ワンオフで製作された貴重なパガーニ「ウアイラ パール」事故で大破

先日公開されたばかりのパガーニのワンオフモデルである「ウアイラ パール」が事故で大破してしまったと、写真付きで紹介されています。

「ウアイラ パール」事故で大破
どうやらこの車両には納車直後にはアラブ首長国連邦のナンバーが装着されていたようで、自ずとオーナーもその近辺にお住まいの方だったと思われます。
しかし納車からわずか数ヶ月で写真の通りの無残な姿となってしまいました。この事故はパリで発生したようです。最初に登録されたアラブ首長国連邦からはかなりの距離がありますが、ヨーロッパに渡ったのか、例えば別荘を持つオーナーが一緒に運んだのかは不明です。

T「ウアイラ パール」事故で大破
車は左リアのダメージが特に酷く、サスペンションアームごと車両からもぎ取られています。ボディー側もアップライトなども含めて広範なダメージが及んでおり、修復にはかなりの困難さがともなうようです。またエンジンなどについてもご覧のとおり、エキゾーストパイプなどが大きく破損していますので排気系は全て交換する必要がありそうです。

「ウアイラ パール」
ただこちらのケーニグセグ「ONE:1」なども大クラッシュから修復される予定とアナウンスされていますので、「ウアイラ パール」についても復活を期待したいところです。これだけのワンオフモデルをオーダー出来るだけのオーナーですので、経済的には可能と思いたいですが、事故を機に新たなカスタマイズを行うことも考えられますね。

パリで撮影された「ウアイラ パール」とドライバーの模様です。

パガーニ「ウアイラ パール」に関連する記事

記事・画像出典:

一緒によく読まれている記事

注目のまとめ記事

この記事に関して報告をする