンに燃料を送り込まないようにすることで生じる制動作用を利用して、速度の調整を行う仕組みのことです。したがって、フットブレーキやパーキングブレーキのように特定の装置があるわけではなく、空気の抵抗やエンジンの抵抗で働く制動力のことを指します。

シフトレバーのギアを落とすことによってエンジンブレーキを発動させることができ、フットブレーキの磨耗や燃費の向上にも良いことから推奨されるドライブテクニックの1つです。なお、実施した時にはエンジンが高回転となるため、大きなエンジンが唸るような音が出ますが問題はありません。

そのほかのブレーキ

フットブレーキ

運転中、最も使用されるブレーキがフットブレーキです。名前の通り足元にあり、通常の運転時の停止や速度調整によく使用していることでしょう。自転車のブレーキをそのままイメージするとわかりやすいのですが、車輪と一緒にまわるブレーキローターを油圧の力で押さえて速度の調整を行います。

エンジンブレーキ 使い方

画像出典:

パーキングブレーキ

駐車の際に最後にかけるブレーキでおなじみですね。サイドブレーキ、ハンドブレーキともよばれますが、こちらはラチェット構造とよばれる歯車の仕組みで、歯に爪が噛み合わせることでしっかりと停車をさせます。

エンジンブレーキ 使い方

画像出典:

エンジンブレーキを使ったほうがいい理由とは?

フットブレーキと比べると少し面倒でコツがいるエンジンブレーキですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

フットブレーキの磨耗を抑える

エンジンブレーキ 使い方

画像出典:

前述の通りフットブレーキを使って減速をすることが一般的ではありますが、フットブレーキは摩擦による速度調整を行う為、ブレーキパッド等は消耗し削れていきます。その摩耗を抑えるために、エンジンブレーキを積極的に活用したほうが良いでしょう。

フェード現象の予防に

フットブレーキは、スポットで踏む分にはパットを極端に消耗することはありませんが、摩擦の状態が続く(フットブレーキ)とブレーキパッドが熱を帯び、許容範囲を超えた際に制動力が一気に低下して停止ができない状態(フェード現象)が起こります。

また、このフェード現象が発生した状態でフットブレーキを踏み続けると、ブレーキペダルとブレーキパッドをつなぐ油圧部分のブレーキフルードにも熱が伝わり、ブレーキの効きが悪くなります。
このため、以下のようなシーンではエンジンブレーキを活用し、ブレーキパッドへの負荷を軽減させる必要があります。

エンジンブレーキの効果的な活用シーン

・長い下り坂
・先の信号が赤信号で停止位置をある程度予想できる場合
・高速道路の速度調整

エンジンブレーキで燃費向上も

エンジンブレーキ 使い方

画像出典:

エンジンブレーキは、ブレーキへの負担を減らすだけでなく、使い方によっては燃費の向上が期待できることもご存知でしょうか?
大半の車はアクセルから足を離している際に、一定の回転数を維持するとエンジンにガソリンが供給されなくなる仕組みです。そのため、エンジンブレーキを活用している間はガソリンが消費されない(フューエルカット)期間となります。通常はアクセルから足を離したあとにフットブレーキをかけるため、このフットブレーキの間だけがフューエルカットの期間ですが、エンジンブレーキを活用すると、エンジンブレーキとフットブレーキの間がフューエルカットの期間となります。したがってフューエルカットの期間が長くなり、燃費効率が向上し、燃費節約が期待できます。

エンジンブレーキの使い方

エンジンブレーキ 使い方

画像引用:

次にトランスミッション別のエンジンブレーキの使い方を説明していきます。

MT(マニュアル車)でのエンジンブレーキの使い方

MT車では、アクセルを離した後にクラッチを踏み、ギアをシフトダウンしてクラッチを繋ぎます。この際、回転数が急激に変動すると変速ショックが大きくなるため、クラッチをゆっくり離して回転数を調整しましょう。エンジンの回転数が足りないと、シフトチェンジの際に前のめりになることもあるため注意して行ってください。

変速ショックを抑えるため、クラッチを踏んだ際にアクセルを煽って回転数を合わせる「ブリッピング」という技もありますが、こちらの記事では省略します。

引用:

AT(オートマチック車)でのエンジンブレーキの使い方

AT車ではD(ドライブ)から「2」「1」にシフトダウンすることで行います。車によってはO/D(オーバードライブスイッチ)が付いていることもありますので、時にフットブレーキを併用しながら速度を落としていきます。

引用:

CVT(無段階変速機)でのエンジンブレーキの使い方

CVTの場合は基本的に操作はATの場合と一緒です。「D」から「S」もしくは「L」にシフトダウンすることでエンジンブレーキを使用できます。しかしCVTは構造上エンジンブレーキのかかりが遅いため、基本的にはフットブレーキとの併用という形になります。

引用:

エンジンブレーキの使用には注意も必要

エンジンブレーキ 使い方

画像出典:

エンジンブレーキばかりを活用していればいいのかといえば、もちろんそうではありません。

エンジンブレーキは、過度に使用した場合にはエンジンへの負担が大きいブレーキ方法でもあります。タコメーターが6〜8の数値を指す際には、エンジンへの負荷が重いことを示していますので使用を控えるようにしましょう。エンジンを高回転し続けると、今度はエンジンやトランスミッションに大きな負担がかかってきます。愛車への負担はかけすぎずに、上手にエンジンへの負荷を調整することが必要です。

しかしながら、通常の運転で過度に負担がかかることはほとんどないため、基本的には気にせず使用して問題ありません。

エンジンブレーキに関するユーザーの声

ネット上ではエンジンブレーキについて、様々な意見が寄せられています。MT、AT、CVTそれぞれの仕組みを理解して正しくエンジンブレーキを利用するようにしましょう。

冬場の運転はエンジンブレーキを使いこなせるかどうかで明暗分かれますわ

一般道はD(ドライブ)
って固定観念で運転してると確実に死ぬ

普通にブレーキ踏んでも少なくとも1割は仕事してくれないから(路面状況とスピードにもよる)
アクセル離したら勝手にブレーキかけてくれるエンジンブレーキは超優秀

— +おいち (@BabyZaraNga1)

他人が運転する車に乗ると思うことがある
だいたいみんな減速はフットブレーキだよね
ATでもエンジンブレーキはちゃんと使えるんやで

— むぎぞく (@p_mugizoku)

ATのエンブレも楽しいよね

— あれ(・-・) (@jmsdf1255)

まとめ

エンジンブレーキの活用はフットブレーキの劣化を防ぎ、燃費の向上にもつながります。時と場合に応じてエンジンブレーキを上手に使用し、お財布に優しいドライブを実現してください。

関連記事

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする